記事一覧

麺屋とがし~豚そば~

本店の豚そばが急に食べたくなりました😝今の本店はつけ麺祭りのような雰囲気になって非常に盛り上がってると噂で聞いたので、豚そばファン代表としてこの流れにくさびを打ち、本店の豚そばこそナンバー1だと印象付けておきたいと思います👌拳王ラオウの進撃を止められるのは雲のジューザしかいない・・そんな気持ちです!!なので自転車で出動です🚴💨

 

DSC05202.jpg


DSC05209.jpg  

 

到着ですが・・ちらっと見える自動販売機越えのお客さんの並びが視界に入って、早速ですが本店の洗礼を受けてます😰駐車場の隅に自転車を止めてお店に向かう準備をしてると、入口の方から超元気すぎるWさんの「いらっしゃいませっ!」「ありがとうございまーす!」などのパワフルな声が聞こえて、本店に新しい風?いや・・突風のように吹いてる💦とビビって動けなくなりました😣(後からWさんに聞いたんですが、これでも本店という事を考えて声のボリュームを少し下げてるそうです😲)

 

MAH05210(5).jpg

 

本店の象徴となった外に設置されてる券売機は、新商品の坦々つけ麺などのつけ麺押しなのは理解できますが今日は豚そばと決めてるので、次回だな・・と思っただけです(店長さん不在なようだし・・)💦なので豚そば850円の食券を購入です👌

 

MAH05210(3).jpg


MAH05210(2).jpg 

 

本店もつけ麺の麺量は1キロまで同料金、豚そばも特盛400gまで同料金になったのは朗報ですが、今の僕では大盛300gがベストなのですが、もう一度特盛を食べたいという夢が膨らみました😄

 

MAH05210(1).jpg


MAH05210(6).jpg 

 

外の並びが4人ほどになった時に店員さんが登場し食券をわたして、麺大盛、そしてトッピングは迷った時の呪文「全部で!」とお願いしました🙆外で10分ほど、店内で10分ほど待ちましたが、本店ならこれぐらいは当たり前、20分で着席できるなら全然速いですよ。しかし店内で衝撃的だったのは、今食べるお客さん全員がつけ麺なんですよ😲次のロットの皆さんもつけ麺がほとんどで、豚そばは僕だけなのは本当にショックでした。今の本店って、こんな事になってるんだ・・と久しぶりの来店なので進化に取り残された気分です😢

 

MAH05210(9).jpg


DSC05213.jpg 

 

いよいよ入口付近のカウンター席に着席です。なにせ全員がつけ麺なので、提供も食べ終わるタイミングも同じで、次のロットの皆さんと入れ替え制みたいな感じになってました👌そんな中、僕だけ豚そばなので申し訳ない気持ちになってます😰

 

DSC05245.jpg


DSC05250.jpg 

 

厨房ではWさんがスープ作りと大量につけ麺用の麺を茹で上げて、どんどん提供してました。そんな集中力が素晴らしいWさんは一麺入魂という言葉がピッタリだし、帰るお客さんには「ありがとうございます!お気をつけて行ってらっしゃいませ!!」と、この後ショッピングなどに出かけると想定して送り出してくれるのです👏昼営業のWさんを初めて見たので、マニュアルだけではない自分の感性で仕事をしているのです。何度見ても何年見てもWさんは本当に優秀な人材だなぁと思わせてくれます👍感心してると、豚そばはつけ麺を大量に提供した後に1食だけ作ったので、手の空いたWさん自ら提供してくれて非常に光栄でした!

 

MAH05215(1).jpg

 

そして着丼😍「豚そば 大盛 野菜増し ニンニク 海老辛 辛味噌」

 

DSC05218_201710101148376ec.jpg

 

提供されてビックリ!今の本店の豚そばは彩りや味変させるトッピングが充実して、さらに量を感じさせないスタイリッシュさがあるのは新しい器が細長タイプなのにたっぷり入るからなんですよ👍野菜増しが少なく見えて、視覚から完食を手助けしてくれる豚そばに進化してました。

 

DSC05222.jpg


DSC05220.jpg


豚骨醤油のスープはコクがあるのにサラッとして飲みやすいのが第一印象ですが、豚骨スープの出来の良さと背脂の甘みにマイルドな塩分の醤油ダレがプラスされ、旨いっ!と声が出てしまうほどでした。本店の豚そばのスープは最高です😋`キレがあるのにコクがある´というアサヒスーパードライの逆の豚骨醤油でした👌

 

DSC05224.jpg

 

その本店らしい豚骨醤油にニンニクを合わせて飲んでみると、スープがサラッとしてる分、ニンニクの破壊力のある辛さがスピードに乗って舌や喉を刺激してG系ラーメンの凄みを知る・・それはまるで魁!男塾の二号生筆頭である赤石剛次の使用する斬岩剣の`この世に切れぬものなし´と同じぐらいの切れ味がある本店のニンニクでした😝やっぱ本店の豚そばは最高!と無意識に声が出てしまうほどです👍


DSC05226_20171010114843e07.jpg

 

さらに後半のスープに辛味噌を合わせることで汗が噴き出る辛いスープに変貌し、量が多い豚そばに劇的な味変による食欲アップ効果をもたらせてくれて最高でした😊


DSC05230_20171010114846ebb.jpg

 

野菜も辛海老の辛さと海老の風味で食べやすくなり、小口ネギの緑と辛海老の赤も彩りも良かったですね

 

DSC05229.jpg

 

豚の角煮もインパクトが凄いです😉角煮だけに甘じょっぱい味付けと箸で切れるほどの柔らかさに、本店の真面目さ厳しさが象徴されてました👍

 

 

DSC05232_20171010114847c43.jpg

 

麺は豚そば専用のストレートの太麺が大盛300gです。本店は茹で時間長めなので、噛み応えよりも食べやすい方向に振られて大盛でも全然余裕で完食できるのです😋特盛でも美味しく完食できるな・・と夢を見させてくれてる優秀な麺なんですよ!

 

DSC05243.jpg


DSC05236.jpg

 

最後は旨酢を入れると、辛味噌や背脂のコクで厚みのある味になって方向性を見失った豚骨スープなので、旨酢の強烈な酸味でビシッと同じ目標に向かって整列し、忘れかけた完食へとまた歩み出すことができるのです👌

 

 

MAH05244(1).jpg

 

ご馳走様でした!本店の豚そばは王道でありながら常に進化し続けることを義務付けられ、他店の追随を全く許さない孤高な存在です👍定期的に食べればその意味が理解できるし、美味しさのレベルは無限に上がり続けるので、食べ手が少しでも気を抜くと取り残されてしまう恐怖もあるんですよ💦それが本店の緊張感だと僕は思うし、店長さんの優しさと厳しさが現れてるなぁと食べ終わった器を見て実感しております。

 

 

DSC05253.jpg

 

帰る準備をしてるとWさんが仕事を助手さんに任せて挨拶に来てくれました😃興奮して次回の限定麺の事を聞くのを忘れてしまいましたが💦しかしWさんは、本店らしさと自分の個性を両立させることで、結果的にお客さんを喜ばせたいと常に考えて行動し続ける優秀な本店の宝なので、余計な事は聞かずに世間話を少しさせてもらいました

 

MAH05254(3).jpg

 

本店の威厳をぶっ壊して新たな歴史を1から作り上げるために登場したWさんと、輝かしい歴史のある本店を守るために登場した店長さんとのガチンコのぶつかり合いによる相乗効果で今の本店はメチャメチャ熱いです😣本店とは何なのか・・?関係ない僕が何故か悩んでます😁ただ、それだけ話題豊富でお客さんが絶えない超人気店な事は間違いないので、次回は坦々つけ麺の激盛を食べに行くぞ!💦と思ってます👌麺屋とがし本店は県内ナンバー1の最高にいいお店です👏本店の上空だけ雲の流れが速い気がします😒

 

DSC05255.jpg

 

日本男児の麺屋とがし本店は・・・

豚そばは 過去も未来も ナンバー1   

        

 

ご馳走様でした。





.side_by_side { width: 696px; margin-bottom: 20px; } .side_left, .side_right{ margin-left: 12px; display: inline; float: left; } .clear { clear: both; } .side_p { text-align:left; margin-left: 15px; }