記事一覧

麺屋とがし 龍冴~龍冴の豚そば~

リニューアルした龍冴で1番楽しみにしてた豚そばをやっと食べに行きます😃それほど変わってないと聞いてますが、そんなことは一切関係なく!いつの時代もG系男子は豚そばを食べたいのです👌そろそろリニューアル特需も落ち着いて、並ばずに着席できるんじゃないかなぁと期待して向かいます🚴💨最近は自転車で行くようになったので駐車場を気にしていいのが1番嬉しいです

 

MAH04791(2).jpg 

 

今日の龍冴は土曜の夜なのでサラリーマンよりも学生さんのグループが続々入店してワイワイ賑わってるように老眼には映りました。なので行きづらい・・と思い😰まだメインの時間帯なので様子を見てお店に向かいます👌それでも、この段階でラオウが居るな!と察知できたのは、足が勝手に震えて動けなくなってたからです😣

 

MAH04798(1).jpg

 

のれん越しに店内を覗くと、厨房にはラオウの姿があり秋の肌寒い季節なのに龍冴の周りだけラオウのオーラで熱かったです💦僕の豚そばを食べたい気迫が勝ってると思っているなので勢いをつけてドドスコ入店です!!

 

MAH04809(1).jpg


MAH04810(1).jpg

 

豚そばを注文予定なのでニンニクor生姜を選べます。豚そばにはニンニクがベストマッチなのは重々承知してるので問題なしです👍麺量も特盛400gまで同料金なのも確認はしましたが、初老には無理です!と一言で片付けました・・。

 

MAH04810(2).jpg


MAH03392(2).jpg 

 

券売機を見ると上の段から、つけ麺・ら~麺・油そば・豚そばと4段目になります。豚そばが何段目でも関係なし!G系ラーメンの人気は永久不変なのです🙌なので、龍冴の豚そば1050円の食券を購入です。毎回1000円越えでも全く気にならないのが龍冴の凄いところです!

 

MAH04852(3).jpg


MAH04852(5).jpg 

 

店員さんに食券をわたして、豚そばは特盛400gまで同料金になったのはさっきのポップで確認済みで知ってましたが、豚そばの怖さを1番知ってる初老な僕なので、大盛300g、ニンニク多めでお願いし、角のカウンター席に着席です。大盛でも完食できるか心配なので旨酢の確認は絶対です💦

 

MAH04810(3).jpg


MAH04810(4).jpg

 

最近の龍冴はつけ麺の注文が多いので厨房の茹で麺機には相変わらず大型のテボがフル稼働で、次々と大量に麺を茹で上げてラオウがドコスコ豪快に盛りつけて素早く提供するのが今の龍冴の姿なんです👌そんな超絶な忙しさでもラオウなら涼しい顔してお客さんを喜ばせてるし、さらに言うならエースのSさんもいれば元気な声出しも完璧なのです👏龍冴は全てが最強すぎると気づいてしまうと足の震えが止まらない超有名店なのです😣

 

MAH04810(5).jpg

 

そして着丼😍「龍冴の豚そば 大盛 ニンニク多め」

 

DSC04814.jpg

 

リニューアル後の龍冴の豚そばが目の前にあります😲!それほど変化してないって言ってたので見た目の驚きはありませんでしたが、相変わらずの豪華さと盛り、完璧な彩りが最高なんですよ👌久々に見る龍冴の豚そばは、変化よりもイベリコ肉による美味しさの進化をしてる最強かつ個性的なG系ラーメンじゃないですか!!

 

DSC04816_20171002091034ccb.jpg


DSC04818.jpg


トッピングは龍冴の~なのでトッピングが豪華バージョンなのでパワーアップ!厚切り豚バラチャーシュー、イベリコ肉、味玉、ニンニク、紫玉ねぎ、メンマと豪華すぎて、何処から手をつけていいかわからず・・💦まるでアシュラマンと対戦した時のように腕が多すぎて勝てる気がしないのです😢

 

DSC04821.jpg


DSC04820.jpg

 

豚骨醤油のスープは、こってりの豚骨スープに背脂、そしてほんのりとカツオの魚介感もある醤油の深い味わいがある龍冴らしさの個性が素晴らしいですG系ラーメンでここまでスープを楽しませくれるのは龍冴だけですね😘

 

DSC04825.jpg

 

そのスープにニンニク多めをガッツリ合わせて飲んでみると、とんでもないパンチのある痺れる辛さがスープの優秀さを包み込んでG系ラーメンのパワフルさを実感させてくれるのです👌その劇的で唯一無二のニンニクの辛さはまるで、北斗の拳に登場する南斗最強の聖帝サウザーと同じで、幼少期はあんなに優しかったのに師匠の死で狂暴し、最強すぎる悪が生まれた聖帝十字陵を思い出して、僕は箸を持つ手の震えが止まりませんでした😣💦

 

DSC04826.jpg

 

麺は豚そば専用の太麺のスレートが大盛なので300gです👌断面が正方形タイプの太麺なので茹で上がるまで時間が長いはずなんですが、茹で時間をわざと短くしてるので箸で持ち上げるとビンビンに跳ね上がり、麺を噛む回数も多く、気づくと劇的にお腹いっぱいになってる😰他店では考えられない強制的に龍冴らしい個性を出した麺なのです💦それはまるで、ドラマ教師びんびん物語の熱血教師役の田原俊彦ばりの太麺と言っても過言ではないはずです👍

 

DSC04843.jpg


DSC04834.jpg


そして厚切り豚バラチャーシューと甘じょっぱく味付けされたイベリコ肉のコンビネーションは、龍冴の個性が大爆発!G系ラーメンこそ個性が大事と教えてくれてるし、目の前の肉々しさが初老でも目がギラギラして無我夢中で食べてしまいました😋

 

DSC04831.jpg


DSC04842.jpg

 

最高の箸休めとして大活躍の味玉も龍冴ならではの少し甘めの味付けで美味しいです🙆紫玉ねぎも色味とシャキシャキとメンマのコリコリの歯応えによる豚そばへの貢献で存在感が大きいのです👍

 

DSC04839.jpg


DSC04829.jpg

 

最後はやはり厚切り豚バラチャーシューですよね😘(男なら👌)スープに長時間浸かってるので、超柔らかくて優しい味になっているのです😃美味しすぎて旨酢を使うのをすっかり忘れてしまいました💦

 

DSC04849.jpg

 

ご馳走様でした!やっぱ最高🎆豚そばがナンバー1、そして龍冴と言えば豚そばだと断言できるし、龍冴がこの先どんな進化を遂げようとも豚そばがしっかりとした土台になって支えてくれると僕は信じています!

 

DSC04850.jpg

 

大満足で帰る準備をしてると店長さんが忙しい中、わざわざ挨拶に来てくれました😃リニューアル後の豚そばをやっと食べることができました!と報告させてもらうと、特盛じゃないんですか?と挑発的な店長さんなので、僕は男らしく100%無理です!とビシッと言ってやりましたよ😠ちなみに次の限定麺についてはSさんが動いてくれて最終段階に入ってるようです。しかし店長さんはレギュラーメニューだけの営業こそが1番大事と教えてくれて、さすがラオウは視野が広い感覚で仕事してるなぁと感心しました👏

 

MAH04852(6).jpg

 

麺屋とがし龍冴は、過去・現在・未来とあらゆる場面で、お客さんにお腹いっぱいになってもらうために地道な努力をしてる地域ナンバー1の最高にいいお店です👏

 

DSC04808_2017100209103138a.jpg

 

日本男児の麺屋とがし龍冴は・・・

豚そばが 龍冴を引っ張る 原動力

 

ご馳走様でした。





プロフィール

こーじ

Author:こーじ
こーじの日記

AD

AD

AD

AD

.side_by_side { width: 696px; margin-bottom: 20px; } .side_left, .side_right{ margin-left: 12px; display: inline; float: left; } .clear { clear: both; } .side_p { text-align:left; margin-left: 15px; }