記事一覧

中華そば 琴の~中華そば~

鶴岡に琴平荘出身の店主さんがいる`琴の´というお店があると聞き、またしても3時間かけて行ってきました🚙毎回、月山越えが辛いのですが通りすぎれば、もいちょっとです👌昼営業のみ11時~15時までだったので、閉店間際に到着してしまうと思い超ビビリました😣大きい鳥居のある道をひたすらまっすぐ行くと、左側にありました🙌

 

DSC04688.jpg


DSC04777.jpg 

 

到着時には外までの並びに衝撃を受けました😱駐車場は表と裏にあるのですが、当然裏に止めて並びに接続します。後に店主さんの話で15時まで具材切れのないように営業してますと教えてくれました😃僕がこの日の最後のお客さんでした💦最後なのに8人ほどの並びに震えて頭が真っ白になったままでした😓


DSC04785.jpg


前のお客さんが店内の待ちになったので僕は外の待合席にすわりました。カウンター席が空いたとのことなで入店です。

 

DSC04791.jpg

 

カウンター席はなんと厨房の目の前、つまり店主さんの目の前なので超緊張しました💦しかも近い・・😣山形らしく家族のお客さんが多いなという印象です(日曜だし)。店員さんに中華そば650円をお願いしました。あっさり・こってりは何も言わなければ、あっさりになるようです👌

 

20161009145606(6).jpg


20161009145606(1).jpg 

 

中華そば専門店なので、卓上調味料はシンプルです。

 

20161009145606(3).jpg


20161009145606(2).jpg

 

厨房の作業は見えないのですが、とにかく目の前なので近いです💦この席だけ緊張感半端ないんですよ😣仙台でも、われらラーメン王国が放送されたので見た事あるし、放送直後はやはり宮城ナンバーが多かったらしいです。琴平オーラをビンビン感じました👍

 

20161009145606(4).jpg

 

そして着丼😍「中華そば あっさり」

 

DSC04795.jpg

 

かなりシンプルです🙆琴平テイストって言うんですかね。麺の茹で時間も早くて提供も早いので、カウンターのお客さんは回転が速いお店なんですよ👍とにかくスープと麺が楽しみな中華そばです😃

 

DSC04796.jpg

 

スープは、あっさりの醤油だけど意外と動物系のコクが強いです😋閉店間際のスープだったからかもしれませんが、琴平荘に比べると今時のスープで若い人向けなスープだと僕は思いました🙆魚介感はあまり感じませんが関係なく、僕は正直言ってこっちの方が好きです!店主さんが若さもスープに影響を与えてる感じです👍

 

DSC04800.jpg

 

トッピングはネギ、メンマ、薄いバラチャーシューが2枚です。650円という安さも魅力なんですが、しっかりした仕事ぶりが素晴らしいです

 

DSC04807.jpg

 

そして最大のお楽しみ、京都の製麺所に特注してる平打ちの細縮れ麺が200gです😃


DSC04810.jpg

 

加水率50%の超多加水麺を茹で時間20秒と聞いてたのですが、最近は30秒と以前より長めに茹でてると店主さんに教えてもらいました。モチモチ感もありつつ歯応えもしっかりあって、食べ応えがあったのがビックリでした😱個性的で優秀な麺を使ってるなと感心しました🙆200gとボリュームもあるのがいいですね👍

 

DSC04803.jpg


DSC04805.jpg 

 

凄く良かったです琴平荘のDNAを受け継ぐと聞いてましたが、琴平テイストより今時のお客さんや自分の感性に合わせた一杯に仕上げてると改めて思いました👍山形の中華そば文化を継承しつつも若い感性が見え隠れする中華そば琴のは最高にいい店です!ご馳走様でした。

 

DSC04808.jpg


DSC04784.jpg 

 

今年の山形ラーメンウォーカー新店舗部門1位は伊達じゃない!鶴岡で1番輝いてるお店だと、月山湖に輝く`月の女神´を見て確信しました🙌


DSC04816.jpg

 

日本男児の琴のは・・・

中華そば 個人的には 鶴岡1位

 

ご馳走様でした。




.side_by_side { width: 696px; margin-bottom: 20px; } .side_left, .side_right{ margin-left: 12px; display: inline; float: left; } .clear { clear: both; } .side_p { text-align:left; margin-left: 15px; }