記事一覧

中華そば処 琴平荘~中華そば~

仙台から片道170キロ・・山形で1番有名な琴平荘に行ってきました🚙10月~5月まで、営業時間は11時~15時までの昼営業のみらしいのです。知り合いのラーメン屋さんに聞いたら、大型連休には大変な事になってるらしいですよ・・と教えてもらったので、確かめに3連休の1番混むであろう中日にしました🙆💦

 

DSC04668.jpg 

 

48号線から月山を超えて鶴岡の日本海側にあるので超遠いです😣途中のチェリーランドでまだ半分なのは辛いです・・😢

 

DSC04680.jpg

 

月山など山を3つ超えて、本当にこんな土地に山形で1番有名な琴平荘があるのか・・ずっと考えながら、最後の山を越えると日本海が見えてもうすぐ到着です🙌

 

DSC04698.jpg

 

日本海を右手に琴平荘入り口の看板を見た時は思わず「うぉーー!」と謎の雄たけびを上げてしまいました💦それだけ興奮したのは、片道3時間30分かかったし、山形ナンバー1だからですよね🙆駐車場は砂利の広場が多数あり、適当に止める感じになってました。

 

DSC04701.jpg



DSC04712.jpg

 

僕はまさかの鳥居と海に挟まれる感じに駐車してしまい😣神様に申し訳ない気持ちになりました・・。風の強い日だったので日本海の荒波と岸壁で、火曜サスペンス劇場の犯人を追い詰めた刑事の気分になって、コートの襟を立てた男前の表情で海を眺めてしまいました👍(早く行けよ!)

 

DSC04704.jpg


DSC04710.jpg

 

まだ11時前なのに、とんでもない車の量だと気づいたので、慌てて琴平荘に向かいます💨それにしても風が強いし、他のお客さんも大勢走ってました😓

 

DSC04715.jpg


DSC04716.jpg

 

旅館のドアを開けると、広い入り口に靴が溢れてました💦すでに100人以上は入館してるようで、僕も靴を脱ぎ捨てて前のお客さんに続きます。何をそんなに急いでるのかもわからずに、前の客さんについて廊下を進むと・・琴平荘ののれんが登場なのです😃緑に白抜きの琴平荘はさすがの威厳がありました😱


DSC04719.jpg


20161009105830(1).jpg

 

まずは、のれんをくぐった大広間の左手に置いてある番号札を取って、待ち合いの大広間に戻ります。右手には今呼ばれる番号があるので、ちょくちょく見に行くようになります👌

 

20161009110210(1).jpg

 

なるほどね!番号札さえ取れば、後は待つだけでなんですね🙆大広間に座った段階で11時の69番でした💦ほとんどのお客さんが2人以上で来てるようだったので69番でもやっぱ100人以上は確定でした😣でも並ばなくていいのは旅館の大広間のおかげですね😃

 

DSC04725.jpg


DSC04728.jpg


メインの大広間も大勢のお客さんでビックリしたのですが、こちらの待つだけの大広間も劇的に混んでます。なぜか誰とも話さないのに一体感が生まれて、全員で中華そばを食べるんだと気持ちで高揚しました!周りの声を聞くと、やはり2時間は待つことになると話してました😣💦ラーメン二郎の50分待ちなんて、今となっては別にたいしたことないですね・・😅

 

DSC04731.jpg

 

いよいよなはずです!周りのお客さんが次々とメインの大広間に移動を始め、行かない人も構内放送で番号を呼ばれてました😃僕も今60番目だとわかったので、メインの広間に向かいます。ここでも20分ほど待って店員さんに番号を呼ばれたのでテーブル席に座ります🙌

 

DSC04739.jpg


DSC04740.jpg

 

ぴったり2時間かかりました😅テーブル席は残念ながら海側ではなかったのですが、有名な店主さんの姿が見える席だったので、いい席でしたよ👍卓上調味料は少なかったです。

 

20161009130317(1).jpg


20161009124747(2).jpg


メニュー表を見て、店員さんに中華そば700円、あっさりでお願いしました🙆着丼までの時間があるので、荒波の日本海の写真を舘ひろしのような渋い大人の表情で撮りました😃


20161009124747(1).jpg


DSC04745.jpg 

 

そして着丼😍「中華そば あっさり」

 

DSC04746.jpg

 

これが琴平荘の15期目の中華そばです初めて見るので何期目なのかは関係ないのですが、2時間待って日本海を眺めながら食べます🙆あっさりだから?油が浮いてないのです💦そしてシンプルですね!

 

DSC04751.jpg

 

まずはスープです。醤油のあっさりですが、一口目の印象はダシが効いてる超バランス型で動物と煮干のどちらも強力に主張してこないです。醤油の塩分も控え目なので、子供からお年寄りまで優しく美味しく食べることができるのです😋

 

DSC04754.jpg


DSC04756.jpg 

 

トッピングはネギ、海苔、メンマ、肩ロースチャーシューです。特にメンマは一見すると普通で柔い感じに見えますが、想像以上にコリコリしてしっかりした噛み応えは素晴らしいです肩ロースのチャーシューも箸で掴んだだけで崩れてしまう柔らかさで超美味しかったです👏

 

DSC04761.jpg


DSC04767.jpg 

 

そして最大のお楽しみは手揉みの縮れ細麺が220gです。かなりボリューミーで、噂の超多水麺はもっちり感が今まで食べた麺で1番です。噛むと歯にくっついて飲み込む瞬間までもっちりしてなのでるのがわかるくらいです👍しかも220gなのでお腹いっぱい、飽きることもありませんでした🙆素晴らしい麺です!

 

DSC04760.jpg


DSC04765.jpg 

 

最後のスープは器の底に沈んてた煮干のカスがあったので魚介感の強めのスープになってました🙆正直言って僕のような素人では普通の優しい中華そばだったかな・・と思ってしまいました💦スミマセン🙍でも美味しかったです👏

 

DSC04769.jpg


20161009124747(3).jpg


無事に食べられました🙌結局13時30分になってしまいましたが、憧れだった琴平荘に3時間30分運転して来た🚙そして2時間待った😅日本海の荒波を見た😱待合室の一体感を肌で感じた😃そして美味しい中華そばを食べた😋、今まで1番の思い出になりました👍ご馳走様でした!無事食べられた事を神様に報告して仙台に帰ります。

 

DSC04774.jpg

 

日本男児の琴平荘は・・・

琴平荘 想像以上に 海近し

 

ご馳走様でした。