記事一覧

G麺屋たいら~マッチョ麺~

G麺屋たいらで3月27日から限定麺が始まってると情報が入ったので大至急行ってきました💨それと同時に、レギュラーメニューのマッチョ麺の方も僕にとって悲願の平打ち太麺になったというビッグニュースも飛び込んできたので、どっちを食べようか現場に到着するまで悩んでます😒急いで行ったのに色々あって21時頃になってしまいました😢22時閉店なんで問題はないんですが・・。


MAH09781(2).jpg


MAH09781(1).jpg


広大な駐車場のG麺屋側はずっと満車だったので遠い場所に車を止め、ダッシュでお店に向かいます👌近所にはきらら寿司や半田屋などのビッグネームのお店がありますが、G麺屋たいらは小さい店舗でもG(ガッツリ)という誰にも負けないコンセプトがしっかりしてるので全然負けてないです👍まるで太陽系で小さい存在でも大きく輝く金星と同じです☆彡

 

MAH09781(3).jpg


MAH09791(1).jpg

 

ダッシュで入店し、目の前にある券売機で食券を購入です。なんと!遅い時間だったため、限定麺はとっくの昔に売り切れになってました😢しかも今回は2択だったはずの酉年ということでの唐揚げマッチョ麺も今年はさらに大人気なんで、これも売り切れ😲💦なのでマッチョ麺790円の食券を購入です😃店員さんに食券をわたして、麺大盛、ニンニク増しでお願いしました。限定麺はほぼ毎日、夕方には売り切れるそうです😢

 

MAH09791(3).jpg


MAH09791(5).jpg

 

カウンター席に着席です。毎回この席ですが、席を予約してるわけではなくたまたまです💦マッチョ麺の大盛だけにレモン水の助けが必ず必要になる、なんなら最初から使うかもしれません💦このレモン水の心強さは、ガンダムがフルアーマーガンダムになったぐらいの装備の増強のアイテムと同じと思ってもらって結構です👍

 

DSC09795.jpg


DSC09793.jpg

 

想像以上に早く着席です😲しかも!忙しい店長さん自らの配膳は、一人でこっそり来店の初老男子は非常に嬉しい瞬間でした🙌なので「新しい麺、楽しみです」と言わせてもらい、後は食べるのみなのです👍


MAH09798(1).jpg

 

そして着丼😍「マッチョ麺 大盛 ニンニク増し」

 

DSC09803.jpg

 

真っ先の目に飛び込んできたのは豚です👌一目見ただけで、以前とは次元の違う出来栄えになってます😃野菜の盛りの頂上にある刻みニンニク増しも、目が痛くななほどのみなぎるパワー!野菜の量も多いし、そして非乳化のスープに新しい麺と、さっきから興奮が止まらないです🙌

 

DSC09804.jpg


DSC09805.jpg

 

スープはG麺たいらと言えばの非乳化の豚骨醤油です😋非乳化の表面の油の層こそ豚の旨みと甘味が凝縮されて、見た目は油っぽくて食べにくそうですが、この油の層のおかげでスープも熱々のまま、麺を持ち上げた時も油のコーティングで太麺なのにツルツルとまではいきませんが😉ある程度スムーズに食べられるのです👌

 

DSC09812.jpg

 

その非乳化のスープにニンニク増しなので多めに合わせて飲んでみると、ニンニクのパンチのある刺激さえも油の層に包まれて辛さが一旦はまろやかに感じるのですが、口の中で大爆発の大暴れして半端ない刺激です😣💦それはまるで、昔食べた口の中で弾けるお菓子`ドンパッチ´をふざけて一袋をイッキに食べてしまった若気の至り(小学生😰)を思い出すニンニクでしたよ

 

DSC09814.jpg

 

 

1番進化してると噂の豚のウデ肉が2枚です👌実はウデ肉が今年に入ってから劇的に進化を遂げてるのです😃以前は、ご飯に合うような硬めの肉質だったのですが、いつ食べても柔らかくなるように仕込みを1から見直して進化させたのです👍豚の色も以前は提供直前に熱い醤油タレにつけて味を濃く、温めるようにしてたのですが、今回の新しい豚は豚を漬け込んでる器ごと温めてるので提供時にはほどよい温かさと塩分なのです🙌とにかく!今まで食べた全てのウデ肉で1番の美味しさだと僕は太鼓判を押しました👍

 

DSC09816.jpg

 

G麺屋たいらと言えば自家製麺!並盛200g大盛300gを選べと言われたら、迷わず大盛と答えてしまうのが男ってもんでしょう😃しかも新しくなった自家製平打ち太麺は、とんでない歯応えの平打ちで、まさかまさかの全粒粉入りなので栄養価が高いです!この見た目は優秀そうに見える麺は食べれば理解しますが、加水率35%も全粒粉入りも吹っ飛ばす威力のゴワゴワ系です💦今の初老の僕が本気を出さないと完食できないんじゃないか・・😢と足が震えるほどの食べ応えでした。思わず独り言で「店長さん、やりやがったな😠!」と暴言を言ってしまいました💦ただ今後、進化を何度も繰り返すはずなので将来性もバッチリ感じるやんちゃな平打ち太麺でした👍


DSC09820.jpg


DSC09822.jpg

 

ここで2杯目のレモン水を大量に投入し、興奮とお腹を一度リセットさせ落ち着かせます😰それでもお腹は爆発寸前の危機的状況なので酢も入れて、酸味という新たな力を借りて食べ始めます!

 

MAH09827(1).jpg


MAH09828(1).jpg

 

そして最後は、G麺屋たいらの代名詞になるであろう超柔らかいウデ肉を食べます。野菜、ウデ肉2枚、平打ち太麺300gを食べて超絶にお腹いっぱいになりました💦決して体調が悪いわけでもないのに、こんなに撃沈されたのは久々な気がします😒それだけインパクト大の新しいマッチョ麺だったということだと僕は思いました👏


DSC09830_20170404203450d55.jpg

 

ご馳走様でした!レギュラーメニューのマッチョ麺がこれほどまでに進化してるとは思ってなかったので、非常に衝撃的でした🙌ウデ肉も最高だったのですが、特に今回の最大の目玉である自家製平打ち太麺は、G系ラーメンを提供してるお店としての価値をまた1段階上げて、そこからさらに進化させる目的もある素晴らしい変更だったと実際に食べてみて思うことができました👍ウデ肉+自家製平打ち麺のマッチョ麺は間違いなく県内屈指の非乳化スープのG系ラーメンでナンバー1です🎆

 

DSC09832_20170404203451b84.jpg

 

新しく平打ち太麺になった自家製麺で劇的にお腹いっぱいです!と一言伝えたくて、厨房やホールで忙しく働いてる店長さんを呼び止めてしまいました💦この平打ち太麺は、衝撃の茹で時間2分30秒ととんでもない短さです。今まで聞いたG系の麺で1番短いです・・いや、短すぎると今でも勝手に悩んで、大事にしてる髪の毛がまた抜けてしまいました😣最後に店長さんの汚れたシャツを見ると、11時から22時までの通し営業の大変さ、基本一人での仕込み、自家製麺ならではの小麦まみれ、今年が勝負の年になると思って連続で提供し続ける限定麺と、この人の頑張りが宮城のG系ラーメンを引っ張る起爆剤になってると僕は感動しました👏

 

MAH09833(1).jpg

 

進化と成長を繰り返し、他には負けない個性が素晴らしいG麺屋たいらは県内トップクラスのG系ラーメンを提供するお店です🙌また行きます!

 

MAH09791(2).jpg

 

日本男児のマッチョ麺は・・・

酉年に 進化が止まらぬ 自家製麺

 

ご馳走様でした。