記事一覧

支那そば 無双庵~酸辣辛シビGそば~

今月も山形に行きました😃無双庵に月1回行ってしまうのは、それだけの魅力がある、そして混んでる理由がすぐわかるのは店主さんの才能と美的センスが一杯のラーメンから全て伝わるからです👌雪降る季節ではありますが、春の訪れも近いなと思わせてくれる山形の景色と渋滞になってましたよ🚗💦

 

DSC08662.jpg

 

雪道ではないだろうと、仙台を遅い時間に出発してしまったので14時過ぎに到着してしまい😓焦ってます💦ですが!今回は無双庵前の信号機は奇跡の青なので、ラーメンの神様は僕に急げ!と背中を押してくれました🙌

 

DSC08729.jpg

 

あと数十分で終了するとは思えない熱い雰囲気と駐車場の混雑は無双庵に来た実感と、近所をグルグル無駄にドライブして空くのを待つ毎度のルーティンになってます😱

 

DSC08728.jpg

 

駐車場が空いたことを確認し、すぐに駐車場に飛び込みました!あと1ヶ月ちょっとで2周年を迎える無双庵は、いつ見ても凛として山形を変えるため日々の営業を頑張っているのです👏

 

DSC08726.jpg

 

いつものように駐車場側から入店です👌最近は歩いてくるお客さんが増えたので駐車場でお客さんの数を推理しることはできません。入店してお客さんの多さにビックリするかもです💦

 

DSC08724.jpg

 

それでも遅い時間帯に到着なので店内に待ちのお客さんはおらず、すぐに券売機で食券を購入です!基本、G系ラーメンしか興味ないので、前回は辛シビという事で今日は・・と悩んでると、店主さんとバッタリ遭遇して、裏メニューになったばかりの酸辣辛シビGそばがオススメと教えてくれました😃なのでGそば880円の食券を購入し、50円プラスか無双庵グッズ提示になります👌

 

MAH08739(3).jpg


MAH08739(4).jpg


カウンター席に着席です。店員さんに食券をわたして、辛シビの中辛、野菜増し、ニンニク、生姜、さらに無双庵グッズを提示して酸辣でお願いしました🙌辛さと酢で美味しさが倍増するだろうし、ペロリと完食できそうです!なので、卓上調味料の酢は使いません。

 

DSC08742.jpg


MAH08739(5).jpg

 

厨房では店主さんが次々とラーメンを作り上げては助手さんが提供してますが、麺の茹で時間の速さとスープ作りの丁寧さと盛り付けのセンスの良さの三位一体が短時間でおこなわれ、集中力の高さも素晴らしいなと感心しかないです👏

 

MAH08739(6).jpg

 

そして着丼😍「酸辣辛シビGそば 中辛 野菜増し ニンニク 生姜」

 

DSC08744.jpg

 

野菜の盛り、辛味噌の燃えるような色味と風味、Gとしての主張と、見る喜びや食べる楽しみが満載の、まるで1980年代の週刊少年ジャンプのような、北斗の拳、男塾、キン肉マン・・と毎週火曜日が待ち遠しかった黄金時代を思い出す完成度の高さがある酸辣辛シビGそばだと僕は思いました👍

 

DSC08749.jpg


DSC08746.jpg

 

まずはスープです。無双庵のこってりスープに辛味噌、そして黒酢とラー油が素晴らしいです😋以外なのは黒酢の主張が相当強く、中辛なのに辛さよりも酸っぱさで、超食べやすいし大人向けで劇的に美味しいです😋こってりなので喉をゆっくり落ちて行くので酸っぱさもゆっくりで、慣れてないとむせるぐらい長く深く味わうことができるのです😋


DSC08751.jpg

 

その酸辣の強烈な個性に、ニンニクのパンチ力と生姜の爽やかな刺激がそれぞれの特徴を活かして辛味噌をバックアップするので、酸っぱさに負けない辛味噌を感じてもっと美味しくなるのです😋特に生姜は酢と相当合うようで、最後まで生姜と酢のコンビで食べやすかったです

 

DSC08754.jpg


DSC08756.jpg


Gそばの野菜と言えば、三つ葉、ネギ、キャベツ、モヤシと白から深緑へのグラデーションが初老の老眼にも優しいのです

 

DSC08758.jpg

 

豚バラチャーシューも厚くカットした2枚です😃超柔らかく、ホロホロ崩れてしまうほどでした👍前回まではわざと硬めにして肉を噛んで食べる喜びがありましたが、柔らかい方向に変更したようなので、食べ応えよりも柔らかさという上品な肉のイメージがあって、いい肉を使ってるのがより伝わりました👌

 

DSC08760.jpg

 

そして酒井製麺に特注してる麺は全粒粉入りの平打ち太麺が220gです(茹で時間は2分40秒)。この麺は全粒粉の栄養価の高さという素晴らしさよりも、その一歩先の全粒粉配合よる粉っぽさを全く感じさせない小麦の風味とモチモチ感が本当に素晴らしいの一言に尽きます👏酒井製麺の技術の高さを見せつけられました!

 

DSC08767.jpg


DSC08765.jpg

 

最後はもちろん、大事に器の底で温存してた豚バラチャーシューを食べると、辛シビ酸辣の風味の鎧と豚バラの美味しさという剣でラスボスも余裕で倒せる強さになってましたよ🙌


DSC08770.jpg

 

ご馳走様でした!酸辣辛シビGそば・・辛さよりも酸っぱさが勝る想像以上に食べやすい味になって、こってりスープと辛味噌は酸辣の個性を活かすために最大限の下支えとGとしての主張もあって、無双庵の強さは店主さんの経験と才能を凝縮されたスープにあると改めて気づかせてくれました👌ほんの数分で完食してしまった💦食べ終わってから汗が噴き出てることに気づきました👍本当に素晴らしい一杯でした

 

 

DSC08773.jpg

 

そして今日もたくさんのお客さんが来店してくれた証拠、厨房から店主さんが酒井製麺の空箱を3段だけ?(何度も往復して今は3つだけ💦)積み重ねて事務所にもって行ってく光景を見かけました😃この店を支える酒井製麺には感謝という言葉しかありません。これからも無双庵をよろしくお願いします!(関係ないけど😰)

 

DSC08771.jpg

 

帰りは閉店間際なのに、まだまだお客さんが来店しそうなので初老男子はそっと帰りました。帰りなのに太陽の光が熱いぐらいに眩しく、この店の登場で月山のような雪深い山形の中華そば文化も雪解けが近いなと思わせてくれるラーメンへの熱い情熱が、そのまま降り注いで無双庵を包み込んでました👍支那そば無双庵は山形でナンバー1の最高にいい店です🎆

 

DSC08732.jpg

 

日本男児の支那そば無双庵は・・・

G系に 無双の思いが てんこ盛り

 

ご馳走様でした。