記事一覧

ラーメンみなもと屋~みなもと豚キムそば~

201

 

みなもと屋の2月の月替わりメニューが豚そば系と聞いて、我慢できずに行ってきました💨1ケ月間の長いスパンでの提供なので急いで行く必要は全くないのは充分承知してるのですが、豚そばと聞いてしまったら行かざるをえないのが日本男児ってもんでしょう!みなもと屋近くのマツダ営業所も豚キムそばに合わせて、赤い車を展示して盛り上がってましたよ🙌

 

MAH07954(1).jpg

 

龍冴でニンニクと生姜が選択できるようになってから豚そばを食べに行ってないし、ラオウにも今年まだ会ってないのに・・お店の前を素通りするのは心が痛かったです😢この日はラオウが麺上げを担当してるのが直感でわかったので足が震えてしまい💦うまく運転できませんでした😓一応・・気づかれないように安全運転しつつもセカンドバッグで顔を隠して通り過ぎました🚗

 

MAH07953(1).jpg

 

無事到着すると、メチャメチャ寒い夜なのに駐車場の車はみなもと屋付近は満車状態で奥に空いてるスペースをやっと見つけて止めることができました。月替わりの豚キムそばも数日たった夜なので初日の興奮よりは落ち着いてると思ってたのビックリでした💦でも、自然と走り出してる自分がいます💨

 

MAH07958(1).jpg


DSC08067.jpg

 

店前まで来ると超寒い夜なのは関係なく、月替わりの興奮はやはりまだ続いてました!しかも豚そば系となればG系男子が大集合になって💦遅めの時間帯なので並びこそないものの店内の賑わいが容易に想像できました😱次のお客さんが来ない内にダッシュで入店です💨

 

MAH07958(2).jpg

 

まずはポップです👌豚キムそば950円はみなもと屋らしく、シンプルだけど楽しさと力強さがありますね!ポップ職人がいるお店は店内も明るいです👍

 

MAH08068(3).jpg

 

券売機の中段に限定麺はありますが、豚キムそば950円にしようと思ってたのですが、店内を見ると店長さんの元気な姿が見えたので嬉しくなり、思わず豪華バージョンを選んでしまいました💦なので券売機でみなもと豚キムそば1100円の食券を購入です😃

 

MAH08068(1).jpg


MAH08068(2).jpg

 

カウンター席に着席です。まさかの満席に足が震えましたが、今のみなもと屋人気を考えれば自然のことなんですけどね😉卓上調味料を使うか悩んですが、キムチがのってるので酸味や辛味は必要ないと判断し使いません!

 

DSC08071.jpg


DSC08069.jpg

 

しばらくすると店長さんがカウンター越しに登場し、まさか出来事にビックリなのですが、実は僕に会いに厨房から出てきたのではなく😞僕の隣にいたお客さんがどうやらラーメン屋の店主さんだったらしく挨拶してました💦しゃべる準備して緊張してた僕なので、危なかったぁ~と思いつつ、逆側を向いてセカンドバッグで顔を隠して耳を大きくして会話を聞くと、中華そばのスープの話で情報交換してました😒

 

MAH08068(4).jpg

 

そして着丼😍「みなもとキムそば 大盛 ニンニク多め」

 

DSC08077.jpg

 

盛りの頂上にキムチが豪快にのせてあるので盛りが高くなり迫力が増して、食ってやるぞ!と目がギラギラしてしまいました☆彡みなもと屋の野菜の盛りは優しめな感じなのですが、なにせ今回は野菜の上にキムチをこんもり盛ってるので見ためのインパクトにも味にもキムチが大活躍なのです🙌しかも、みなもと~にしたので、メンマと味付玉子も脇をかためて最強の布陣で登場してくれました😃

 

DSC08079.jpg


DSC08081.jpg

 

スープはみなもと屋のこってりの豚骨醤油にラー油の赤でコーティングされて、醤油なのに燃えるような辛さがこの冬にピッタリでした👌しかもキムチの酸味や辛さも徐々に合流して食べやすいのか?辛さが増してしまったのか!?わからないくらい複雑な美味しさが素晴らしいです😋しかも熱さもラー油でブロックされるので最後まで熱々なのも最高でした

 

DSC08088.jpg

 

その熱々でラー油の辛さが醤油にベストマッチな美味しさのスープに、ニンニク多めが割り込んできてラー油やキムチとは違うパンチのある辛さが舌を刺激的に麻痺させてくれました💦それはまるで、天国の階段(ドラマ)でチョンソとソンジュの関係にテファが割り込んくる・・複雑な展開の物語と全く同じでしたよ👍

 

DSC08089.jpg

 

とにかく大量のキムチの存在感は野菜の食べやすさへの貢献、スープを酸味で飲みやすくしてくれて、もちろんシャキシャキした食感も最高!いい事しかなかったです🙌

 

DSC08086.jpg


DSC08094.jpg

 

豚バラチャーシューは1㎝の厚みがある2枚です👌甘じょっぱい味付けを1枚目はそのまま堪能して、もう1枚はスープにじっくり漬け込んで食べることで味の違いを楽しめるのです😋

 

DSC08096.jpg

 

豚そば専用のストレートの太麺が大盛300gです。小麦感をバッチリ感じる美味しい麺だと思うし、柔めの茹で上がりなのは、学生さんより高齢の大人のお客さんが多いお店なので食べやすさがポイントになっているのです👍この麺はこの店を象徴する存在でもあるのです😃麺にスープをしっかりとラー油が包み込んでくれるので、より食べやすくなってました🙌

 

DSC08098.jpg


DSC08099.jpg


みなもと~なので、味付玉子とメンマがトッピングされてます。味付玉子は黄身の半熟具合や白身のプニプニの柔らかさで、みなもと屋のレベルの高さと象徴してました👍メンマも太めにカットされるのでコリコリの食べ応えで柔めの食材が多いので対極的で良かったです


DSC08106.jpg


DSC08107.jpg

 

最後は辛味のスープを身にまとって柔らかくレベルアップした豚バラ肉は天にも昇る美味しさでした😋

 

DSC08109.jpg

 

ご馳走様でした!今回の豚キムそばは、名前の通りのわかりやすいキムチの美味しさと辛さの美味しさの豚そばで、2月にピッタリで最高に美味しかったです豚そばの限定麺というのが僕にとっては1番嬉しかったのですが、実際に食べ終わった今、さすがの才能、センス、人気ナンバー1の店長さんが作る豚そばだけあって、キムチの酸味とラー油の味の縦軸、そしてガッツリと食べやすさの横軸に、店長さんのとにかくお客さんを喜ばせたいと願う気持ちがプラスされた、まさに3Dを飛び越えて4Dの美味しさへと僕を導いてくれました👏本当に最高でした🙌

 

 

DSC08110.jpg

 

次々来るお客さんの姿が見えたので、長居は無用とこっそり帰りました。ただ背中越しに厨房の店長さんの元気な声「豚そば3丁進行しまーす!!」が力強く初老男子を送り出してくれました😃ラーメンみなもと屋は才能豊かなで大きい体格の店長さんのおかげで、近所にある大きいサイズの専門店のごとく、みなもと屋もたった3年で大きく成長しました🙌最高にいい店です

 

DSC07959.jpg

 

日本男児のラーメンみなもと屋は・・・

豚そばが キムチとラー油で 3倍旨い

 

ご馳走様でした。