記事一覧

自家製麺キリンジ~冷やし汁無し餃子~

2016

 

キリンジの夏季限定の汁無し餃子を非常に楽しみにしてました😃暑い夏でもガッツリ食べたい気持ちは変わらないのでG系の冷やし麺を暑さのピークな時期の昼営業に自転車で行ってきまし🚴最近はキリンジの契約駐車場があるのを知ったのですが、基本的には自転車やスクーターで行った方がいいお店です👌

 

DSC03102.jpg


昼営業の後半に到着したので並びはなく、すぐ着席できるんじゃなかと期待してます。店内の状況は確認できなかったのですが、テーブル席やカウンター席にもお客さんがいるようでした👌

 

DSC03106.jpg

 

入店し、まずは券売機で食券を購入です。ポップには冷やし汁無し餃子が書いてありました🙌隣には新しく設置したコールのポップのおかげで、わかりやすくなってました😃今回は味にもっとパンチを効かせようと辛ミソにしました👌

 

20160815134620(2).jpg

 

なので券売機で冷やし汁無し餃子850円の食券を購入し、店主さんにわたして、大盛、辛ミソでお願いしました!今さらですけど、レギュラーメニューの汁無し鶏が食べたいです😣

 

20160815134104(1).jpg


20160815133642(3).jpg

 

セルフの水を持って入り口右側のカウンター席に座ります。この後に何人ものお客さんが来店したので、まさかの満席になってしまいビビりました💦しかも、冷やし汁無し餃子を注文したのは僕だけで、他のお客さんはつけ麺、ラーメン、汁無し鶏とレギュラーメニューのオンパレードの常連さんばかりで、一見さんの冷やし狙いの自分が恥ずかしかったです😢

 

DSC03107.jpg


20160815133642(4).jpg

 

そして着丼😍「冷やし汁無し餃子 大盛 辛ミソ」

 

DSC03110 (1)

 

キリンジに何度も来店してますが、見た目の第一印象で後悔したことは一度もありません!今回の冷やし汁無し餃子も挽き肉の多さに興奮しました🙆キリンジらしいの一言に尽きますが、両サイドに玉子と辛ミソが控えてるので味変のスタンバイもバッチリなのです👍

 

DSC03112.jpg


DSC03114.jpg


トッピングは挽き肉、小口ネギ、揚げ玉、椎茸、モヤシ、キャベツと多彩な食材が大量に食べられ、しかもその下には自家製麺が楽しみなんですよ😃

 

DSC03115.jpg  


器の底には辛い醤油ダレが入ってるので麺とよく混ぜて食べるのですが、ラー油の辛さが冷たいタレに乗って落ちていくので、爽やかに喉を刺激してくれるのです😋

 

DSC03127.jpg

 

自家製太麺は流水でしめてるので冷えてる麺を初めて食べたのですが、茹でたてのモチモチプリプリの美味しさと変わらない感じで多少弾力があるかな・・と思う程度の変化で、温でも冷でもキリンジの麺は最高でした

 

DSC03118.jpg


DSC03121.jpg

 

そしてこの餃子味は揚げ玉が溶けた時と玉子の黄身によるWのまろやかさが最高なんです。

 

DSC03122.jpg

 

さらに辛ミソによるコクのある辛さがラー油の食べやすい辛さとは対極的で、この冷やし汁無し餃子の味を劇的に変えてくれる最強なアイテムになってくれてました🙌我ながら、いい選択をしたなと満足しました!

 

DSC03123.jpg

 

挽き肉も良かったけど、椎茸独特の弾力と美味しさもいい仕事してるなと感心しました🙆具材が豊富だとそれぞれの仕事の役割を知ることができて食べるのが楽しいですね👍

 

DSC03131.jpg

 

今年の暑い夏にピッタリなガッツリ食べて大満足なキリンジらしい`冷やし汁無し餃子´でしたペロリと完食すると、次のお客さんが入店して食券を購入してるので、すぐに席を立ち「ご馳走様でした!」と暑い外に飛び出しました

 

DSC03135.jpg

 

レギュラーメニューも美味しいけど、独創的な限定麺も見逃せないのが自家製麺キリンジです。隠れ家的な存在ですが、契約駐車場もあるみたいだし知れば行かずにはいられない、しかも自家製麺の美味しさが素晴らしい、話題満載な有名店です👏

 

DSC03103.jpg

 

日本男児の自家製麺キリンジは・・・

暑い夏 ガッツリ食べれる 自家製麺

 

ご馳走様でした。




.side_by_side { width: 696px; margin-bottom: 20px; } .side_left, .side_right{ margin-left: 12px; display: inline; float: left; } .clear { clear: both; } .side_p { text-align:left; margin-left: 15px; }