記事一覧

支那そば 無双庵~Gそば(辛シビ)~

2017

 

2017年、今年初の無双庵です😃日本海側はいつも以上に雪が凄いとは聞いてましたが、仙台にいると雪の影響はそれほどないです😒でも今日は仙台でも少し雪が降ったんですが快晴!仙台の方は無双庵日和でした🙌なんで天童方面に向かう48号線の景色も雪国らしく明らかに銀世界に変わっていくので山形に行くんだなと実感が湧きました🚗途中の道路整備による渋滞は毎回焦ります💦

 

DSC07589_20170122153933859.jpg


DSC07608_201701221539362c8.jpg

 

約3時間の地獄の道のりでしたが💦やっと今年初の無双庵に到着する興奮でドライブ疲れも吹っ飛びました🙌いつもの無双庵直前の信号はいつものように赤になってしまいました。しかし、逆に冷静になる時間だったと考えると心が落ち着きましたよ👌

 

MAH07633(1).jpg

 

13時過ぎに到着です😰山形の皆さんは大雪なんて関係なく、普通にラーメン屋さんに行くんですね💦まさか駐車場が満車なのは想定してなかったです😢もっと遅く来れば良かったのですが、駐車場が空くまでヤマザワで待機して、再度チャレンジです👌駐車場奥が軌跡の1台分空いてたので飛び込みダッシュでお店に向かいます💨

 

DSC07638_201701221539399cb.jpg


DSC07649.jpg

 

冬の無双庵の方が茶色を基調としたクラシックさが雪の白さがコントラストになって大人の雰囲気になって似合ってますね👍いい店は外見だけで満足させてくれるオーラがあります。

 

DSC07642_20170122154033be7.jpg

 

駐車場側から入店です。今の無双庵の実力なら限定麺も大事だとは思いますが、そんなことしなくても人気は上がる一方なので、毎月行ってる僕でも何を食べようかワクワクして券売機を見るまでは決められないのです💦

 

DSC07640_201701221539439af.jpg

 

いざ入店です😃券売機の前まで来て何を食べようか未だに悩んでます💦本来ならGそばなんですが、前回のつけ麺も最高だったし、ドロそば、冬だから海老味噌・・と考えてしまって後ろのお客さんに迷惑をかけてしまいました😡でも1番食べたいのは、やはりG系ラーメン!なので、Gそば880円の食券を購入です👌

 

MAH07650(3).jpg


MAH07650(5).jpg

 

写真購入券売機となりのグッズコーナーのTシャツも売れてるんですよ。僕も久々に1枚買っちゃいました🙌


MAH07650(4).jpg


DSC07692.jpg  

 

食券を店員さんにわたして、辛シビの中辛、野菜増し、ニンニク、生姜でお願いしました。空いてるカウンター席に着席です。駐車場は満車でも、テーブル席の家族のお客さんが多く、カウンター席は単身のお客さんがすぐに食べて帰るので空いてることがあります😒これは僕にとって嬉しいです

 

DSC07653.jpg


MAH07650(6).jpg

 

店主さんに挨拶すると僕だとわかってくれて、「こんな大雪なのに何しに山形まで来たんですか?!」とビックリしてました😲無双庵のラーメンを食べにだけ来たことは言えずに「ちょっと仕事で・・💦」と、いつもの嘘をついてしまいました😰仙台から雪道を100キロ走行して1時間ぐらい山形に滞在ただけで仙台に帰るとは言えません・・。今日の無双庵は4名体制の超忙しく、店主さんは次々とラーメンを作り上げては助手さんが提供してました。何個ものラーメンを作った最後が僕のGそばだったので、店主さん自ら提供してくれて非常に光栄でした🙌

 

MAH07655(1).jpg

 

そして着丼😍「Gそば 辛シビ 中辛 野菜増し ニンニク 生姜」

 

DSC07657_2017012215395552c.jpg

 

G系ラーメンなのにあっという間に着丼なのが無双庵の凄いところですね!それでいて、盛りの良さ、バランス、芸術性、インパクトの全てがパーフェクトなんですよ👍G系ラーメンのいい意味での雑さが全くない、それは店主さんの性格や仕事ぶりが雑という言葉が許せないんだと僕は思いました👏最高にいいGそばです!

 

DSC07660_20170122153950829.jpg


DSC07661_201701221540216ce.jpg

 

まずはスープです。無双庵のこってりスープに辛味噌が合わさって、辛味噌の辛さとコクがまろやかなスープと一緒にゆっくり喉を落ちて行くのです。その味の深さが素晴らしいと思うし、さらに山椒の痺れが爽やかにすら感じる最高に美味しいスープです😋

 

DSC07665_20170122154006d74.jpg

 

その辛味噌のスープは喉の奥の方まで辛さが伝わって汗が噴き出るのですが、そこにニンニクのパンチのある辛さがダイレクトに舌を刺激して、まるでツープラトンのパイルドライバーを喰らったような衝撃でした😰💦

 

DSC07667_20170122154100074.jpg

 

しかし、生姜という爽やかな辛さは僕にひと時の幸せを運んできてくれてくれました😃それはまるでスタン・ハンセンが暴れながら入場して客席になだれ込んで大騒ぎになってる中子供のお客さんが震えて動けなくなってるのを見つけたスタン・ハンセンが子供を避けて暴れてくれた、あの優しい心を思い出す感動的な生姜でしたよ🙌

 

DSC07670_20170122153959d17.jpg

 

Gそばの野菜と言えば、三つ葉、ネギ、キャベツ、モヤシと多彩です。その盛りに辛シビだから一味で色味とスパイシーさで野菜を食べやすくしてくれてました👌

 

DSC07672.jpg

 

豚バラチャーシューも厚くカットした2枚です😃わざと硬めに仕上げてるのは肉を噛む喜びを味わってほしいと願う店主さんの考えだからです👍でも優秀な豚なんで硬いとは思わないはずです。とにかく美味しい豚ですよ

 

DSC07674_201701221540088d0.jpg

 

楽しみにしてた酒井製麺に特注してる麺は全粒粉入りの太麺220gす。G系ラーメンの使用してる麺なのに茹で時間が2分40秒と衝撃的な速さで、それでいて小麦感ともっちり感がしっかり共存してる本当に素晴らしい麺です😋この無双庵×酒井製麺の最強タッグは、まるで新日本プロレスで活動してたTEAM2000の蝶野・天山組と同じで、蝶野の黒のカリスマという華やかなキャラの脇を固める個性的な天山がいたからこその蝶野の輝きだったのです👌つまり無双庵の美味しさや人気の高さは酒井製麺いう伝統あるパートナーだからなのです👍


DSC07682_20170122154014e54.jpg


DSC07683_20170122154009b2e.jpg  

 

最後はスープに沈めて、しっかりと辛味噌のスープを吸わせて2倍美味しくなった豚を深く味わって完食です😘

 

DSC07686_20170122154009af1.jpg

 

ご馳走様でした!本当にあっという間、最高を通り越して夢の世界だったような美味しさの一杯だと思いました☆彡

 

DSC07688.jpg

 

帰る準備をしながらこれだけのメニューの多さなので厨房に何人いるのかな?とコッソリ覗いてみると、ラーメンを作ってるのは店主さん一人でした😲💦さらに厨房から使い終わった酒井製麺の空箱を何個も運び出して、すぐに新しい麺を厨房に持ってきて、この時間(13時30分ごろ)でもメインの時間帯と同じ忙しさになってました😲


MAH07654(1).jpg

 

今回の訪問でもさすが無双庵の店主さんだなと思ったのですが、この店をなぜ仙台で開店してくれなかったのか?そうすれば毎回山形に行かずにすんだのに・・と考えてしまうんです😢それでも山形の強固な中華そば文化の岩盤にくさびを打ち込んで変えるキッカケになってくれてるのが`支那そば無双庵´です。これからも通い続けます🚗帰り際、振り返ると無双庵に栄光の輝かしい一筋の光が降り注いで、山形のナンバー1なことを証明してました👏

 

DSC07645_20170122153948d9e.jpg

 

日本男児の支那そば無双庵は・・・

山形に 降り立つ巨星 無双庵

 

ご馳走様でした。