記事一覧

手打中華 とら食堂~焼豚ワンタン麺~

2016

 

今まで何軒かのラーメン屋さんに行きましたが、初めて高速道路を使って福島の白川まで行ってきました😃本当は4号線を5時間かけて行く予定でしたが😒朝何時に出発したらいいか考えただけで気が遠くなりそうだったので・・距離的には約180キロと衝撃の遠さです😱

 

DSC01130_201701171347581e8.jpg

 

開店は11時なので30分前には到着したいのです。高速を降りて、想像もしてなかった田舎の田んぼ道を進みますが、本当に全国から大勢のお客さんが押し寄せる超有名店がこの付近にあるとか?と疑問しかありませんでした😰しかも今の時間10時30分なので車を運転しながらも足の震えが止まりませんでした💦それでも、とら食堂の矢印の看板を見つけた時は嬉しくて涙がでました。

 DSC01139_20170117134759769.jpg


20160521103434(1)_20170117134829d63.jpg

 

看板を左に曲がり、さらに細い道を進み、右に曲がると・・


20160521103434(2)_2017011713483095d.jpg

 

こんな普通の民家がある場所に、あの超有名店`とら食堂´がありました🙌衝撃はまだ開店30分前なのに広い駐車場はすでに満車状態💦約15人は座れる待ち合いの長椅子にはたくさんのお客さんがすでに待ってる状態だったのです😱


20160521103434(3)_20170117134735d32.jpg

 

すぐに空いてる駐車場に飛び込み、3時間運転してきた疲れも忘れて車からダッシュで降り、最後尾に走りました💨

 

20160521103434(5)_20170117134739652.jpg


20160521103434(4)_20170117134737817.jpg

 

奇跡の長椅子の1番隅に座ることができましたが、すでに僕で16人の並びになってるし、その後も続々並びは長くなり開店までには30人以上になってましたよ😣ちなみに入り口はすでにのれんがかけてあり、木の看板がまだ仕込み中になってました!

 

20160521103434(6)_20170117134740d34.jpg


DSC01146_201701171348045f5.jpg  


この状態で開店までの30分を過ごしたのですが、目の前に水田が広がって天気の良さとのどかな田舎の景色で癒されました並んでるお客さんは、赤ちゃん連れの家族からカップル、単身の初老・・まで💦老若女男がこの店のラーメンを食べに各方面から駆けつけて、本当にビックリしました😱

 

DSC01145_2017011713480361a.jpg


DSC01141_2017011713480140a.jpg  


すると店主さんが登場して看板を商い中にすると、お客さんが続々と店内に吸い込まれるようになだれ込み僕もその勢いに乗って入店なのです😃店主さんが仁王立ちでお客さんを迎え入れる姿はどっしりして貫禄がありました!


20160521105552(2)_20170117134742c39.jpg


20160521112546(2)_20170117134753077.jpg

 

カウンター席に座り、店員さんが順番に注文を聞いて行くので僕は何を食べようかメニュー表を見たんですが、わざわざ3時間かけて行ったので1番高いラーメンと決めてました👍なので焼豚ワンタン麺1070円を注文です!でも、16番目ぐらいなのでカウンター席でゆっくり待ちます👌

 

20160521110217(3)_20170117134749532.jpg


20160521105552(4)_20170117134745929.jpg


卓上調味料は胡椒、一味、ラー油・・そして玉ねぎがありました😃玉ねぎを使いたかったのですが、無我夢中で完食するので使うのを忘れました💦厨房では次々とラーメンを作り上げて提供してました

 

20160521105552(5)_20170117134746af7.jpg


20160521111030(1)_201701171347503df.jpg

 

店内は天井の高い木造の作りで、木の香りと爽やかな風が吹き抜けて気持ちが良かったです


20160521105552(8)_201701171347470dc.jpg

 

そして着丼😍「焼豚ワンタン麺」

 

DSC01149_20170117134415ae5.jpg

 

ついに来たぁー!と大興奮しました🙌これが白川ラーメンなんですね🙆黄金色のスープを覆いつくさんばかりの数種の焼豚と定番のトッピング、片道3時間かけて来た疲れが吹っ飛ぶ傑作を見て本当に素晴らしいです😃


DSC01152_201701171344178c1.jpg

 

まずはスープです。黄金色のスープに鶏油がキラキラ輝いて美しいです!この美しさは白川の大自然を凝縮したようなうだし、味はあっさりした鶏のスープに醤油の主張が意外とあります。これが白川ラーメンらしさなのかもしれませんが、それでいて優しく深い味わいを感じるのは仕事が丁寧だから味にそれが出てるんですよ👍

 

DSC01155_20170117134441717.jpg

 

麺は細めで手揉み、しかも全粒粉入りの自家製麺です👍手揉みなので踊るように口に吸いこまれて、弾力があるもっちり感で細めなのに食べ応えがバッチリなのです😋あまり太くしないのは訪れる全てのお客さんが食べやすいと思ってもらえるような太さを追求したからなんだと僕は思いました👍


DSC01167_201701171344456db.jpg


DSC01166_20170117134444abc.jpg


チャーシューは脂身の多い肉と、サッパリして噛み応えのある赤身の肉との組み合わせで、食べてて美味しく量も多いので食べ応えがバッチリなのです👍どの肉を食べても上質で、さすがとら食堂だなと思わせてくれました🙆


DSC01156_201701171344431d5.jpg

 

メンマやホウレン草もいい仕事をしてくれてました😃


DSC01170_20170117134448da5.jpg

 

そしてワンタンも大量に入っています。このワンタンは皮が厚めで持ち上げても皮だけが切れて落ちることがなく、一個のワンタンがつるっと食べられるのが凄く良かったです😋もちろん、中身の肉も美味しかったです👍

 

DSC01168_20170117134447711.jpg


DSC01173_20170117134450ad6.jpg

 

大満足で完食です🙌あまりにも夢中で食べたので卓上の刻み玉ねぎを使うのを忘れてしまったのがショックでした😰この焼豚ワンタン麺は、全ての具材が上質で1つ1つを深く味わうことでこの中華そばを堪能することができます。逆に言うと普通に食べれば普通だと思う可能性が高いです。ただ一言、最高に美味しかったです😋

 

DSC01174_20170117134451ae2.jpg

 

大満足で席を立ち、お会計は厨房横でしかも店主さんが担当してるようで緊張しましたが、1070円とお土産のラーメン870円も記念に購入してお店を出ました👍まさに、とら系恐るべしです💦

 

20160521112546(1)_201701171347526af.jpg


20160521105552(3)_20170117134743044.jpg

 

熱い外に飛び出すと、まさかの大勢のお客さんで大変な事になってました😱まだ11時30分なのにメインの時間帯になったら行列がどうなっちゃうのか💦と心配しながら無事に仙台に帰りました🙌帰りは4号線をゆっくり4時間かけて帰りました。白川の大自然と美味しい中華そばに出会えて、本当に最高な一日になりました👏

 

20160521112546(3)_20170117134755942.jpg


20160521112546(4)_2017011713475666b.jpg


日本男児のとら食堂は・・・

白川に とら系極めた 大自然

 

ご馳走様でした。




.side_by_side { width: 696px; margin-bottom: 20px; } .side_left, .side_right{ margin-left: 12px; display: inline; float: left; } .clear { clear: both; } .side_p { text-align:left; margin-left: 15px; }