記事一覧

麺屋とがし 龍冴~エゴマ豚の台湾豚そば~

2016

 

今日で龍冴が4周年!そしてこの日だけの限定麺を販売するので、行かない選択肢はないです😉さらに豚そばの限定麺と聞いてしまっては興奮が止まりません🙌ですが・・150食という数字は昼営業なら安心、夜営業では心配なので、どっちにしろ早く行けば問題なしの結論です!最近は豚そばの限定自体も無かったので、アムロ・レイばりのこんな嬉しいことはない・・です👍ただ、車で行ってしまったのが1番のミスでした😢

 

DSC06380.jpg


20161213140945(1).jpg

 

今日は龍冴の専用駐車場は常に満車だろうとあきらめて、近所の有料駐車場に車を止めることは決めてました。しかし、龍冴4周年だからなのでしょうか?龍冴周りの有料駐車場は全て満車でだったのです😣💦しかもすでに14時過ぎており・・昼営業11時30分から14時30分に、間に合わないんじゃないかと非常に焦りました😢車を運転しながらの龍冴を何度も見ました😢かなり遠い有料駐車場に車をとめて、ベン・ジョンソンばりのロケットスタートで向かうと💨遠くに見えたお店からSさんがのれんを下げようと外に出てきたのが老眼でもハッキリと見えたので大声で「ちょっと待ったぁ~~っ!」と、ねるとん紅鯨団ばりに待ったをかけたのでギリギリ間に合いました🙌メインの時間帯は外までの長蛇の列だったらしいのですが、今は店内だけの並びのようです。外のポップも龍冴らしい攻撃的なメニューが勢揃いでいいです👍

 

20161213143211(1).jpg


20161213150759(2).jpg

 

そんなことより前のお客さん2人組が入店したので、その流れに乗ってしれ~と43歳も入店です😒その後、(まだボルトばりの物凄いスピードで走ってきた若い人がいた💦)僕の次のお客さんが入店と同時に昼営業終了のためのれんを片付けたので危なかったぁ・・と超ビビリました😰でも最後の客にならなくて安心もしました😌

 

20161213143211(2).jpg


20161213143211(12).jpg

 

店内の背後霊は7人でした。ポップも4周年の記念限定麺だけあって気合いが入ってるようで背景の龍の迫力が今の龍冴の勢いを表現してるようでした👍なので券売機で限定麺1000円の食券を購入です。これで食べられることが確定なので、食券を手に取ってる瞬間が凄く嬉しいです

 

20161213143211(5).jpg


20161213143211(7).jpg

 

女性店員さんに食券をわたして、大盛、小辛、ニンニクは・・とまだ仕事があるので悩んで決断できないので、まさかの女性店員さんに`お任せ´で丸投げしちゃいました💦男らしくない43歳でした😰一方の厨房では、店長さん(ラオウ)が麺上げ、エースが鉄鍋で豚肉の炒め担当で、最強コンビが縦横無尽に躍動し厨房の活気が凄かったです🎆当然、ラオウの剛腕での湯切りと経験という実績による自信に満ち溢れたオーラは圧巻の一言で、僕はただただ震えて動くことができませんでした😣

 

20161213143211(8).jpg


20161213143211(11).jpg

 

いよいよカウンター席に着席です😃着席した瞬間に隣の人から何かただならぬGのオーラを感じたので横目でチラッと見ると、な、なんと!G麺屋たいらの店長さんだったのです😱あまりの衝撃に本当にビックリしたのですが、得意の見全然気づいてない演技と、初老オーラを抑えて小さく肩を狭めてセカンドバックで顔を隠しました(古っ!)😅その状態でそっと厨房を見ると、限定麺ばかり作ってると思ってたら、普通の豚そば、しかも特盛💦をラオウが作ってて、他のレギュラーメニューも何杯か見かけました。普通に美味しいラーメンを食べに来るお客さんも多いんだなと、周年祭あるあるです😅


20161213143959(1).jpg


20161213144224(1).jpg

 

さらに厨房では限定麺を何個も作り始めましたが、助手の女性店員さんの`早くしろ!´の無言の圧力を感じたラオウとエースが人がかりで麺上げしてる光景を目の当たりにした僕はさらにビビリって足の震えが全然止まりませんでした😣それはまるで、ユリア(南斗の将)に、私のためにおまえの命がほしいと言われた雲のジュウザが本気になってラオウと戦ってくれた時と同じで、この女性店員さんは龍冴にとって絶対的存在なのです😱まだ20代前半って言ってたけど急に女性店員さんが怖くなりました💦これからは気軽に話しかけることはできません😢次々と限定麺が提供されて、僕の限定麺は女性店員さんから「ニンニク多めです😠」と言われても、「えぇっ!この後、仕事・・😰」という言葉を飲み込んで、何も言い返すことはできませんでした。

 

20161213144838(1).jpg

 

そして着丼😍「エゴマ豚の台湾豚そば 大盛 小辛 ニンニク多め」

 

DSC06391.jpg

 

まぁ~豪快!店長さんらしく、一撃目から小細工なしのラリアットをぶち込んでくるような見た目のインパクトは4周年に相応しい圧倒的存在感の豚そばです😱挽き肉大好きな僕はエゴマ豚のビッグな焼き肉よりも、豪快に盛られた挽き肉の方に目が釘付けになってしまいました。その挽き肉の上から唐辛子をかけてるので、山頂から溶岩が噴出したような地獄の熱さを演出されて、まだ食べてないのに思わず`辛いっ!´と言ってしまいました。その挽き肉用の穴あきレンゲも嬉しいです😃台湾×豚そばの夢の競演が見れただけでも感謝です🙌

 

DSC06388.jpg


DSC06385.jpg


台湾とは言えベースは豚そばなので、豚骨と辛味噌、そして背脂とベビーな重さのスープです😋重くても小辛なのでスープのコクが重視されて辛さにごまかされない、さらに甘辛い挽き肉の旨みも馴染んで超絶に旨いスープでした😋

 

DSC06395.jpg

 

その小辛のコク深いスープにニンニクを合わせて飲んでみると、ニンニクの辛さはさほど感じずコクの一部となってました。4周年の今日ばかりはニンニクも悪役レスラーではなく、正規軍の一員として真面目に若手レスラーと一緒になって乱闘に加わってましたよ👍


DSC06398.jpg

 

今回の最大の目玉はこのエゴマ豚使用の甘辛い挽き肉と鉄鍋でその場で炒めたバラの焼き肉です。龍冴らしくラーメンを食べやすく、そしてお腹に余裕のある人はライスにも合いますよ的な発想で、お腹ペコペコのG系男子のことをいつも考えてくれてるのです😃


DSC06400.jpg

 

麺はもちろん、本店・龍冴で使用してる豚そば専用のストレートの太麺が大盛300gです。この小麦感満載の麺をまさかの茹で時間を短くしてるので噛み応えが素晴らしく衝撃的にお腹いっぱいにさせてくれるのです😋しかも挽き肉や唐辛子のおかげで麺がまさかの食べやすくなって、いつもは大盛を完食できるか心配してる僕もペロリのあっという間の美味しさでした🙌


DSC06404.jpg


DSC06406.jpg

 

野菜も当然、挽き肉がサポートしてくれてるので野菜が旨い!とモリモリ食べられます。野菜が美味しくて飽きないのは、優秀なG系ラーメンに出会った時です


DSC06401.jpg


DSC06403.jpg


最後は大事に温存してたエゴマ豚の焼肉です。美味しさよりも、身のしっかり詰まった高級豚ならではの柔らかすぎない食べ応えは超最高でした!

 

DSC06412.jpg

 

穴あきレンゲで底の挽き肉をすくったつもりが意外と具材が飛び出してくれて、いつもならまだこんなに・・と思う場面ですが、美味し過ぎてまだまだお腹に余裕があるので非常にラッキーでしたよ☆彡

 

DSC06416.jpg

 

最高に美味しかったです👍この段階で今年やり残したことは一切ない!最高だった1年の締めくくりに相応しい孤高な一杯に超大満足です😃そして急に💦お腹いっぱいで爆発しそうです😅そうそう、隣の店長さんはラオウがGのオーラに気づいたようで挨拶しに来て、しかもその場面にエースも加わり31歳同級生トリオで何やら会話してましたよ👍ちなみにその会話の内容を耳をでっかくして盗み聞ぎしてる初老の43歳でした😉

 

DSC06418.jpg

 

ご馳走様でした!と席を立つと、その声で隣の店長さんが僕に気づいてくれました😃僕も、全然気づかなかった・・😲という名演技で「あれっ!来てたんですね」と言ってしまいました💦しかも同じ有料駐車場だったので一緒に龍冴談義で盛り上がりながら無事に帰りました🙌


20161213150759(1).jpg


20161213150759(5).jpg

 

 

最後に思ったのは4周年の限定麺も超絶に良かったのですが、歳をとっても時代が流れてもやっぱり豚そばが好きだという事は変わらないです😄それは好きな女性芸能人の名前を答えろと急に言われた時に、とっさに広末涼子と答えてしまうのと同じで何年たっても好きな女性芸能人は変わらない男心と同じなのです👍麵屋とがし龍冴は、10年後20年後でもナンバー1、さらに21世紀ナンバー1だと自信を持って言える最高にいい店です🎆

 

20161213150759(3).jpg

 

日本男児の麵屋とがし龍冴は・・・

4周年 龍冴の勢い まだ序章

 

ご馳走様でした。



プロフィール

こーじ

Author:こーじ
こーじの日記

AD

AD

AD

AD

.side_by_side { width: 696px; margin-bottom: 20px; } .side_left, .side_right{ margin-left: 12px; display: inline; float: left; } .clear { clear: both; } .side_p { text-align:left; margin-left: 15px; }