記事一覧

らーめんONE~油そばONE(生姜)~


2016
 
いつも約3ヶ月おきに来店してるので、久しぶりのらーめんONEです😃基本、夜営業しか行かないのは夜営業にはOさんが必ず居るので店主さんとの最強コンビが見れるからです👌らーめんONEが安定して昼夜営業できるのはこの人のおかげだと僕は思っているのです👍なので、今日はアウトレットの観覧車を楽しんだ後に行ってきました😃



 

 








遠目に見るらーめんONEは、アウトレットや仙台海の杜水族館の帰り道とは逆側にあるので気づきにくいかもしれませんが、県内トップクラスのお店なのは一目見ただけでわかるはずです😃昼営業の激混みよりも夜営業の明るさと最強スタッフで安定感抜群なんですよ
 

 











駐車場が満車なのは知ってたので毎度歩いて来て正解です!カウンター席が空いてるのに満車なのはテーブル席が賑わってるからなのは入店すればわかります👌この店の木の温もりはアルプスの少女ハイジに登場するアルムおんじの山小屋に帰って来たような安心感と安らぎを感じることができます🙌
 















 










入店し、すぐに券売機で食券を購入なのですが、前回まで無かったポップが貼られてありました👍しかも券売機のすぐ横なので、お店の様々な情報が掲示板に集約されて非常に好感が持てました😊券売機のお店の弱点は何も情報がないままメニューを決めなくてはならない場合があることですね😒しかも新メニューの油そばは知らなかったので大興奮でした!店主さんに「ポップは大事ですよね!」と言うと「常連さんが作ってくれたポップなんですよ」と教えてくれました👌いい店にはいいお客さんがいるし、ポップの大切さを知ってる常連さんがいて、関係ない僕が1番嬉しかったです🙌☆彡本当に素晴らしいお店です!
 














 











なので券売機で油そばONE900円の食券を購入です👌ただの油そばが700円で全部のせの油そばONEが900円なら安いと思いました👍昼夜関係なく提供もいいですね😃
 















 










油そばは3種類の味、生姜、海老、旨辛だったのですが、らーめんONEだけの味を考えると、やはり最初は生姜を選んじゃいます。
 

 











カウンター席に座り、まずはOさんに「Oさんが5月病になってないか見に来ました!」と言うと苦笑いで返してくれました💦そして食券をわたして、生姜、中盛、さらに低温調理チャーシューは炙り無しでお願いしました👌ちなみに卓上調味料は油そば専用として後から酢とラー油が出てきます。
 


























厨房はいつものように店主さんが麺上げ、Oさんが助手で、安定感抜群の連携はこの店が県内トップクラスである理由をカウンターのお客さんに見せつけるようでした!その光景はまるで、黄金期の全日本プロレスの三沢・川田の超世代軍と同じで、三沢(店主さん)の真面目な強さと川田(Oさん)のがむしゃらな強さを思い出させてくれてくれました👍
 

 











そして着丼😍「油そばONE(生姜) 中盛」
 

 











他店との違いは厨房で麺とタレをよく混ぜてから提供してくれることですね🙆しかも提供された器を見ると、油そばとは思えない豪華さと盛り、見ための美しさは、油そばというよりレベルの高いまぜそばだなと僕は思いました👍しかもONEという名がついてるので低温調理チャーシューがネギの下に控えてるのが豪華さに拍車をかけてました!それはまるで、昨年のジャイアンツのような最強の打撃陣なのに代打の切り札で高橋由伸がベンチに座ってるみたいな心強さが半端ないのです!!                                                                                                                                                                                  
 

 











トッピングは糸唐辛子、ネギ、メンマ、刻み海苔、炙りチャーシュー、小口ネギ、そしてONEなので海苔、味玉、低温調理チャーシュー(炙り無し)です🙆
 















 










特に今日は低温調理チャーシューを非常に楽しみにしてました!ほんのりピンク色の赤身と外側の火がしっかり通った弾力は牛肉のような高級さの食感になってくれて、たまらなく美味しかったです😋通常は炙っての提供なので、こんなレベルの高い低温調理チャーシューなのにもったいないなぁと思いました!
 

 











なんと言っても生姜のいい香りが湯気の乗って優しく僕を刺激してくれるのです👌そして器の底には油、醤油、生姜の合わさったタレが入ってるので、それが麺に絡むことで大人が好む爽やかで刺激的な辛さが本当に美味しかったですらーめんONEらしい完成度の高さは油そばでも健在です👍
 















 










麺はつけ麺用をそのまま利用したモチモチの太麺が並200g中盛300gが同料金です。想像してたよりは麺が細いなと思ったのですが、それが太麺でもすすりやすく食べやさに繋がってるので中盛300gでもペロリと完食できてしまいます😋いい麺です👏
 














 











ネギが斜め切りなので大きく存在感もあってシャキシャキ、ネギと生姜による辛味のダブルのアクセントにもなって良かったですね
 

 











いつもなら最後はチャーシューを食べて完食なのですが、今日はらーめんONEで好評の甘い煮卵を最後に食べました😃しっかりと甘しょっぱく味付けされた味玉はその甘さを武器に箸休めや最後のデザート感覚で味わうと、この店のレベルの高さを改めて実感する最高傑作だと思うはずです🙆ただ単純に店主さんが甘い物好きなだけかもしれませんが、結果的にそれが店の個性に繋がってるのです!
 

 











この油そばは単純に油そばブームに乗ったレギュラーメニューではなく、らーめんONEの技術の全てを投入した傑作であると僕は思いました!しかも、まだ海老と旨辛が未食なので次回の訪問が今から楽しみです
 

 











大満足で席を立ち、ご馳走様でした!と挨拶すると、店主さんは男前の表情で、Oさんは寸胴を持ち上げたまま、元気に「ありがとうございます!」と初老男子を送り出してくれました😱間違いなく県内トップクラスのいい店です👏
 

 











日本男児のらーめんONEは・・・
油そば 生姜の個性が ワンダフル(ONEだけに・・💦)
 
ご馳走様でした。



プロフィール

こーじ

Author:こーじ
こーじの日記

AD

AD

AD

AD

.side_by_side { width: 696px; margin-bottom: 20px; } .side_left, .side_right{ margin-left: 12px; display: inline; float: left; } .clear { clear: both; } .side_p { text-align:left; margin-left: 15px; }