記事一覧

ラーメンみなもと屋~贅沢焼牛タンメン~


2016
 
みなもと屋が8月29日に3周年の記念イベントで`贅沢焼牛タンメン´を限定200食を提供するらしいので、仕事終わりにダッシュで行ってきました💨今のみなもと屋なら200食がすぐに売り切れてしまうと思ったので、間に合わないだろうなと思ったのですが行くことに意味があると考えました🙆
 

 











もちろん行きの途中には大好きな龍冴があるのですが、餓狼伝説に登場するアンディ・ボガードの必殺技`斬影拳´ばりに残像だけ残して通りすぎたので店内の様子はわかりませんでした😣ただ、ラオウのオーラを少しも感じなかったので、麺上げはエースのSさんだったんだろうなと想像できました👌
 

 











道は混んでましたが、なんとか到着です😃20人以上の行列になってるのは車を運転してても一目でわかりました💦駐車場はなんとか空いたスペースに飛び込んで無事に第一関門を突破し、ダッシュでお店に向かいます💨実はこの段階でみなもと屋のツイッターには、残り20食となってたのは後から知りました・・。
 













入り口には混雑時には食券を買ってから並んでくださいと書かれてあるので、まずは入り口の券売機に向かいます。目の前には`贅沢焼牛タンメン´のポップがあり、200食限定が22時の営業終了までもたない恐怖とみなもと屋の天井知らずの人気の高さにビビリました😱
 

 











なので券売機で限定麺1000円の食券を購入です。実は3周年の記念イベントなのに豚そばなどレギュラーメニューの注文のお客さんもいたのは、外から見える器や若者のグループがテーブル席で楽しそうに会話しながら食べてるのが見えたからです🙆
 















 










約20人の並びの最後尾に接続です。並びが何十人だろうと何時間並んでも僕には関係なく、今はただ食券を買えて必ず食べられる喜びの方が強いし安堵してます😃ツイッターを確認すると、あと20食の文字が衝撃的でした💦
 















 










20分ほどで店前まで進みました👌ほとんどのお客さんが限定麺なので、ラストの20食なんてあっという間になくなるぞ・・😣と、まだ20時前なのに200食売り切ってしまうであろう今のみなもと屋の人気の高さに腰が抜けて待合席から立つことができませんでした💦店員さんに食券をわたして、大盛、ニンニク有りでお願いし、いよいよだなと、すでに感無量でした😢
 















 










入店し、入り口付近のカウンター席に座ります。券売機が見えるのでまだ限定麺は売りきれになってない事を何度も確認してしまいました。
 















 










スタッフも5名体制の最強布陣でしたが、厨房では麺上げさん、Tさん、そして1番奥で店長さんと、限定麺をどんどん作り上げては素早く提供してお客さんを喜ばせてましたよ今日はタンメンという事で厨房の奥から店長さんの豪快な鉄鍋とお玉のぶつかり合う威勢の良い音が響いてたのが興奮したし、僕は限定麺よりもTさんの存在感の大きさが久々に見てビックリしました🙆最近はTさんの限定麺が無くて寂しいなと思ってたんですが、それは僕が一見さんだからであって、今のTさんはみなもと屋のリーダーとして店長さんとは違う立ち位置で、お店の大黒柱として厨房もホールも仕切ってスムーズに運営させてました👏3周年とは店長さんの限定麺が主役ではなく、実はTさんの活躍の事を言ってるんだなと僕は思いました!それと相変わらず男前でしたよ👍
 

 











そして着丼😍「贅沢焼牛タンメン 大盛 ニンニク」
 

 











牛タンメンもいいけど、やっぱり焼牛(ローストビーフ)のピンクの圧倒的な存在感が最高でした。牛の限定麺を色々食べましたが、店長さんの牛が1番興奮します🙌タンメンなので炒め野菜もバッチリ!特にコーンを入れてくれたことが嬉しかったですコーンの重要性は見た目のポップさだけじゃなく、コントラストとしての塩分とは対照的な甘みが大事だと教えてくれてるのです👍
 

 











牛骨のスープは少しとろみもあってまろやか、少し甘みもあって超美味しいです😋そのスープに牛の油がバターのようなコクとさらなる甘みを助長して、さらに!炒め野菜から出た野菜の甘みもあるので、3重層の食材の甘みが最高でした👏さすが店長さん!才能と経験が毎度活かされるなと感心しかないスープです👍
 

 











その深い甘みのある牛のスープにニンニクのパンチ力のある辛さが非対称のインパクトを与えてくれて、いい仕事をしてくれてました😃
 

 











そして3周年は、これを本当に楽しみに待ってました🙆何度食べても店長さんが作る焼牛(ローストビーフ)は最高!外側の香ばしさと内側のジューシーさは高級料理店に行く必要なし、ヨーロッパのうるさい食通の皆さんにもわざわざ来日して食べて欲しいです😅
 

 











野菜はニラ、ニンジン、キャベツ、モヤシ、コーンを炒めてます。ボリューム満点!胡椒の刺激もGOOD!やはりコーンの甘みが凄く効いてました👌
 

 











麺は中太の縮れ麺が大盛なので240gです。手揉みの不揃いな縮れによる、プリッとしたりモチッとしたりの食感がいいんです😋しかも、この凹凸により牛のスープがより多く麺に絡んで美味しさが倍増するんです👍みなもと屋のファンは中華そばも豚そばもつけ麺も麺が好きだという人が実は多いんですよ!
 















 










最後はなんと、器の底に沈んでたコーンです。コーンの甘みが大事だと僕は思ってるので最初に焼牛を見た後はコーンに目が釘付けになったくらいなんですよ😋
 

 











見た目の盛りは優しそうだなと思ってたんですが、牛はやっぱり重いです😅麺の量も多かったので、長くこの限定麺を楽しむことができて大満足でした🙌しかも、コーンを全部すくって食べたので自然とスープも器の底が見えるくらいまで味わってしまいました👍最高でした店長さんも200食がこんなに早く売り切れそうになるとは思ってなかったらしく、昨年よりも数量を増やしてるんですけどね・・と申し訳なさそうにしてました。でも、この大人気は店長さんの魅力と努力の成果だと全員思ってます👍
 

 











みなもと屋の限定麺を食べてこんなに興奮しながら完食したのは、牛ジャンクそば、和田のスタミナまぜそば、みなもと屋☆DE☆甘辛スタミナ麺と、久々です!店長さんらしさや働いてる皆さんの個性が爆発してる限定麺は本当に美味しく印象深いです😃今回はTさんのリーダーとしての素晴らしい働きも見ることができて、最初から最後まで大満足な3周年になりました🙆「ご馳走様でした!」と席を立ち、お店を出る瞬間に、限定麺を大量に作ってるはずの厨房からTさんの「豚そば3丁進行しまーす!」で「えぇ~っ!😱」と思わず振り返ってしまいました💦(この記念すべき日にコアなみなもと屋ファンが豚そば目当てに30分も並んでたんですね😣)
 

 











日本男児のラーメンみなもと屋は・・・
3周年 食べれて興奮 牛タンメン
 
ご馳走様でした。



プロフィール

こーじ

Author:こーじ
こーじの日記

AD

AD

AD

AD

.side_by_side { width: 696px; margin-bottom: 20px; } .side_left, .side_right{ margin-left: 12px; display: inline; float: left; } .clear { clear: both; } .side_p { text-align:left; margin-left: 15px; }