記事一覧

麺屋とがし~海老トマトつけ麺~


2016

異端児の限定麺`JAPANⅩ BLACK´はラストに相応しい出来栄えに感動的な美味しさでした👏その異端児が今日で麺屋とがしを卒業なので行ってきました😢龍冴で出会って約2年・・、その個性で色々な限定麺やレギュラーメニューで楽しませてもらいました😃


 



 








なんとか仕事を終わらせて本店に急行です💨遅い時間になってしまいましたが💦無事到着です🙌それでも、いつも通り最後まで満車で駐車できずに焦りました😰異端児が最後だろうと関係ない本店のたたずまいは、威厳すら感じるし、数々の優秀な人材を育て送り出してきた業績がやっぱり素晴らしいです



 











のれん越しの厨房では、異端児が麺上げを担当し最後の夜営業に来てくれた沢山のお客さんのため、魂を込めてラーメンを作ってるのが外からでもわかりました👍さすがにいい仕事してますよ👏



 










そして外の券売機です👌今日は昨日までの限定麺もなくレギュラーメニューでの営業ですが、どれを食べても最高なのが本店です🙆いつもは何を食べようか悩む事はないので、まさかの💦豚そばが売り切れ(大人気!)になってたのが、異端児が最後と同じくらいショックでした😢豚そば系以外のレギュラーメニューは食べたことがないのですが(今さら・・)、海老トマトつけ麺880円の食券を購入です!想定してなかったので緊張です😓


















 



 








入店すると満席だったので、しばらく待合席で待ちました。その間に店員さんに食券をわたして、麺大盛でお願いしました🙆


















 



 








カウンター席が空いたので着席なのですが、今回も奇跡の麺上げが目の前の席でした!卓上調味料を使う予定はないのですが、スープ割りは使うと思います👌ほとんどのお客さんが最後の異端児を見に来た常連さんだとわかったのは、「高館さん、お疲れ様です!」とか「高ちゃん、最後の姿を見に来たよ!」と異端児に声をかけて、店内が優しい空気に包まれてたからです😃異端児がこんなに人気があるのも知らなかったし、そもそも異端児と勝手にあだ名を付けてたのが僕だけだったと気づいて最後に申し訳ない気持ちになってしまいました😣💦


















 









厨房では、異端児が麺上げを担当し、女性店員さんが助手、そして!店長さんが見習い(スミマセン💦)と、最強の布陣で運営してましたよ😃異端児の力強い湯切りは龍冴の店長さんを彷彿させ、丁寧な盛り付けは本店の店長さんの魂を受け継いでるのが僕の目には映って、ダブル店長さんの遺伝子をしっかり受け継いで異端児の成長した姿に目頭が熱くなりました😢


















 



 








最後という事で異端児が提供してくれました😃僕も最後だと感無量だったので「高館さん、お疲れ様です!」と一言だけ言わせてもらいました。勝手に異端児と陰であだ名を付けてた事は当然言えませんでした😅(褒め言葉だったんですけどね・・💦)



 










そして着丼😍「海老トマトつけ麺 大盛 味玉」


 











初めて見る海老トマトつけ麺は、こんなにキレイでカジュアルな彩りとバランスのいい、そしてバジルソースの小さいレンゲがカワイイ、食べるのがもったいないと思ってしまう見た目100点の、まるで大人の女性の可愛らしさがある稲森いずみのようなつけ麺でした



 











つけダレは海老トマトなので、海老の香りがフワッと優しく僕を包んで飲んでみるとトマトの酸味とコクがメインで、スパイシーさをあまり感じないミートソース的な美味しさもありました😋そこに後半は小さいレンゲのバジルソースを加えることで、独特の対極的な苦味もあったりして面白い味になりました😃



















 



 







麺の方に様々なトッピングがされてあり、バラチャーシュー、粉チーズ、ミニトマト、ベビーリーフ、バジルソースです。



 











麺はつけ麺専用のモッチリ感+流水でしめた分の弾力のある優秀な太麺が大盛300gです。異端児が麺上げして、すぐに助手の店長さんが流水でしめてくれた、流水だけに流れるような連携がさすがでした!この麺に粉チーズと海老トマトのつけダレが合わさると、酸味もコクも海老もトマトも麺の美味しさも全てが最高!まるでイタリアの小さな田舎町で立ち寄った地元の人に大人気のレストランで食べたシンプルなようで長年の経験が奥深い味になってる👍あの感動を思い出す美味しさでしたよ😋





















 









さらに良かったのは、このベビーリーフですね!彩りを添えるだけでなく、サラダ感やリッチな雰囲気を演出してくれてました👍



 











サプライズはつけダレの方にメンマや玉ねぎが入ってたので、コリコリやシャキシャキの食感が嬉しかったです



 











しみに温存してたバラチャーシューは最後なのでつけダレをたっぷり浸み込ませて食べると、天にも昇る美味しさでしたよ😋毎度のことなんですが、フランダースの犬ばりに大満足のお腹いっぱいでこのまま天国に旅立っちゃうんじゃないか?💦と心配になり、外にソリとパトラッシュが待機してないか確認してしまうほどでした🙌



 











まだ終わりではありません😃スープ割りで魚介感のある優しい味のスープに変えて飲み干して完食なのです👍つけ麺はキレイに完食できるのがいいですね🙆



 










ご馳走様でした!異端児が最後なのは関係なく、本店らしい濃厚かつ爽やかな海老トマトつけ麺で人気がある理由もハッキリとわかりました👍



 










帰る準備をしてると、常連さんと会話してた異端児が僕にも挨拶に来てくれました😃今後のことも気になって話したかったのですが、まだまだ他の常連さんにも挨拶に行く感じの忙しそうな異端児だったので、一見さんの僕は「また会える日を楽しみにしてます・・」と頭を下げました😢異端児も「ありがとうございます!またお待ちしています」と最後だけどいつものように初老男子を送り出してくれました👏



 











最初に龍冴で出会った頃は、警戒して目が合うと会釈する適度でしたが、高館3番勝負で3週連続で行ってしまったことで💦僕の事を完全に覚えてくれたようで非常に嬉しかったのが最初でした本店でも記録より記憶と個性的な限定麺でお客さんを喜ばせてくれました👍僕が他のお客さんに勝ってる自慢は異端児の限定麺を全て食べた事です😃ありがとうございました!






















明日からの本店は、優秀な店長さんとKさんの明るさを最大の武器として、歩みを止めることなく群雄割拠のラーメン戦国時代を進み続けます👍最高にいい本店です!



 











日本男児の高館さんは・・・
ありがとう 旅立つ異端児 夢は続く

ご馳走様でした。



プロフィール

こーじ

Author:こーじ
こーじの日記

AD

AD

AD

AD

.side_by_side { width: 696px; margin-bottom: 20px; } .side_left, .side_right{ margin-left: 12px; display: inline; float: left; } .clear { clear: both; } .side_p { text-align:left; margin-left: 15px; }