記事一覧

自家製中華ソバ むらさわ~煮卵入り中華ソバ+肉飯~


2016

久々の昼営業の自家製中華ソバむらさわの昼営業です😃前回の肉ロックは衝撃的でした・・あれは元気な学生さんがバイト代が入った次の日にでも食べてもらいたいですね!昼営業のむらさわは11時30分から2時20分ラストオーダーなのですが、13時までのメインの時間帯は満席なんですが、それ以降は並ぶことなく座る確率が高いです。なので13時30分ごろに到着です😃


















 









店の入り口には`生姜´と目立つように書かれてあり、生姜が効いたスープになったことをアピールしてました🙆



 










もちろん中華ソバなのですが、なんと!夜限定の汁なしラーメンの文字もかなり気になりました😃それでも、昼営業ってことで・・煮卵入り中華ソバ800円と肉飯300円の食券を購入し、またしても1000円超えなのですが後悔無しなのでドンマイです👍


















 



 








セルフの水を持って、食券をカウンター上に置いて着席です。以前に比べると年齢層の高いお客さんや女性の姿も見かけるのは中華ソバ屋さんになった事で、この店の視野が広がって老若男女が行きやすくなったと僕は思いました👍


















 


 









卓上調味料も胡椒だけなのも問題なしです!とにかく生姜が効いてるので胡椒すら必要と思わない個性になってるはずです😊



 











そして着丼😍「煮卵入り中華ソバ 肉飯」



 










中華ソバからの生姜の香りが想像以上に強いです😃トッピングのバランスは変わらない安定感があるのですが、スープが生姜+豚骨がベースになったことで個性的な中華ソバに生まれ変わったとハッキリわかりました👍そして、肉飯もかなり人気のあるので営業の後半では売り切れになってる可能性がります😣



 










スープは生姜をガッツリ効かせた豚骨スープに醤油を合わせてます。油は鶏油で、表面が明らかに黄色にキラキラ輝いてますスープは一見すると濃い色なので醤油が強いイメージなんですが、生姜の個性の辛さが勝ってるのでいい塩梅に抑えられてます😋このスープを飲んでもらえば、いい個性を見つけたなと納得するはずです👍これだけ生姜が効いてるスープは僕が食べたラーメンの中で、自家製中華ソバむらさわとラーメン二郎仙台店だけです!



 










定番のバラチャーシューは柔らかさと食べ応えを兼ね備えた美味しさです。



 











麺は自家製の細麺のストレートが180gです😋最近は噛んだ時にモッチリ感も出るように2種の小麦をブレンドしてるのですが、今日はモッチリ感をあまり感じませんでした😒この辺が自家製麺らしく、季節や湿気などで水の配合を毎日変えてる店主さんでも、25秒の茹で時間を今日は伸ばすべきだったと話してくれました。それでも、いい麺だなと180gをペロリと完食ですけどね💦


















 












そして肉飯です😃バラチャーシューを細かく刻んでキクラゲとゴマ油で和えた具材をご飯にのせて提供してくれます。ご飯の量も多いし、ゴマ油が効果的に全体をまとめ上げて旨い一品です。中華ソバと相性がバッチリですね!


















 



 








ご馳走様でした!お昼から大満足な中華ソバと肉飯でした!特に生姜をガッツリ効かせたスープは体を芯から温めて、中華ソバに生姜という個性で好印象です。他のお客さんも生姜のおかげで食べやすいとか、風邪引きにくい!と、店主さんと話して笑顔で帰ってました🙌



 











僕は気になってた夜限定の汁なしラーメンについて聞いてみたのですが、食べればわかりますよ👍と言うことなので、夜営業に行くのが楽しみになりました😃行くたびに、店主さんの勉強熱心さが形に表れて中華ソバがどんどん進化してるが僕は嬉しいです🙌自家製中華ソバむらさわは中華ソバに個性を吹き込み唯一無二の味へと突き進む、最高にいい店です!


















 









日本男児の自家製麺中華ソバむらさわは・・・
自家製麺 生姜が個性の 中華ソバ

ご馳走様でした。



.side_by_side { width: 696px; margin-bottom: 20px; } .side_left, .side_right{ margin-left: 12px; display: inline; float: left; } .clear { clear: both; } .side_p { text-align:left; margin-left: 15px; }