記事一覧

ラーメン二郎~小ラーメン~


2016

今月もラーメン二郎に行ってきました😃実は日曜日の夜に行くのが多分初めてなんですよしかも、学生さんが長期休み中なので行列も少ないらしいのです。確かめるために自転車で緊急出動なのです🚴





 









今日こそは並びが少ないと3年通ってる僕でさえ思ってるのです。余裕ぶっこいて到着すると・・「嘘つけ~~~っ!!」とまだ寒い夜空に大声で叫んでしまいました💦普通に不動産屋までの40人以上の並びになってました😱このパターンを何年も続けてる自分が恥ずかしいです😰


















 


 








結局いつもと同じなんだなと思いながら、まずは入店し食券を購入です。今日は小ラーメン690円のみにしました👍


















 









最後尾に並びますが、この人数だと1時間待つことになるな・・と厚着で来たことだけは今までの経験が活きたと思いました🙆いつもなら小ラーメンの食券は青なのですが、紫だったのは以外でした。豚増しがなかったので、その分の食券も使えたのかもしれませんね😃


















 



 








不動産屋ゾーンを超えるのに想像通り30分かかりました😰このゾーンには10人ぐらいしかいないはずなんですがね・・💦


 



 








駐車場をまたぐと、あと30分だなと少しワクワク感が出てきます👌二郎の隣の空き店舗にインドカレー屋さんが出来ると張り紙がありました。強力なライバル店が登場するなと長く続くことを願うばかりです😃


















 


 









ようやく助手さんが来て「お客さん!大?小?」なので「小で!」といつもの脂抜きにはしませんでした。最近は脂に対する考え方が変わってスープに甘みとコクを与えてくれるのは脂なので絶対に入れるべきなのです👍


 



 








いよいよです😃やはり1時間でした💦春休みなんて関係なかったなと前後の大量の学生さんのグループを見るかぎりは思いました。そもそも社会人に春休みはないので、もう気にしないほうがいいです!



 











すると店内から「先頭から5名様どーぞー!」とのことなので、麺硬めの人も関係なく入店です😃今日の席は、カウンター席の隅のすり鉢が置いてある席でした!前回、店長さんに声をかけさせてもらったので、一応、食券をカウンター上に出す時に、軽くペコリと挨拶させてもらいました👌ただ、またしても緊張で足は震えてましたけど・・😰


















 



 








次々とコールが始まり・・「小の方、ニンニク入れますか?」「ニンニク、野菜増し増しで!」といつもの感じなのです🙌

そして着丼😍「小ラーメン ニンニク 野菜増し増し」



 










約1ヶ月ぶりの小ラーメンの盛りは、増し増しでも余裕で完食できるなと初老男子が一目で思うほどなので、腹ペコの学生さん達なら普通のラーメンとしか思わないんじゃないでしょうか?!それでも本家は凄いと大興奮です😜
















 










まずはスープです。むむっ!最近の二郎は以前より甘みが減ったなと思ってたのですが、今日は甘目で醤油のキレを感じさせない優しさが最高でした😋乳化もバッチリで相変わらずいいスープだなと唯一無二の味に感動的でした👍



 











当然、ニンニクと合わせて飲んでみるのですが、甘みのある優しいスープにニンニクのパンチ力のある刺激が優しさを突き破って僕の舌を麻痺させるぐらいの存在感が凄かったです。この刺激のパンチ力はまるで・・優しいケンシロウがシンとの闘いで、執念にまさる怒りでシンの奥義をやぶった時のケンシロウの本気の怒りを思い出させてくれて、僕はただ震えるしかありませんでした😓


 



 








そして小ラーメンなので豚は2枚です。この大きさと柔らかさは他店では絶対に味わえない孤高な美味しさで、食べるのがもったいないと本気で思うほどの最高傑作なのです👍



 










自家製麺は小なので300gです。今回も一目見て「やっぱ、細い!」と思いました💦変わってないのはわかりますが、僕の目が老眼になっただけ?なのかもしれません😰しかし、その美味しさは変わらないので小では少なく感じますね😋

 

















 









後半のスープは器の底にある脂が飛び出してくるので、コクと甘みがさらに増してやっぱり脂は大事です!しかも脂抜きにしても、カロリー的にはほぼ変わりませんから・・😉


 











最後は大き目の豚を温存してので大事に食べて完食です。



 










隣の席の大ラーメンのお客さんは、初めてのラーメン二郎なのに助手さんの小ラーメンにした方がいいという説得も、他店で大盛を食べてると押し切っての注文でした💦案の定、半分ぐらいでピタッと箸が止まってしまい地獄のような顔をしてました。しかし優しい助手さんは、次回は小でお願いします!という気遣いがラーメン二郎仙台店らしいなと僕も温かい気持ちになりました👍



 











見た目のインパクトより、あっという間に完食しちゃうほどの美味しさとレベルの高さがラーメン二郎です👏食べた帰り道にはすでに次回はいつ訪問するか楽しみになってる自分に気づくはずです🙌




 










ラーメン二郎のラーメンは過去も未来も僕にとって芸術的な美味しさと完成度の高さです。本当に出会えて良かった、大事な存在です




 









日本男児のラーメン二郎は・・・
長期休み 結局混んでる いつもと同じ 

ご馳走様でした。