記事一覧

ヘルズキッチン~PAGE郎~

2014
 
平日に仕事が早く終わると考えてしまうのは、今から車を飛ばせばヘルズキッチンの夜営業に間に合うんじゃないかという事です
20時までの営業は相当ハードルが高いと思ってるのです。しかし今日は無事間に合いましたが、なんと
表の駐車場も裏の駐車場も満車になっててどうすることも出来ないのです
 













グルグル回って戻ってくると、ちょうど表の駐車場の車が全部出て行ってしまったのですぐに飛び込みました
この店の人気は高くなる一方ですが、一度の訪問で必ず好きになり常連客になること100%なんです
 













次々と入店し笑顔で帰るお客さんと何人もすれ違いましたが、僕もそっと入店してみるとカウンター席が空いてて安心しました
券売機で当然、PAGE郎850円の食券を購入し、記憶力のいい店員さんにニンニク増し、野菜増し増しでお願いし着席です。
 


























メニュー表を見ると、G系ラーメンがオジーとペイジの2種だけなのが非常に残念に思います
最近は煮込と燕三条に押されてる気がしてかなり危機感を感じてます。僕は約3年間PAGE郎を食べ続けてるのですが、もっと食べに来ないとダメですね・・。しかし他のお客さんの注文したラーメンを見ると、今日は特にG系と豚骨が多かった気がします。
 


























今日のお客さんは遅い時間だったので仕事帰りの会社員のグループが楽しそうに小上がり席でラーメンを食べてました。ヘルズキッチンの最大の特徴は店内の個性的な内装と音楽とは対照的に温かい空気感がいいんです
それは店員さんたちの真面目さと誠実な接客態度が伝わってくるからなんだと思います。
 













そして着丼
「PAGE郎 ニンニク増し 野菜増し増し」
 













さすがにいい盛りしてますねぇ
以前と比べると豪快さとうより優しさを感じる盛りのラーメンになったなと思ってます。ヘルズキッチンの美味しいと優しいを具現化されてるのがこのPAGE郎なのです
 


























スープはゴマの風味が素晴らしい味噌なんですが、コクがあっていい塩梅なんでどんどん飲めるスープなんですよ。G系の味噌ラーメンの中では最強な味わいに言葉がないです。何回食べても飽きない、いや食べれば食べるほど好きになる不思議なPAGE郎なのです
 













また刻みニンニクが他の店より細かく刻んできれてるのでパンチのあるスープではなく、厚みを増した力強いスープに変化するんです。
 













そしてストレートの中太麺。久々にこの麺を食べてると完成度の高さ美味しさにビックリしてしまいます。それは色んな店の麺を食べてきて、もちっとしてる麺や加水率の低い歯応えの強い麺など多彩な個性の中で、この麺はバランス重視で一見すると個性がないと思ってしまいそうですが、バランスこそが長く愛されて食べ続けてもらえる最大の特徴なのです
 


























炙りチャーシューも質の高いいいバラ肉が2枚。脂身の柔らかい部分としっかりした弾力の身の味わいが最高でした。ただ柔らかいだけじゃない、さすがヘルズキッチンと思わざるえないです
 













キャベツ率の高さも良かったし、豚骨用の辛味噌も少し使うことで味に辛味という変化をもたらし食欲が増進してしまうのです。最近はあまり食べれない体質になってしまったのに、余裕で完食してしまう美味しさと楽しさがあるんです
 


























今日も大満足すぎて、水を飲むのを忘れて完食してしまいました
やっぱり来て良かった、やっぱり美味しかった、やっぱりいい店でした
 













混んでる理由がそこに全てあるから皆に行ってほしい、しかしこれ以上混んでほしくない・・、訪問するたびの葛藤が自分の中にあるんです・・。帰るお客さんに店員さんが「いつもありがとうございます」のいつもが常連さんが多い、いい店だと気づかせてくれます
 













日本男児のPAGE郎は・・・
いつまでも 飽きない旨さ PAGE郎
 
ご馳走様でした。



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こーじ

Author:こーじ
こーじの日記

AD

AD

AD

AD

.side_by_side { width: 696px; margin-bottom: 20px; } .side_left, .side_right{ margin-left: 12px; display: inline; float: left; } .clear { clear: both; } .side_p { text-align:left; margin-left: 15px; }