記事一覧

G麺屋たいら~唐揚げマッチョ麺~

2014
 
この店にはこの前行ったばかりなのですが
盛りの良さや豚の大きさなど非常に良かったし、1番は自家製麺が僕の好みに合ってると思ったので、もう一度行ってみたいと思ってました
この麺だと大盛300gでも余裕で完食できてしまう食べやすさがあるんです。
 













この日はオープンして約1か月なので、店内外に落ち着きが出て比較的混んでないんじゃないかと思っての来店でした。外観もすっかり見慣れて何も思わないのですが、いつ行っても満席、今日も並びがないから安心してたら、閉店時間までずーと満席で客足が全然途切れない人気店なんです
 













早速入店し、券売機で唐揚げマッチョ麺850円を購入です。この店の豚も好きなんですが、僕は鳥の唐揚げも大好きなんです
どっちも入ってる唐揚げマッチョ麺が850円なら非常に安いと思います。店員さんに食券をわたし、麺大盛り、ニンニク有でお願いしました。まぜそばも気になりますが、それは次回ってことで・・。



























混んでるけど、G系とは言え回転が速いのですんなり座れるんです。店内は活気があるし、和をイメージした内装がG系と質の良さをさりげなくアピールしてるんで落ち着くんですよ



























そして着丼
「唐揚げマッチョ麺 大盛 ニンニク」
 













ダイナミックという言葉がピッタリな豪快な盛り付けが本当に最高なんです
これで850円は安いなぁと感心してしまいました。野菜の盛りも多すぎずバランスがいいと思うし、なんせその下のは自家製麺300gが待ってくれていると思うと大興奮です
 


























やはり今回の最大の目玉は鳥と豚の夢の競演に尽きますね
鳥のサッパリした身を噛んだ時の筋肉質な弾力感、豚の柔らかく煮込んだバラ肉のトロトロに溶けてしまう感じとの食のコントラストは最高に素晴らしかったです。豚の切り口の分厚さも作り手の意気込みと優しさが充分に伝わりました
 













そしてスープ。油が多いのでスープを冷めにくくしてくれる効果と野菜が炒め野菜風になってくれるんです。前回感じた甘みは感じませんでしたが、醤油のキレを凄く大事にしてくてる豚骨スープでもあるんです。美味しかったですね
 













さらには1番のお楽しみ、自家製太麺が大盛300g。でも全然多いと感じなかったし、モチモチ感もあるし、油のコーティングのおかげでツルツルとあっという間に完食しちゃう食べやすさがあるんです。最高の一言に尽きます。
 


























もちろん、キャベツ率もオッケーでした
 













夢中で食べて完食しそうなので忘れない内に、G麺屋と言えば多彩な卓上調味料による最後まで飽きさせない、最後まで美味しいまま完食してほしいという気持ちの味変です。今回も、酢によるサッパリ感、魚粉による魚ダシへのスープの変化、そしてカレースパイスによるカレー風味という新たな刺激と、色々楽しむことができました。
 


























最後は大事に大事に温存しておいた唐揚げ、スープがしみてパリパリではありませんでしたが、美味しいこと山の如しで最高でした。
 













こんだけ食べて、美味しかったし大満足だったけど、素晴らしい内容に全然お腹いっぱいになりませんでした。若い人なら麺400gにして食べた方がいいですね
 













この店の素晴らしさは、店主さんの若さや元気、高めの声質の心地良さ、笑顔での接客態度が店内をより明るく活気づけてます。お客さんも若い人ばかりではなく、近所の営業所や工場の比較的年配のお客さんが多いのが特徴なのです。G系ラーメンは若者だけが好んで食べるものではない、色んな年齢層に愛されてる新たなソウルフードなのです
そして大満足の幸せそうな笑顔で店を出てくるお客さんがこの店の最大の特徴だと思います。最高にいい店です
 













もちろん、この店で僕の1番のお気に入りは、手洗い場の枯山水洗面所です。
 













日本男児のG麺屋たいらは・・・
ガッツリは 老若男女の 合い言葉
 
ご馳走様でした。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント