記事一覧

たいやき藤家~ミニラーメン&ミニ鯛焼き~

2014
 
よく晴れた休日の朝と言えば・・、やはり藤家にどうしても行きたくなってしまいましす
最近は体力の衰えをあからさまに感じるので自転車で朝二郎に行ってみます
 













すいせん通りを気持ちよく駆け抜け到着すると、朝10時の開店ちょうどだったので店主さんが登場し1番ねらいの僕に気づいてくれました
3連休の最終日だとお客さんの出足は鈍いと店主さんは言ってました
 













入店し券売機でミニラーメン550円とミニ鯛焼き80円と豪華に食べちゃいます。それでも630円は安いなと感心してしまいます
そしてミニラーメンは醤油の野菜増し、ニンニク普通でお願いしました。
 


























ちなみにミニ鯛焼きは、毎朝店主さんが30個限定で作ってるそうです
本来は鯛焼き屋さんなので1番得意なはずです。お金とお腹に余裕がある場合がトッピングしておいた方がいいです
 


























そして着丼
「ミニラーメン ニンニク 野菜増し ミニ鯛焼き」
 













朝日を浴びて神々しいミニラーメンとミニ鯛焼きになってます
特にミニ鯛焼きの白さが冬の優しい太陽光を吸収して立体感を演出して古代ギリシャ美術の代表的な建築であるパルテノン神殿を飾る彫刻群を思い出しました
クラシック期の彫刻は躍動する人間の姿や動感、そして苦悩する人間の感情さえも彫りだした力感あふれる作品が多いのは、もしかしたら藤家の鯛焼きラーメンを食べたからなのかもしれません



























スープはあっさりした豚骨醤油。サラサラして非乳化なので非常に飲みやすく、その分醤油のコクの主張が強いのですが一般的な醤油ラーメンのスープに近いので誰でも美味しいと感じることができます。それでも刻みニンニクの存在がスープにパンチ力を与えてくれるので藤家では普通でも多めに入れてくるのです
 













豚もこの厚みと大きさで噛み応えと柔らかさを味わえる、いつでも最高なんです。しかもこれでミニラーメン550円なのは本当に凄いことですよ
 













そして太麺のストレートは三河屋製麺。ミニなので麺の量が少ないのですが、朝なのでちょうどいい量なのです。以前は極太麺だと思ってたけど、最近は何度見ても普通の太麺にしか思えないです。ただ美味しさはいつまでたっても変わらないですね



























最後の豚を見て、その厚みが素晴らしいなとじっくり味わってしまいました。
 













そして本当の最後は朝日の光を浴びてるスープ上に浮かぶ鯛焼きを食べると、モチモチした鯛焼きは肉まんなので最高でした
しかも具はちゃんと尻尾までビッチリ入ってるが感心でした。やっぱこの店は凄いです。
 


























いつもの美味し過ぎて水を飲むのを忘れてしまうパターンに、この店のレベルの高さを朝から見せつけられました



























藤家の場所をわかりやすく言うと、フランスのレンヌ市から9900キロ右に行ったアパートの一角です。フランスの伝統的でオシャレな皆さんに言いたいのは、藤家は本当にいい店です。
 













日本男児の藤家は・・・
藤家なら 鯛焼きラーメン 朝二郎
 
ご馳走様でした。



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こーじ

Author:こーじ
こーじの日記

AD

AD

AD

AD

.side_by_side { width: 696px; margin-bottom: 20px; } .side_left, .side_right{ margin-left: 12px; display: inline; float: left; } .clear { clear: both; } .side_p { text-align:left; margin-left: 15px; }