記事一覧

ラーメンみなもと屋~みなもと味噌豚そば~

2015
 
疲れてても行きたい店と言えば・・やっぱり、みなもと屋を真っ先に思い出してしまいます
美味しいラーメンと日本一の接客で、行く前の自分と店を出た自分では別人のように元気になって、明日も頑張ろうと思えるんです
だから行くしかないです
 













今回も大好きな龍冴の前を減速することもなく、夜空の流星のごとく駆け抜けてしまったので、店内の様子は一切わからなかったです
ただ、いつものように混んでたと思います。
 













最近のみなもと屋の爆発的な人気は、月替わりのつけ麺や、限定麺、そして豚そばの存在(G系)という、全てのラーメンがハイレベルな事にやっと世間が気づいてくれただけなんです
そして実際に行ってみると、お店の温かい雰囲気や接客態度の素晴らしさを目の当たりにして、みなもと屋のファンになること間違いなしなんですね
 


























店横の駐車場が奇跡的に空いてたのですぐに飛び込み、ダッシュでお店に向かいます。前回の訪問では週末や祝日だと店長さんとWさんの最強コンビで営業してる確率が高いと聞いてたので今日は非常に楽しみなんです。続々入店するお客さんを見ると、最近特に思う、学生さんのグループの姿に以前とは少し客層に変化があるなと、賑わいが増してる感じを受けました
 













入店し券売機でみなもと味噌豚そば1000円の食券を購入しました。みなもと○○の名前がついた値段が高めな方が、満足感が高いので無意識に選ぶ自分に気づき、改めてこの店のレベルの高さを認識しました。
 


























Wさんの接客ナンバー1の声と店長さん、助手さんの元気な「いらっしゃいませっ!」で来てよかったなと嬉しくなりました
助手さんに食券をわたし、大盛、ニンニク多め、痺れレベル大でお願いしました。今日の麺上げはWさんが担当してて、チラッと湯切りする姿が見えたんですが、しなやかな手首の返しや盛り付けの丁寧さが素晴らしかったです
接客の良さが厨房でも発揮されてるなと、どんどんレベルアップして半年前とは別人のような料理人の顔になってました。店長さんもWさんに全部任せて、接客や助手さんの教育に専念してました。
 













僕が行った時間帯にいたお客さん、後から店長さんが教えてくれたのですが、なんと全員が豚そばを注文したということで非常に嬉しかったです
学生さんが多い、若い人が多いと、G系がたくさん出て活気がありますね
 













そして着丼
「みなもと豚そば 大盛 ニンニク多め 痺れレベル大」
 













Wさん自ら配膳してくれて豚そばの説明をちゃんとしてくれました
食べる前なのに「美味いっ!」と言ってしまうほどの完成度の高さなんです
特にチャーシューのしっかりした肉の上質感、それを惜しげもなく厚くカットし、豪快に2枚トッピングしてくれてるのです。この味噌豚そばこそ、みなもと屋の象徴というべき存在なのです。未来永劫、この店で1番提供されると思います。



























もちろん、みなもとと名前がついてるので、メンマと煮卵がいいですね。みなもとの味噌豚そばにしてよかったです
 













スープはビックリするぐらいのとろみがあり、相当乳化が進んで濃厚な味噌が最高に美味しいのです
店長さんが作るラーメンは牛が得意なイメージがありますが、僕は味噌が1番得意だと勝手に思ってるので、美味しいに決まってるのです
それと痺れレベルが大なので、食べてる間ずーと舌が痺れてる感覚があったので、こういうことなんだなと思いました。さらにニンニクの辛さも多めなので、辛さの連鎖が止まらないのです。でも汗が止まらないほどではないので、そこが美味しさの秘訣でもあると思います。
 













そして、豚そば専用の太麺が大盛300g。この麺の柔さと美味しさのおかげで、300gを初老男子でも余裕をもって完食できるのです。それと麺上げの段階で、お客さんを見て、わんぱくなフリして大盛にして調子にのってる初老男子を完食に導くために、柔くしてくれたと思われます
見えない部分での気遣いが素晴らしいのです
 


























メンマと煮卵。特にこのメンマを食べに行くだけでも、この店に行く価値があると僕は思ってるんです。
 


























最後は大事にスープに沈めて温存してたチャーシューです。スープに沈めておいてても柔くならずに、肉の赤身の歯応えを楽しませてくれるのです。味噌との相性もバッチリなので合いますよね。ただただ旨いっす
 













最高でした
味噌の豚そばをレギュラーメニューで食べられる感動を再認識し、やっぱこの店は強いなぁと感心しました。店長さんは最近、G系のお店を食べ歩いてるようで自分もG系の限定を出したいし、お客さんからの要望も多いらしいのですが、レギュラーメニューを提供するだけでも日々忙しいと笑顔で話してくれました。レギュラーメニューの充実こそが店長さんにとっては1番嬉しいはずなので良かったです。
 













Wさんはずっと忙しそうに厨房でラーメンを作り続けてましたが、最後にWさんの限定麺をずっと待ってますと言うと「妥協のない、そして自分が納得できる限定麺の試行錯誤を続けてるので、もうしばらくお待ちください」と丁寧に答えてくれました
僕は、Wさんが自分らしさという個性、みなもとLOVEの精神、そしてお客さんを思う気持ちの大海原で、もがき苦しんでるなと思いました。今回の訪問が非常に有意義で、優秀なスタッフがいるみなもと屋がもっと好きになり、最高にいい店だと胸を張って色んな人に言いたいです
 













日本男児のみなもと屋は・・・
豚そばに 優しい気持ちを トッピング
 
ご馳走様でした。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント