記事一覧

麺組~味噌らーめん~

2014
 
宮城県で1番有名な店だと思う麺組に行ってみたいとずっと思ってました
最近はG系ラーメンを食べるのが年齢的に無理なので、これかはこういう店もに行ってみたいのです
とにかく混んでて駐車場に止めるのも大変だと聞いてたので、1番大変そうなメインの時間帯である12時ピッタリに行って確かめてみました。奇跡的に1台空いてたので飛び込みましたが、20台以上止められる駐車場が満車なのは、さすが有名店だなとしばらく立ち尽くしてしまいました・・
 


























しかし並びがないのが不思議なんですが、外の説明書きを読み、とにかく券売機で食券を先に買うシステムなので恐る恐る入店です・・。
 













入り口はシンプルながら歴史と風格のオーラで満たされて、都会のラーメン屋さんとは一味違う、まさに岩沼の超有名店と静かに主張してました
 













「いらっしゃいませ~」の店員さんの元気な声と活気のあるホールと厨房に、すぐにこの超有名店の全てを理解しました。受付で名前を書き、メニュー表を見て最初はやはり味噌ラーメンが食べたいと思い、券売機で味噌ラーメン800円を購入し店員さんにわたし、車には戻らずに店内の待合席で待ちます。やっぱり30分以上待ちましたが、全然苦になりませんでした
 







































メニューも品数よりも品質という感じだし、店の内外を改めて見て、後で登場する味噌ラーメンの器も含めて、日本芸術の数寄(すき)を思い出しました
それは風流の道を好む精神と美的センスを数寄と言うのですが、店内のいたる所に自然の素材を使い、柱はなるべく自然のままと、自然の優しさが最大のお客様のおもてなしになってるのです。素晴らしくいい店です
さすが1番のお店です
 


























小上がり席に座りその時を待ちます。店員さんの話では、営業時間は11時30分から通し営業をスープ切れになるまでやるそうです。大体3時から4時までには閉店してしまうそうです
 

 











そして着丼
「味噌ラーメン」
 













正直最初は油の多い普通の味噌ラーメンだなと思いました。しかしスープを一口飲んでしると、魚介のスープと味噌、炒め野菜の油が合わさって、甘味と辛味がバランスよく調和されて最高に美味しいのです。とにかくバランス重視を感じましたね
 













さらに別皿の辛味噌を溶かして飲んでみると、少量でも汗が噴き出るほど辛さが増すのです。それは野球で言うと、甘味と辛味が9回表まで0対0の緊迫した大接戦の試合をしてたのに最後、代打の助っ人外国人の辛味噌がサヨナラホームランを打ってしまったように、甘味を全く感じなくなってしまうのです。
 













麺は縮れの細麺が150gと少ないのですが自家製麺なので、さすがに美味しいです。個性があるわけではありませんが、やはりバランスがいいなと感心しました。
 













炒め野菜も、特に玉ねぎの歯応えがよかったですね
小さいサイコロタイプのチャーシューもキラリと輝いてました
器もそうですが全体的に小ぶりなんで最初はお腹いっぱいになるのか心配してました。結果はちょうどよかったんですけどね、他のお客さんは大盛りにしてる白い器を何度も見ました。














最後はスープを飲み干して、すっかり空になるほどの美味しさでした。宮城で1番な店の味は本当に凄かったです。器もいい仕事してますねと思ってしまいました














麺組で1番感心したのは、大満足で帰るお客さんを見送った後ホールの皆さんが器を片付けて力いっぱいテーブルを拭くんです。次のお客さんを迎える努力が素晴らしいんです。そして、印象的な事は混んでても意外と入りやすい、混んでることが苦にならない、1番であることを意識させない、これからもどんどん行きたいと思わせる優しいお店だったんです
 













日本男児の麺組は・・・
1番を 意識させない いいお店
 
ご馳走様でした。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント