記事一覧

ラーメンかいじ~ハーフ&ハーフ汁なしめんvol2~

2014
 
12月上旬から2週間程度、かいじでG系の限定麺をやってると聞き行ってきました
僕の中では年末と言えば、かいじのハーフ&ハーフ汁なしめんを思い出してしまうんです
昨年のこの限定麺の斬新さと美味しさに衝撃を受け、ずっと忘れられずにいたので今回は超楽しみにしてました
もちろんいつ行っても駐車場は広大なので車の心配はないのです。
 













人気があるのはわかってるのですが、極寒の夜に外で数人の待ちが相変わらずの大人気ぶりに久々にかいじに来たなと実感させてくれました
かいじの豚そばも最高なので正直悩みました。ただ豚そばはいつでも食べれると自分に言い聞かせました
 













食券を購入してから外で待つので、まずは中に入り券売機で限定麺850円の食券を購入です。前回のハーフ&ハーフ汁なしめんは多彩な味の変化を売りにしてたのですが、今回は和と洋の組み合わせをイメージさせるポップでした。これなら麺400gもいけそうな気もしました
 


























外のベンチに座って待つのは寒くても、もうすぐ美味しいラーメンが食べられるウキウキ感で楽しく、そして時間も短かかったですね
若いグループが多いのですが、女性のお客さんが多いのもかいじの特徴だなと思いました。もちろん初老男子も多いですよ
 













いよいよ入店です。今日はかいじのカスタマイズは使わない予定です、たぶん。やはり思うのは厨房の活気ですよね、スタッフの多さもあるのですが1人1人の仕事の役割をちゃんとこなした上での元気な声出しが、かいじの居心地の良さに繋がってるんだと思います。元気がない時や仕事で失敗した時はかいじで元気をもらうのが1番ですね



























そして着丼
「ハーフ&ハーフ汁なしめん
vol ナポリタン&レッドガーリック 特盛」
 













すぐに目に飛び込んできたのは、メンマ、しめじ、ネギ、ウインナーの縦のラインの存在ですね。特によかったのはシメジで、優しさとプリッとしたアクセントがさらに白という色味が斬新でした
メンマとネギはラーメンらしい、しめじとウインナーはナポリタンらしい、1番思ったのはこの限定麺とかいじのカフェのような店内のポップさがマッチしてラーメン屋さんというより、近所の喫茶店に思えた新たな価値観を与えてくれるハーフ&ハーフ汁なしめんなのです
 













まずはナポリタンの方から食べてみるとトマトソースが最高、そしてクセのあるアクセントもあるのはバジルが効いてるんです。更にその上をいく感心が麺なんです。この麺がこういう使われ方をすると麺自体の美味しさが増すんです。元々、汁なし麺自体が麺を楽しむラーメンなので、トマトソースとの相性もバッチリなんですよね
 













そしてレッドガーリックの麺。見た目は魚介のまぜそば的な感じなんですがピリッとした辛味が特徴的で、こっちも単品で食べきりたいくらいでした
 













後は全体を混ぜていっきに食べ進めます。すると辛いナポリタンに変身し、トマトソースと辛さと薬味のアクセントが効いてる大人が食べて美味しいと思える味になり、俺のナポリタンと呼びたくなりました
また、しめじとメンマの食感が最後に発揮されて完食まで飽きずに楽しむことができるのです。
 













そのままでも特盛麺400gはおいし過ぎて余裕で完食できるのですが、ニンニクを入れて旨酢を投入してみました。すると旨酢よりもニンニク独特ののピりリと効いたパンチ力が優秀なナポリタンに二郎の強烈な風を吹き込んでくれて、G系男子にピッタリな味わいになってくれました
やっぱニンニクって凄いんだなぁと最後になった気づきました。
 













あっという間に完食してしまって最近では珍しく特盛400gが少なく感じました。今日こそ、かいじらしいと思った限定麺はないです
さすが店長さんだなとレベルの高さと広くて深い想像力に、もっとかいじが好きになりました
 


























この限定麺の美味しさは、近所の喫茶店にナポリタンを食べに気楽に行ったら厨房で調理したのはイタリアの三ツ星レストランで10年修業して帰国した本気のシェフだったという味になってます
次回が今から非常に楽しみなハーフ&ハーフ汁なしめんなのは僕だけではないはずです
ちなみに、これが2013年のハーフ&ハーフめんです。来年も続けてほしいし伝統になって、かいじの定期的に提供する定番になってほしいです















 日本男児のハーフ&ハーフ汁しるなし麺vol2は・・・
食べ終わり 今年も満足 来年も
 
ご馳走様でした。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント