記事一覧

ヘルズキッチン~PAGE郎~

2015
 
今年まだヘルズキッチンに行けずにすでに4ケ月たってしまいました
今までこんなに行かない期間があったでしょうか
しかしPAGE郎のことは片時も忘れたことはありません
夜営業は20時までと早めに終了してしまうので仕事が終わってからだとダッシュで向かわないと渋滞もあるのでドキドキなんです。無事に到着すると、わかってたけど表の駐車場は満車で裏に向かいます。
 













裏は空いてたので良かったです。ただ、続々と車が来てお客さんが吸い込まれるように店内に入っていきました。満車なのが当たり前なのは何年たっても同じですね
 













久々に見るお店はカッコ良さと店内の賑わいを感じさせて、住宅街に突如出現した有名店は未来永劫、人気と繁栄が続くのです。この店に出会えて本当に良かったです
 













恐る恐る入店すると、カウンター席が空いてるので、すぐに券売機でお目当てのPAGE郎850円の食券を購入です。今はペイジとオジーの2つしかG系ラーメンはないのですが、この2つが強すぎると思うようになりました。店員さんに食券をわたし、野菜増し増し、ニンニク普通でお願いし着席です。
 


























メニュー表を見ると、アルティメッ鶏白湯が豚骨の変わりに登場したようで久しぶりだとメニューも変わるんだなぁと時の流れを感じました。しかしG系ラーメンの人気は変わらない不動の人気商品だとどの店に行っても思うのはこの店も同じです
 













今日のお客さんは仕事終わりの常連さんや若い男子グループと、ヘルズキッチンに行くのを楽しみにしてた感じが伝わる満面の笑顔で美味しいラーメンを食べてました。この店の常連さんの多さは、店員さんたちの真面目さと誠実な接客態度が美味しいラーメンと同じくらい素晴らしいからなんです
 













そして着丼
「PAGE郎 ニンニク増し 野菜増し増し」
 













さすがに素晴らしいです。僕にとってG系の味噌と言えば、このPAGE郎が元祖なので思い出深く、いつ食べても最高だしステンレスの器もPAGE郎に1番合ってると思います
 


























スープはゴマの風味、味噌、辛味、豚骨スープと全部の具材が最高なのは、それぞれの主張が強すぎないため美味しさの層になっており、まさに味噌スープのミルフィーユ状態なのです
だからマイルドで飲みやすいんですよ、最高です
 













また刻みニンニクと一味の両方による辛味とパンチ力が、マイルドなスープを強力に後押ししてくれて、レベルの高い味噌ラーメンだと思ってた僕に、G系の味噌ラーメンなんだぞとアントニオ猪木ばりにビンタをしてくて闘魂注入してくれるのです
 













そしてストレートの中太麺。やっぱり美味しい、硬さも太さもG系ラーメンにふさわしいベストな麺です。意外と柔目なんだなと初老男子にはピッタリで大喜びしてしまいました。いい麺です



























炙りチャーシューはバラ肉が2枚。さすがヘルズキッチンと思わざるえない大きさの食べ応えに思わず最高と言ってしまいました
 













器の底から麺を引っ張り上げると、一緒にネギが飛び出してきて新たな彩りに食欲がわらに湧いてきました。さらにキャベツ率の高さも良かったし、いいことしかないPAGE郎なのです
 


























最後は楽しみに取っておいた炙りチャーシューをペロッと一口で飲み込んでしまいました
 













やっぱりPAGE郎が最高に美味しいです
何年食べても飽きることのない最高傑作なのは3年以上食べ続けてる僕が言うんだから間違いないんじゃないでしょうか
 













混んでるのは当たり前、常連さんだらけの和気あいあいな店内の温かさ、帰り際の店員さんたちの「ありがとうございます、お気を付けてお帰りなさい」が、すぐにでもまた来店したいと思わせる最優良店なのです。次回は出来るだけ早く、OZZY郎を食べに行きます。
 













日本男児のヘルズキッチンは・・・
ヘルキチの 屋台骨です PAGE郎
 
ご馳走様でした。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント