記事一覧

ラーメンジャパン~汁なしラーメン~

2015
 
2日前のナッツとゴマの坦々麺風が最高だったのは、スパイシー挽き肉の存在が大きいと僕は思ってます
ラーメンジャパンのツイッターで次の日からスパイシー挽き肉を50円トッピングで在庫が切れるまで提供してるということで、我慢できずに行ってきました
終了してないことを祈りつつ、天気が良かったので自転車で向かいます
 













到着し、とりあえず駐車場をチェックしてみると、思った通り満車でお昼のメインの時間帯に自転車で来て正解だったなと思いました
 













外からではわかりにくかったけど、入店してみるとほぼ満席でカウンター席が1つだけ空いてたのですぐに座りました。今日のお客さんは現場で働く作業員が多く、サラリーマンの姿もありました。ガッツリ食べて午後もたくさん働けるように、そしてちょっとの会話を大切にしてるので楽しい気持ちで店を出ることができるのです
 













注文は汁なしラーメン850円とスパイシー挽き肉50円を注文です。ギリギリ、挽き肉が残ってたようで安心しました。満席で、しかも次々来店してくるお客さんがいるので、1人で営業してるので非常に忙しそうでした
大変そうだなぁと思いましたが、これが店主さんにとっては毎日の当たり前の光景なんでしょうね。
 













そして着丼
「汁なしラーメン ニンニク 野菜増し」
 













あれっ
スパイシー挽き肉の姿が見えないのです。イメージでは野菜の上から挽き肉がパラパラかけてくれてると思ってたのですが、器の底とかスープに入ってるのかなと気にもせずに食べ始めました
 













卵黄は後半に混ぜてマイルドな味わいにしようと思ってるので隅にどけて、スープを見てみます。普通の汁なし麺は器の底には濃いタレが少な目にあるのですが、この店は少なめの豚骨スープに醤油や魚粉、黒胡椒を混ぜて濃い目にして味わい深いスープなんです
 













自家製太麺が280gには黒胡椒がくっついてくるのでピリッとした辛さがあり、この瞬間が汁なしを食べてるなと実感が湧くんです、最高
 

 











すっかりスパイシー挽き肉のことを忘れてたのですが・・、厨房で忙しくラーメンを作ってた店主さんが突然「あっ!こーじさん、すみません💦」という大きな声が聞こえてきたのです(他のお客さんもビックリ
)。何が起こったのかわからなかったのですが、慌てて店主さんが僕の汁なしラーメンを回収に来て「スパイシー挽き肉を入れるのを忘れてしまいました、スミマセン💦」と挽き肉をかけてくれました。やっぱりそうか
と思ったのですが、相当申し訳ないと思ったらしく、大量にスパイシー挽き肉をかけてくれたのです
そんなに食べられないと思ったのですが、よく混ぜて食べてみると、あまりの美味しさにビックリしてしまいました。今まで挽き肉をそんなに気にしてなかったのですが、いつも優しく寄り添ってくれるのに力強さが素晴らしい、北斗の拳に登場する`山のフドウ´を思い出させてくれました
 


























豚は脂身もある柔らかい2枚。しかし、汁なしなのでよく混ぜてしまい原型を留めることなく美味しく食べ進めることができました
 













もちろん、卵黄を壊して全体をまろやかにして美味しさが倍増なのです。今いるお客さんのほとんどが汁なしラーメンなのは器がステンレスなのでわかります。それだけ、この店の汁なしラーメンがみんな大好きなのです
 













今回のスパイシー挽き肉はこれで終了で次の予定は未定です
これが50円トッピングなのは奇跡です。もしいつか再登場するなら100円トッピングになると思われます。それでも野菜にかけることで美味しさが増すので、ずっと期待して待つしかないです。



























店主さんの成長と店の成長、そしてラーメンには厚みと深さが出て、他のお客さんも来店するたびに前回よりもさらに良くなってる今回に気づくのです。その繰り返しが素晴らしいと、次回の訪問が早速楽しみになってます
 













日本男児のラーメンジャパンは・・・
成長し 太麺以外も レベルアップ
 
ご馳走様でした。



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こーじ

Author:こーじ
こーじの日記

AD

AD

AD

AD

.side_by_side { width: 696px; margin-bottom: 20px; } .side_left, .side_right{ margin-left: 12px; display: inline; float: left; } .clear { clear: both; } .side_p { text-align:left; margin-left: 15px; }