記事一覧

G麺屋たいら~禁断のみそマッチョ麺~

2015
 
たまたま行ってみたら、なんと味噌の限定麺があることに気づきました
オープンして約4か月だと思うんだけど、初めて限定麺を見た気がします。本当はまぜそばを食べに来たのですが、それはいつでも食べられるってことで今日はみそに変更です
G麺屋は会社や工場が近所にあるので大人のお客さんが多く、G系ラーメン屋さんは学生さんが多いイメージなのにあまり見かけないので安心感が僕にはあります
 


























限定のポップを見るかぎり、あんまり普通の味噌を感じない特別な感じがあり非常に興奮しました
早速入店し、券売機で今月のG麺850円の食券を購入し助手さんにわたし、大盛、ニンニク有でお願いしました。
 


























カウンター席に座り、周りを見るとやはり仕事終わりの会社員ばかりで僕と同じく作業着姿が目立ちました
年齢層も幅広く僕より年上な先輩方もガツガツ食べて笑顔で帰ってました。G系ラーメンこそ、もっとも食べることを楽しませてくれるソウルフードなのかもしれません
 


























そして着丼
「禁断のみそマッチョ麺 大盛 ニンニク」
 













すぐに見た目のバランスの良さに感心しました。盛りの良さを感じさせない色の配置とバランス、特に水菜のみずみずしさが強調されて、ネギの斜め切りで輝きのある白さも全体の完成度の高さを演出してました
豚を1枚にして煮卵にしたことも、1つの器で多くの食材を見るという視覚を刺激して食欲増進に繋げる工夫も素晴らしかったです。基本と呼ぶべき醤油があって味噌を出す時に、見た目が一緒では意味がない大事なのは創意工夫なんです
 


























スープは味噌豚骨。コクがありますがイメージしてたような濃厚さはなく逆にビックリしました
G系の味噌なので重いと決めつけてたのですが、辛味もなく味噌のコクと甘み、特に豚骨スープ自体に入ってる香味野菜によるすっきりした感覚も感じられ、よかったんですよ
 













自家製麺の太麺は大盛300g。モッチリ感が美味しい、太さもちょうどいい、量も大満足と言うことがないのですが、味噌にも合ってると自家製麺の素晴らしさを今回も実感しました
 


























豚は5ミリほどの厚さで柔らかく、すぐに崩れてしまうことで麺と一緒に食べる喜びがあるんです。また1枚でも満足度が高いです
 













やはり1番の感心は、野菜のモヤシ、キャベツ、ネギ、みずなが色んなシャキシャキという歯応えという音色は本当に最高でした
 













G麺屋と言えば、豊富な卓上調味料の存在。今回は味噌なのでやはり唐辛子を投入してピリ辛にして、汗をかきながら美味しく完食しました。最高でした
 


























最後のスープは唐辛子で赤くなってしまいましたが、こんなに満足するなんて思わなかったです。しかもいつも食べてるマッチョ麺はスープを覆う油が多くて僕にはキツイと思ってしまうのですが、味噌は油が少なく感じ、優しく思えました。
 













G麺屋に行ったら、あの枯山水お手洗いを使用して帰ります。この場所は複合商業施設なので駐車場が50台分あり、いつ行っても車の心配はないのです。逆に言うと車じゃないと行けないのが学生をあまり見かけない理由の1つかもしれませんね
それでも、この店のおかげでG系ラーメンを仕事帰りに気軽に食べられるので本当に有難いと思ってるんです。最高にいい店です
 


























日本男児のみそマッチョ麺は・・・
限定も 美味しさ爆発 これぞG系
 
ご馳走様でした。



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

.side_by_side { width: 696px; margin-bottom: 20px; } .side_left, .side_right{ margin-left: 12px; display: inline; float: left; } .clear { clear: both; } .side_p { text-align:left; margin-left: 15px; }