記事一覧

ラーメンみなもと屋~旨辛チーズまぜそば~

2015
 
2ヶ月ぶりの訪問です
最近はみなもと屋の天井知らずの人気の高さを知ってしまい、混んでるんだろうなと思うと行く頻度も減ってしまうんです
しかし今回のまぜそばの限定麺がどうしても食べたいと週始めでも関係なく行ってきました
 













もちろん行く途中にある龍冴は信号待ちの時に、チラッと横目で見ただけです
相変わらず満席でしたが、店長さん
(ラオウ)のオーラを感じなかったので不在なんだなと厨房は見えなかったけど、ハッキリとわかりました
 













無事到着し、駐車場に入ると広い共同駐車場がほぼ満車で、しばらく待ってやっと1台空いたので飛び込みました。お店からは1番遠い場所でしたが、みなもと屋の裏の入り口の窓から巨体の影が見えて、今日は店長さんが麺上げでWさんは休みなんだろうなと思いました。巨体のシルエットから、北斗の拳に登場する`山のフドウ´と全く同じに見えました
 


























外からだと混んでないように見えますが、明日が限定麺の最終日で具材切れで終了になるのを恐れた僕と同じ考えのお客さんがたくさん押し寄せたようで、実はカウンター席はほぼ満席だったのです
今のみなもと屋は、店長さんの想像力豊かな限定麺とWさんの接客の素晴らしさのそれぞれの個性が十分に発揮され、人気がある理由が明白なんです。行く前も行った後も、この店は強いと感心しかないです
 













早速入店し、券売機で旨辛チーズまぜそば850円の食券を購入です。ポップはみなもと屋らしく、シンプルでしたよ。ただ間違いなく、まぜそばの方はシンプルではない複雑な美味しいさが待ってるはずです
 


























店内は衝撃のカウンター席がG系男子と僕でちょうど満席、テーブル席も家族連れとサラリーマンのグループと、今のみなもと屋を象徴する光景が嬉しかったです
店長さんと助手さん2名で元気に迎えてくれて、仕事の疲れが一瞬で吹っ飛んでしまいました
しかもほぼ全員、豚そばとまぜそばの注文だったので厨房は大忙しで、1度に何個もラーメンを作っては配膳してました。僕のまぜそばも店長さん自ら配膳してくれて大変そうでしたが、挨拶をしてくれました
以前の店長さんはなんとなく疲れて体が小さく見えましたが、今日の店長さんは元気ハツラツで気力がみなぎって、本当に山のフドウのように大きく見えました
それと目の輝きが増してるようで、これも山のフドウと一緒で、澄んだキレイな目になってました
 













そして着丼
「旨辛チーズまぜそば 大盛 ニンニク多め」
 













久々に店長さんらしい
こういうジャンクなG系を僕は昨年の牛ジャンクそば以降ずっと待ってたのです。今、人気が高いこの店に必要なのはみなもと屋らしさではなく、店長さんらしさが爆発した限定麺だと思ってたのは僕だけではないはずなのです
その証拠に両隣のお客さんもまぜそばを食べて満足そうにしてますから
 


























このまぜそばは、トッピングのチャーシュー、ニンニク、粉チーズ、チェダーチーズ、とろけるチーズと、アイボリーな色が多く見た目は優しく心が和みました。そして3種のチーズの香りも最高なんです
 


























野菜もチーズのコクと塩分で非常に美味しいのです。ニンニクのパンチのある辛さと旨辛スープのダブルの辛さはイメージしてたより辛さはなく、ひたすらに美味しいジャンクな味わいでした
 


























そして、豚そば専用の太麺が大盛300g。この美味しさは麺の優秀さにチーズのまろやかさが絡みついて、孤高な味わいとなってました
100円プラスして特盛にすればよかったと後悔するほど美味しかったんです。このジャンクなまぜそばを食べて久々に、ジャンクロードバンダムにも食べさせたい
と思っちゃいました
 


























このまま食べ続けても余裕で完食するのですが、旨酢を投入すると3種のチーズのコクを酸味が引き締めてくれて、食べやすくなり食べるスピードが上がってしまいました
 













最後は大事に温存しておいた炙りチャーシューです。見た目で何か一手間して提供してくれてるはわかってたのですが、あまりの美味しさに何も考えずにペロリと食べてしまい、どんな一手間だったのか気づきませんでした
他のお客さんも一緒だと思います。
 













とにかく全てが最高
もう一度食券を買って、大盛でまぜそばを食べることも可能だと本気で思うほど美味しかったです
店長さんの実力を発揮させ、本店時代からの店長さんファンも納得する最高傑作でした
 













最近のみなもと屋は昼営業の混雑が夜営業まで飛び火し、いつでもお客さんの出入りが絶えない超人気店になってます。店長さんは麺上げで忙しいのに、少しでも時間があるとホールに出てお客さんと積極的にコミュニケーションを取ろうとしてます
ラーメンの方もみなもと屋らしさを進化させ、さらに自分らしさを追求した限定麺も次々投入し、新旧のお客さんを喜ばせてくれてます。今の店長さんは山のフドウと同じ、優しさと鬼の血で一人一人のお客さんを喜ばせるために戦ってます。もし、この状況を視察にきたラオウも無意識に足が震えると思います。それだけ今のみなもと屋は強いです。そして、最高にいい店です
 













日本男児のまぜそばは・・・
ジャンクさは 個性と創意の みなもと屋
 
ご馳走様でした。



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こーじ

Author:こーじ
こーじの日記

AD

AD

AD

AD

.side_by_side { width: 696px; margin-bottom: 20px; } .side_left, .side_right{ margin-left: 12px; display: inline; float: left; } .clear { clear: both; } .side_p { text-align:left; margin-left: 15px; }