記事一覧

麺屋とがし 龍冴~スタミナンブタソバX~

2015
 
龍冴で久々の豚そばの限定が始まると聞き、我慢できずにすぐ行ってきました
今回の限定で大興奮だったのは、店長さんが鍋を降るらしいのです。僕の中では店長さんが鍋を使う時は本気を出す、しかも年に1度あるかないかの貴重な事なのに今年は味噌らーめんに続いて2度目なので想定してなかったです・・
だからでしょうか
駐車場は満車で、しばらく空くまで待ちました














ダッシュでお店に向かうと、3連休の初日、そして限定2日目ということで、劇的に混んでました
龍冴らしいのは、ほとんどのお客さんは会社員か近所の学生さんなんです。
 













外から店内を覗くと満席よりも今日の麺上げ担当さんが店長さん、つまりシャカ(もっとも神に近い男)ということなので店内外には小宇宙(コスモ)が満ち溢れ、ただならぬ緊張感を感じました
 













入店すると華やかな女性店員さんとシャカの「いらっしゃいませっ!」は忙しさを感じさせない都会のオアシス的存在の龍冴を象徴する光景なんです。相変わらずいい店だなと思いつつ、超楽しみにしてた限定麺`スタミナンブタソバX´880円の食券を購入し、助手さんに食券をわたし、大盛、ニンニク多めでお願いしました



























券売機の隣で待ちますが、この店の人気の高さはいつの時代も不変、先頭を走り続ける苦悩や喜びさえも全て受け止めて、振り返らずに今の目の前にいるお客さんに全力投球なのです
 













カウンター席に座り、周りのお客さんのラーメンを見ると、カツオらーめん、海老らーめん、豚そば、つけ麺、限定麺と、1つのメニューだけに片寄るのではなく全てのメニューが人気ある、レベルの高さをここでも見せつけられました
 













楽しみにしてた炒め野菜は、店長さんが鉄鍋を使う=シャカが目を開いて最大奥義`天舞宝輪´を発動する時なので絶対見に行ったほうがいいです
ナンプラーの味付けで野菜を炒めて、最後にパクチーとニラを投入して完成させてました
天舞宝輪は攻防一体の戦陣なので最強、美味しさも最高なのです
 













一方、店長さんの忙しさをサポートする助手さんが麺上げを担当したのですが、店長さんの鍋振りに目が釘づけだったので、気づいた時は思わず2度見してしまいました(いつもより厨房が大きく見えました
)。最後の仕上げはもちろん
店長さんが担当してましたが、龍冴で1番頑張ってる助手さんがこのまま最後までやっても問題ない実力を目の当たりにし、足が震えました
 


























そして着丼
「スタミナンブタソバX~
ver.タイ風野菜炒め~ 大盛 ニンニク多め」
 













炒め野菜が最高
スタミナという暑い夏にふさわしいラーメンをタイ風でしかも豚そばのG系でなので食べるのが非常に楽しみなんです
暑さには熱さをという目には目を的な発想がいいですね
 


























炒め野菜に入ってるパクチーは確かに独特の青臭さは少しだけありましたが、いつものモヤシとキャベツの野菜にアクセントを与えてくれる不思議な力を感じました
ニラやネギの他の青物野菜もいい仕事してくれてました。
 













スープもタイの調味料を使ってるようで、独特な美味しさと後から辛味がやってくるのです。今までにない不思議な味わいがあったのですが、ただ僕自身がラーメンの味もタイの食材のこともよく知らないので、深く味わうことができませんでした・・
一言だけ、メチャメチャ旨いです
ニンニクも個性的な食材が多いタイ風のスープに非常に合ってました
 


























炙りチャーシューの香ばしさと、炒め野菜の豚バラ肉の食べやすさが龍冴らしいです。両方バラ肉なのに、調理方法がバラバラなのです
 













麺は当然、豚そば専用の太麺が大盛300g。本店と同じ優秀なこの麺は硬めに茹で上げるのが龍冴の特徴なのですが、今日の麺は女性店員さんが担当したことで物腰が柔らかい優しい麺に感じて、非常に美味しかったです
 


























後半は、個性派揃いの食材たちの様々な味を楽しみました
特にパクチーと唐辛子の刺激、豚肉の食べやすさ、スタミナとタイを見事に融合させ、さらにそれを人気ナンバー1の豚そばにした最高傑作になってました
 


























最後は大事に温存してた炙りチャーシューをゆっくり食べて完食です。あまりの美味しさに旨酢を使うのを忘れてしまいました
 













今回の限定麺はタイの食材を使った、しかも炒め野菜のレベルの高い豚そばになってます。店長さんの経験と実力ナンバー1を見せつけて、得意分野の王道から一歩踏み込んだチャレンジ作にもなってるのです。今年2度目の鉄鍋使用という本気のサプライズに話題性も抜群ですよ
 













今日の夜営業の龍冴は、ずーと満席のままで働いてる皆さんは大変そうでしたが、笑顔での接客、美味しいラーメンの提供、そして帰るお客さんへの感謝の挨拶と見てて清々しい気持ちになりました。都会の一角に咲いたひまわりの花は、暑い夏に優しい笑顔を振りまいて、お客さんのお腹と心を満たしてました。僕も大満足で元気に外に飛び出すと、その後も続々とお客さんが来店して閉店まで客足は途切れない感じでした
涙が出るほど最高にいい店です。
 













日本男児の龍冴の限定麺は・・・
鉄鍋は 本気の証 天舞宝輪
 
ご馳走様でした。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント