記事一覧

麺屋とがし 龍冴~以熱治熱2 韓国まぜそば~

2015
 
龍冴でスタミナ限定第2弾が8月3日~9日の夜限定で1週間提供してると聞き、行ってきました
この日は七夕祭りの前夜祭で花火大会だったので、龍冴は空いてるんじゃないかと期待して・・いや、七夕に`龍冴が空いてますように´と願いを込めました
最近は龍冴の駐車場もほぼ認知され、満車な時も多々あるので怖くなりました。でも今日は大丈夫、8番が空いてました
 


























ダッシュでお店に向かうと、いつもの満席の龍冴ではなく久々に見るまったり営業な時間帯に当たって非常にラッキーでした
もしかして願いが叶った
 













外から店内を覗くと、限定を担当したTさんの姿が見えました。やはり担当者さんから提供してもらう方がワクワクすると思います
Tさんの限定麺は1週間と短めなので早く行かなきゃと焦ってしまうのですが、それはTさんの生き方と同じで太く短くなのです
 













入店し「いらっしゃいませっ!」の男子のみの熱苦しい営業に思わず苦笑いなのですが、そんなことは関係ない
韓国まぜそば880円の食券を購入しました。Tさん担当だと小さくアピールしてる高館マークが神々しかったです
 


























カウンター席に座り、助手さんに大盛、ニンニク多めでお願いしました。他のお客さんも限定麺が多かったのですが、豊富なレギュラーメニューを注文するサラリーマン達は本物の龍冴ファンなのです
久々に券売機全体の写真を撮りました
 


























今日こそ旨酢を使うんじゃないかとイメージしてたのですが、またしても残念ながら美味し過ぎて夢中で食べてしまったので忘れました



























厨房ではTさんが次々とラーメンを作り上げては助手さんが素早く提供してお客さんを喜ばせてました
社員になって数か月・・すでに、厨房を自分の庭のように縦横無尽に動き回り、テキパキと仕事する姿は店長さんが不在でも全く問題ない、まるでラオウに忠義を誓ったはずの天狼のリョウガのように、本当は狼の目で宿命の時代を天空から見て、極星になるチャンスをうかがってるのです
その光景を目の当たりにした僕は、天狼凍冴拳をくらったように寒くて足が震えました
 













そして着丼
「以熱治熱2韓国まぜそば 大盛 ニンニク多め」
 













納豆が中心にトッピングされてると聞いてましたが、やっぱり実際に見るとインパクトがあります。しかも周りのトッピングは、キムチ、甘辛牛肉、チーズ、ニラ、そしてニンニクと最強の布陣でこのまぜそばを彩ってました
 













特に甘辛牛肉の間違いない旨さの隣にチーズと誰が見ても最強、まるでスタン・ハンセンとビッグバンベイダーがコンビを組んでしまった最強すぎる、いや罪な組み合わせに言葉を失いました・・
 













さらに緑の彩りと栄養価の高いニラ、韓国と言えばキムチ、そしてスタミナの代表的存在のニンニクと、全て見ただけで元気になれる食材たちに、どこから箸をつけていいかわかりませんでした・・
 













そして麺はストレートの中太麺。つけ麺専用で大盛300gと食べ応え満点。この麺をいつもより短い茹で時間にして、もっちり感と噛み応えの間を狙う絶妙なバランスが素晴らしかったです
この優秀な麺は昨年から導入し、今では定番のつけ麺として高い評価のまま他の限定麺にも使われているのです。なので、旨辛のタレがしっかり絡んで最高に美味しかったです
 


























やっぱ牛肉の存在が非常に有難いです。甘辛で煮込んであるので食べやすいし、麺に合いますね。韓国らしさが強調されて大変良かったです
 













そして最も最高だったキムチです。キムチの辛さ、酸味、白菜のシャキシャキの歯応えは、三拍子揃った優秀な食材なので、絶妙にこのまぜそばを包み混んで美味しさを引き立ててくれてました。それはまるで、ヨン様がお忍びで来日したはずが、空港でファンが出待ちをして困らせてしまったのに深々と頭を下げて感謝してくれた、あの感動を思い出すキムチの活躍でした
 













全体を混ぜてみると納豆とチーズによる糸を引く旨さは、まさにマイケル・ジャクソンもビックリの器の中のネバネバでネバーランド状態なのであります
そして辛さも最後は劇的に辛かったですよ。この美味しさの多段連続攻撃は、餓狼伝説2に登場する韓国代表キム・カッファンの超必殺技`鳳凰脚´を彷彿させ興奮しました
 













無我夢中で食べ続け、旨酢を使うのも忘れて余裕で完食してしまいました。和食の王道的存在の納豆と、韓国の個性と感情を象徴する多彩なスタミナのつく食材の夢の競演はあっという間に終わりを告げて、最高に美味しかったと元気になりました
 













大満足で席を立ち「ご馳走様でした!」と大声で言うとTさんが挨拶に来てくれて少しだけ話をしてくれました。Tさんは自分のまだまだな部分を隠す事無く素直に認めた上で、これからも失敗を恐れずにチャレンジしたいと熱く言ってくれました
Tさんは店長さんと比べると30%の能力しかないのかもしれないのですが、しかしTさんの中に居るもう1人の自分が30%の能力を100%出し切らせようとプロデュースしてくれるのです。他店の店長さんもTさんは見せ方ややり方が上手いと評価してるのは、そういうことなのです。それはポップ制作やグログの書き方、お客さんとの接し方に出てます。次回の限定麺が楽しみだし、Tさんが作る豚そばも食べに行きたいと期待が膨らむ今回の龍冴訪問でした。店の成長は働く人の成長と比例すると教えてくれる、龍冴は最高にいい店です
 













日本男児の以熱治熱2韓国まぜそばは・・・
七夕に 願った食材 ネバーランド
 
ご馳走様でした。



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

.side_by_side { width: 696px; margin-bottom: 20px; } .side_left, .side_right{ margin-left: 12px; display: inline; float: left; } .clear { clear: both; } .side_p { text-align:left; margin-left: 15px; }