記事一覧

たいやき藤家~つけめん~

2015
 
最近は藤家に行く機会もだいぶ減ってしまいました
しかし、この店の不変の人気と話題性は行かずとも多方面から伝わってくるんです
朝10時からG系ラーメンが食べられる喜びは今でもこの店だけなので、夏の暑い朝に行ってきました
店主さんは元気なんでしょうか
 













太陽が出てなくても暑い朝10時なので、到着すると開店はしてましたが、まだお客さんは来てませんでした。この店に出会って約3年・・、実はまだ`つけめん´を食べたことがないのです。そもそも僕がつけ麺を食べないので気にしたことなかったです。ただ今日は30度超えの蒸し暑い日になるべく汗をかきたくないので、つけめんを食べてみます
 

 











入店すると「いらっしゃいませっ!あれっ!?」と久々の来店なので喜んでくれました
早速券売機で`つけめん´のボタンを見ると750円と藤家にしては高め
なので少し悩みました。それはラーメン+豚増しと同じ値段なので、元G系男子だった初老男子とはいえ、しばらく考え込みました
それだけコストパフォーマンスが高いお店なんですよ、色んなラーメン屋さんに行って藤家に帰ってくると、やっぱりこの店は凄いですよ
 


























食券を店主さんにわたし、まずスープを醤油か豚骨を選択します。後はラーメンと同じコールなんで、ニンニク、野菜増し増しでお願いしました
久々の藤家なので野菜増し増しを自然に注文してる自分にビックリしてます・・
 













席に座って待ってると、どんどんお客さんが来てしまい、カウンター席は満席になってしまいました。しかも、皆さん若いのに朝だから
野菜少なめの人が多かったので、自分の悪ふざけに足が震えました・・
 













そして着丼
「つけめん ニンニク 野菜増し増し」
 













つけめんだと器が3つになるんですね
衝撃なのは野菜だけの器で、野菜だけでこんな量なの
足が震えました。麺200gが少なく見えました・・
 













つけめん用のスープは、ざっくり言うとラーメンの豚骨醤油にゴマをプラスして風味とコクを増した感じの熱いスープです。なので、いつも通りニンニクと一緒に飲んでみると、つけめん用のスープなので濃い目ではあるんですが、ビリリと刺激され、藤家らしさを改めて実感しました
 













そしていつもの太麺のストレートは三河屋製麺。麺の量が200gとつけめんにしては少なめではあるんですが、この太麺を初めて冷水でしめた状態で食べました。茹で上げの状態では美味しさ、もっちり感、適度な歯応えと三拍子揃った優秀な麺なのですが、冷やすとさらに弾力が増して硬くなり、適度なもっちり感と逆な(裏の顔)感じが斬新でした。
 


























とにかく野菜増し増しなので、食べるのに時間がかかってしまいました
コストパフォーマンスナンバー1のお店なのにキャベツ率もナンバー1な本当に素晴らしいお店です。ただお腹いっぱいになってもらうのではなく、全ての意味で満足になって帰ってもらいたいと願う店主さんの優しさがお客さんに伝わってるんです
 


























豚は肩ロースなので脂身が少なく、身がしっかりしてるので歯応えが最高です。今回はスープにしっかり浸かってないので、肉本来の味をしっかり味わうことができました。初老男子でも豚増しにして食べたいと思わせるレベルの高い豚なんですよ。
 













夏の暑さの中、超お腹いっぱいなのに汗をかくこともなく完食できて良かったです。藤家のつけめんは最初考えてなかったそうです。しかしお客さんからの要望が多かったので考案したそうです
 


























藤家の営業時間は10時から21時までの通し営業なのですが、ほとんどの場合19時ごろまでには麺切れで終了してる可能性が高いです。たぶん季節に関係なく19時がタイムリミットだと思われます
 













近所の小学生が作った、すいせん通りの飲食店マップの1ページ目がたいやき藤家になってます。場所や特徴など小学生なりの視点で藤家をバックアップしてあり、この店が地域の皆さんに愛されてるんだなと感動しました
この先、何十年もこの場所でG系ラーメンを近所の皆さんに提供して、地域の顔として頑張ってほしいです。
 













毎回早めの時間に行って朝のお客さんと朝二郎してたので、今度は夜に行ってみようと思います。二郎インスパの代表的な最高にいい店です
 













日本男児のたいやき藤家は・・・
つけめんで 野菜増し増し 朝二郎
 
ご馳走様でした。



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

.side_by_side { width: 696px; margin-bottom: 20px; } .side_left, .side_right{ margin-left: 12px; display: inline; float: left; } .clear { clear: both; } .side_p { text-align:left; margin-left: 15px; }