記事一覧

らーめんかいじ泉店~冷やし豚そば~

2015
 
かいじ泉店のこの限定麺(8月10日から約2週間)を6月ぐらいから、ずっと待ってました
今年の夏は数店のG系の冷やし麺を食べる機会が多く、その完成度の高さを実感しました。そしてその最後に登場するのが、かいじの`冷やし豚そば´なのです。最後というプレッシャーに、全く関係ない僕なのに緊張してます・・
 













駐車場はご存知、広大なので店前に止めなくてもいいんです。店前に車が無いからと安心してお店に向かうと満席かいっ
と絶対になりますから気をつけてください。
 













さっきまで外に3人の並びを確認できたのですが、学生さんや会社員のグループが楽しそうに入店しては大満足の笑顔で店を出る光景を何年も見てます
今日も有名店の看板は色あせることなく、以前よりも輝きは増してるのです
 

 











まずは券売機で限定麺`冷やし豚そば´880円の食券を購入です。前回のハーフ&ハーフ汁なしめんVol3の興奮冷めやらない僕に、冷やし豚そばの追い打ちで、かいじ泉店のレベルの高い本気を感じてます
 


























待合席で待つことになるのですが、限定麺があってもなくても永久不変の人気の高さ、レギュラーメニューの完成度の高さで、いつ行っても店内は満席なんです。さらに外までの並びになったとしても、楽しみ過ぎて全然苦にならないのです
 


























その間に店員さんが食券を回収に来たので、大盛、ニンニク普通、背脂並
でお願いしました
今食券を回収に来た店員さんが塩ぶたそばと、今回の冷やし豚そばを担当された方だなと優秀そうな雰囲気ですぐにわかりました
この人こそ、僕が今、最も期待してる将来有望な方なのです
自分の限定を提供中なのにホールを担当してるんだなと、かいじの選手層の厚さを見せつけられました。まるで今のジャイアンツのようなFAで獲得した選手とドラフトで獲得して育てた若手が見事に融合し最強のチームになってるのと同じ状況がこの店にはありました
 













すぐにカウンター席が空いたので着席です。カウンター席には会社員の姿が多く、若い人は限定麺、年齢が高めの人はラーメンやつけ麺と、住み分けができてるんです。そして麺上げを担当してたのは店長さんで、麺上げしつつも、周りの若いスタッフさんとのコミュニケーションを積極的にして厨房の潤滑油のような存在として頑張ってました
しかもお客さん1人1人をチェックしてるようで、1番遠い席の僕もすぐに気づいてました
 













F1のピットのような職人の集団でラーメンを分担制で仕事をしてるので、1秒1秒が短縮され提供が早いんです
 
そして着席
「冷やし豚そば 大盛 ニンニク 背脂」
 













こんなにボリュームあるとは思わなかったです
今回の限定、かいじでは珍しく豚そば系なのに大盛まで無料で特盛は100円プラスなのです。その意味は大盛でもかなりのボリュームになり完食できない可能性があるんです。実際、隣の席の若者はガッツリ
残して帰ってたので、初老男子の僕は余裕だぜ
とニヤリと悪い男の表情をしてましたが、足の震えが止まらずに心の中で泣いてました
 













豪快な豚そばが夏の爽やかな野菜に囲まれて涼しさを演出してました。しかも器を限定用に冷やしてたので、器に手を添えるとひんやりして気持ちいいんですよ
 













大根と人参で盛りを築き、その上から特製ピリ辛ドレッシングをかけて、さらに背脂とダブルの食べやすさで野菜だけでも美味しいのが冷やG系の特徴ですよね
 













レタスの葉におろし生姜を添えてある気遣いも、この限定麺担当者さんらしいなと思いました。プチトマトの赤も夏とポップな彩りにピッタリなんです
 


























タレはニンニク醤油なんですが、野菜の上からかけてくれたドレッシングがすぐに下のタレに到達して白くなってました。だから最初から白いわけではないんです
 













そして豚は大きめにカットされてる2枚です。この豚のおかげて野菜のボリューム感にパワフル感がプラスされ、まさに冷やし豚そばのマッスルドッキングだなと、みんな言ってました
(たぶん
)
 













実は1番楽しみにしてたのは、この限定麺のためだけに用意された特別な自家製麺なんです。大盛300gの太麺は、つけ麺のもっちり感とラーメンの歯応えのちょうど間の絶妙さが美味しいと思いました
他店で食べた冷やし麺はラーメン用の麺を流水で冷やして提供してましたが、かいじはわざわざ専用麺を作り上げる準備が素晴らしいと思いました
お客さんを喜ばせる努力が見え隠れして、器の中の全ての具材は考え尽くされた試行錯誤の美味しさで溢れてました
 


























後半のお楽しみ、おろし生姜を絡ませて食べてみるとドレッシングや背脂のコッテリ感を爽やかな清涼感で全体を優しく包み込んでくれて、食べやすくなりました
まだまだボリューム満点だったのに、食べるスピードが上がりました
 













もしかしてと思い、卓上の刻み生姜も使ってみました。歯応えと酸味は確かに感じましたが、おろし生姜の清涼感はありませんでした。おろし生姜が優等生だと印象付けるための刻み生姜でした
 

 











とにかく豪快に食べて、劇的にお腹いっぱいになりました
普通の冷やし麺や冷やし中華ではお腹いっぱいにならないので、G系の冷やしは最高ですね
飲み会でみんなで食べる用に注文した大根サラダを1人で食べちゃったような感覚です
 













最後は大事にタレに沈めて温存してた豚です。この豚はいつもの豚そば用と同じらしいのですがスープに入ってない、炙ってもない状態で食べたのが初めてなので、この限定麺専用に仕込んだのかな
と思ってしまいました。他のお客さんでもそう思った人がいたらしいです。本当に美味しかったので、ゆっくり食べたかったけど夢中だったのであっという間でした・・
 













大満足の劇的にお腹いっぱいで完食しました
僕も他のお客さんも、食欲がない今の暑い時期に、体力がつく冷やし豚そばを食べられて最高でした。しかも、期待を裏切らない創意工夫がしっかり考え尽くされた最高傑作に感動すらありました
 













飲むのを忘れてた水をイッキに飲み干し、帰ろうとすると冷やし豚そばを担当したSさんがわざわざ名刺を持って挨拶に来てくれました
こんな几帳面な人だったとは知らなかったのでビックリしましたが、名刺は今の自分を売り込むアイテムだけではなく、将来の自分への投資になるはずなので、名刺を配るのは非常にいい事です。6月ぐらいからずっと待ってた限定麺なので、僕の方が熱く最高に美味しかったことを語ってしまいました
ついでに、前回の塩豚そばもいまだに美味しかったと考える時があると言わせてもらいました
少しだけ会話してもらいましたが、1番大事な人柄の良さと優しさが伝わり素晴らしかったです
ホールで忙しく動き回りながらも、限定麺を食べてくれたお客さんの意見を聞いたり、常連さんとの一言二言の会話も、好感が持てる素晴らしい仕事ぶりだと僕は思いました
 













優秀な人材は常にかいじに居ると再認識させてくれた、今回の訪問でした。
 













日本男児の冷やし豚そばは・・・
豚そばが 真夏の猛暑を 吹っ飛ばす
 
ご馳走様でした。



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こーじ

Author:こーじ
こーじの日記

AD

AD

AD

AD

.side_by_side { width: 696px; margin-bottom: 20px; } .side_left, .side_right{ margin-left: 12px; display: inline; float: left; } .clear { clear: both; } .side_p { text-align:left; margin-left: 15px; }