記事一覧

ラーメン鬼首~豚ラーメン~

2015
 
今月も1番楽しみにしてる2日の鬼の日です
今日だけは残業もほどほどに切り上げ、すぐにラーメン鬼首に向かった方がいいです
JR東照宮駅から東北薬科大学方面に歩いて5分ほどの場所にあり、最近は駐車場に大量の自転車があるので、わかりやすいかもしれませんね
 













しかし今日のラーメン鬼首は自転車よりも車の方が多く、裏の空き地の駐車場にもたくさん車が止まってました
学生さんも多かったのですが会社員の姿が目立ち、僕も非常に心強かったです
この店の人気度は行くたびに更新されて、行きづらくなるのが心配になるほどです・・
それと右側半分シャッターなのは冷蔵庫で店内が見えないので、開ける必要ないと思ったからだそうです。僕は早々と閉店なのか!と焦りました
 













入店してビックリしたのは、テーブル席が新たに用意されて、グループで来る学生さんはテーブルで楽しそうにワイワイ言いながら食べてました。
 













今日から豚ラーメンが670円から700円に値上げされてましたが、元々安すぎると思ってたし、もっと高くてもそれだけの価値はあると僕は確信してます。なので豚ラーメン700円の食券を購入し、カウンター席に座り、助手さんにニンニク、野菜増し、レモンでお願いしました
今日はレモンの酸味で酢は要らなくなるだろうとワクワクしながら待ちます
 


























当然満席でしたが、今日はほぼ全員が豚ラーメンを注文してました
しかも大豚ラーメンのお客さんもいてビックリだったんですが、なんと隣のお客さんは僕のブログを見てる方で声をかけてくださいました。年齢が同じくらいなので、ブログの文章に親しみを感じてくれてるようです
(雷電さん、またお会いするのが楽しみです。ありがとうございました)
 













前回の訪問でラーメン鬼首の店主さんが僕と同じ無双ファミリーと気づき、すぐに無双庵に行ってそのことを店主さんに伝えると大変喜んでくれたのです
しかし僕の方が無双庵のファンなのになんか悔しい・・と嘆いてると、従業員用のポロシャツを持ってきてくれて「次の鬼の日にはこれを着て行ってください!そしてよろしくお伝えください!」とプレゼントしてくれたのです。なので今日、見せつけるように着ていきました
 


























そして着丼
「豚ラーメン ニンニク 野菜増し レモンG-ナ」
 













見た目はいつもの豚ラーメンと変わりません。しかし、レモンの爽やかなスッキリした香りが湯気に乗って僕を包んでくれて、豪快なはずの豚ラーメンが優しかったです
それはまさに、高砂部屋の朝稽古にヨン様が出稽古にサプライズで来てくれて、爽やかな優しい笑顔で横綱をブン投げてしまったような心地良さがありました
 


























スープはもちろん豚骨醤油。乳化がバッチリなのに香味野菜のおかげで飲みやすく、特に喉越しの良さがこの店の特徴なんです
今の僕に1番合ってるスープだと思ってるのに、レモンの果汁のおかげで、さらにサッパリして飲みやすくなってました。酸味×G系はベストな組み合わせだと再認識でしたね
もちろん、ニンニクと合わせて飲んでみると、ビリリと舌を刺激する辛さは健在
これもニンニク×G系は不変の組み合わせなのです。
 


























豚もラーメン鬼首の最大の特徴で、これだけの大きさ厚みでトッピングしてくれるのはこの店だけです。しかも今回の豚はいつもの美味しさに柔らかさが増して、すぐ崩れてしまうほどだったのです。店主さんに聞いたら、豚肉は変えてないけど調理法を見直して進化させたらしいです。`いい物をよりいい物に´という姿勢と日々の思考がちゃんと結果に表れるのが、このラーメン鬼首なのです。素晴らしいです
 













そして平打ちの太麺が250gは量的に初老男子にはちょうどいいです。この美味しい麺は関東の丸山製麺からわざわざ取り寄せる、こだわりの麺なんです。もっちり感と柔すぎない弾力の食感は、この豚ラーメンが最高だと思わせる最大の要因なんですよね
 


























器の底に沈んでる麺を軽く天地返してあげると、肉カスが一緒に飛び出してきて1番美味しいと思う瞬間なんです。今回はレモンのおかげで酢を使わなくても、余裕で完食することができそうです。最後の豚も肉厚なのに軽く噛むだけでオッケーなので、アゴの力が弱くなってる初老男子にも優しかったです
 


























いつもは後半のお腹がきつくなった時に酢を投入するのですが、今日は最初からレモンの酸味が入ってたので終始食べやすく、淡麗系のラーメンのようにあっという間に完食してしまいました。最高に美味しかったです
 













最近のラーメン鬼首の勢いは天井知らずな人気で、学生さんにも会社員にも高い支持を得て何度も足を運んでしまう常連さんが多いです。しかも店内の雰囲気がいいと思うのは、店主さんと助手さんの頑張りと情熱が伝わるからなんです
今、僕が行く店でグイグイ来てるなと思うのはラーメン鬼首とみなもと屋ですね。双方とも最強の武器を2つ持ってることが共通して
(ラーメン鬼首は味噌ラーメンと豚ラーメン、みなもと屋はつけ麺と豚そば)、また少ないスタッフでもそれを感じさせない優秀さがあるんです。この店に出会えて本当に良かったです
 













帰りは毎回、満足して次回はいつ行こうか悩んでは振り返って、黄色に黒文字の看板を見てしまいます・・。
 













日本男児のラーメン鬼首は・・・
鬼の日に 老若男女が 大集合
 
ご馳走様でした。



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

.side_by_side { width: 696px; margin-bottom: 20px; } .side_left, .side_right{ margin-left: 12px; display: inline; float: left; } .clear { clear: both; } .side_p { text-align:left; margin-left: 15px; }