記事一覧

麺屋とがし 龍冴~龍冴の豚そば~

2015
 
龍冴のレギュラーメニューで提供してる1番人気の豚そばが最近変わったと聞き、全ての予定をキャンセルして行ってきました
なにせ1番人気なので変える必要があるのか
疑問でしたが`迷わず行けよ行けばわかるさ´ということで雨降る夜営業に急行なのです
 













そういえば前回の訪問から、まだ4日しかたってないし2連続で同じ店に行くなんて恥ずかしいのですが
それ以上の喜びがこの店にはあるのです
ただ今日の龍冴、雨降る平日の夜なので常連のサラリーマンの皆さんも足早にバスに乗り込み帰宅してるようで、まったり営業の時間帯もあったようです
 













雨なのでダッシュでお店に向かうと、店内の光と共に剛のオーラが外にまで漏れてるなと感じて足が震えたので、一旦、店を通りすぎる通行人Aの役を演じながら横目でチラッと店内を見ると、入り口付近で接客してる店長さんがいたのです
さすがラオウ
存在感バッチリでした。なのですぐに戻って入店です
 













そして今日はレギュラーメニューの豚そばを・・、しかも龍冴の豚そば950円と豪快に食べようと食券を購入なのです
実は950円と高価なイメージがありますが、内容が濃く大満足間違いなしなのが龍冴の名が付くラーメンなのです
 













助手さんに食券をわたし、大盛、ニンニク多めでお願いしましたが、久々に食ってやろう
と高揚する自分に気づきました。周りのサラリーマンも豚そばをガツガツ食べてましたが、多種の豚そばをレギュラーメニューで提供してくれてるのが龍冴の強みですよね。1番人気は伊達じゃないって事なんです



























今日の龍冴は店長さんが麺上げで、助手さん2人の男だけで熱く頑張ってました。後続のお客さんも豚そばの大盛が多く、ラオウも豪快に湯切りして、その力強さとオーラで床が沈み込むんじゃないかと心配するほどでした
何度見ても、ラオウの湯切りの迫力はナンバー1ですね
 













そして着丼
「龍冴の豚そば 大盛 ニンニク多め」
 













おぉ
物凄い迫力とボリューム、多彩なトッピング、どこから食べていいか迷うほどです。しかも龍冴と言えばネギとコマ肉の存在が提供時には華やかさを演出して、後方には海苔とチャーシューが控えてるですよ
 


























1番楽しみにしてたスープは豚骨の醤油。まず色が濃い茶色になってましたが、一口飲んで思わず「今までと全然違う!」と大声で叫んでしまいました
店長さんのブログでは豚感を強くみたいな軽い感じだったので、味がわからない僕では変わった事に気づかないのでは
と心配してたのです。しかし
まず魚介は入ってないし、豚骨は二郎インスパイアの専門店のようなとろみと重厚感、そして甘みを感じました。若いお客さんにはすぐに大好評だろうなと思いましたが、僕のような年配なお客さんのことも考えてくれて脂は少なめにしてくれてるのです
 













当然、ニンニクとの相性が今まで以上に良くなってるのは重厚な豚骨スープだけの要因だけではなく、魚介の爽やかさが無いことがプラスになってました。ニンニク多めにしても辛いと思わないくらいでした
 













麺は豚そば専用の太麺が大盛300gです。本店と同じ麺を使ってるのは龍冴だけ、本店の伝統を受け継ぐのも龍冴だけなのです。その麺を茹で時間短めにすることで、龍冴らしさの個性として噛み応えのある美味しい麺が最高なんですよ。今日はなぜか300gでも少ないと感じたのは、スープの優秀さに食欲が増してしまったからだと思いました
 


























龍冴と言えばやはり甘辛く煮込んだコマ肉です。今日は今までとは明らかに違う、コマ肉自体は同じなのにスープとの相性が抜群に良くなってるのです
何度も確かめて味わいましたが、豚骨オンリーにした事で豚コマ肉の方が親近感を感じてくれたようです
 













さらに龍冴の~なので、海苔、メンマ、煮卵がトッピングされてます。食べやすさに貢献してるし、海苔と麺は最強の組み合わせですね。メンマのコリコリした食感も箸休めとして安定感抜群でした
 


























しっかりした白身の弾力に黄身のふんわり感の煮卵は龍冴のレベルの高さを証明する一品
久々に食べると、煮卵の美味しさを再認識して良かったです。最後はもちろん、炙りチャーシューをゆっくり食べて完食です。最高でした
 


























新しい豚そばのスープは、二郎インスパイアの重厚さと甘みが最高で龍冴の本店伝承とは思えないガッツリした味わいに衝撃を受けるはずです。しかもこの魚介を使わない豚そばの登場で、カツオら~麺の存在感が増すと思われます。1つを変えたことで2つのラーメンが輝くことになったのは、店長さんの先見の明だと思います。さすがです
 













店長さんは変えた今のスープの評判次第で、豚骨×魚介に戻すこともありえると言って、たくさんのお客さんの意見を聞きたいと考え込んでました。僕はこの新しいスープと以前のスープの違いは、大人気ボクシング漫画`B・B´に登場する高樹リョウ(鉄拳の悪魔)と森山仁(鋼鉄の肉体と神の拳)の2人の違いと同じで、今の豚の重厚感のあるスープが高樹、以前の豚骨×魚介のスープが森山だと思います。どちらも最強なので美味しいことに変わりはないのですが、店長さんの王道は`急激な進化´で加速し`歩みを止めない王道´で常連さんの胃袋をガッチリ掴むというコンセプトをつらぬき、レギュラーメニューを日々少しづつ成長させようと地道に努力してる苦悩を目の当たりにして、龍冴のレベルの高さを改めて実感させられました。今の豚そばも他のグループ店では味わえない美味しさに、こういう味のG系ラーメンを待ってたと若いお客さんは言うはずです。初老男子でも最高に美味しかったです
 













日本男児の麺屋とがし龍冴は・・・
豚そばが 新たな王道 再出発
 
ご馳走様でした。



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こーじ

Author:こーじ
こーじの日記

AD

AD

AD

AD

.side_by_side { width: 696px; margin-bottom: 20px; } .side_left, .side_right{ margin-left: 12px; display: inline; float: left; } .clear { clear: both; } .side_p { text-align:left; margin-left: 15px; }