記事一覧

らーめんかいじ 東仙台店~豚そば~

2015
 
仕事が終わって帰り道に、かいじ東仙台店はあります
駐車場はいつも満車なのですが、夜営業を外から見ると楽しそうな店内の雰囲気に行きたくなっちゃうんです
でも不思議と駐車場は回転が速く、出る車とすれ違いで止めることが可能です。ただお客さんは外に溢れて待ってる状態でした
 













店内を覗いてみると、お客さんの入りよりも、今日の麺上げさんがTさんだとわかり非常に興奮しました
それ以上の我が目を疑う光景が・・みなもと屋のWさんがホールを担当してたのです
間違いだと思ってしまいました
 













近所のラーメン屋さんを見てきましたが、遅めの時間だったので空いてる印象だったのに、かいじは満席状態で、しかも単身者、2人組、家族連れと、それぞれの雰囲気を楽しんでラーメンを食べてるようでした。もっと言うと早い時間でも遅い時間でも、家族がいるので店内がいつでも温かく感じるんですよ。いい店だなぁと長居したくなっちゃいました
 













まずは券売機で食券を購入です。今日は豚そば800円に煮卵100円をつけて見た目の華やかさをプラスしました
 


























食券機のおつりが出てくる音で気づいたWさんがお出迎えに来てくれて「いらっしゃいませっ!あれっ!?」と僕に気づいてくれました
聞けば、今月は3回ほどヘルプでかいじに来てるそうです。Wさんに食券をわたし、特盛、ニンニク普通でお願いしました
 













Tさんに挨拶し、カウンター席に座りました。Tさんの麺上げだから特盛にしたけど、こっそり野菜は少なめで・・と直接Tさんにお願いしました
日に日に衰えていく自分を実感してるけど、野菜少なめという言葉は嫌いです
 


























そんなことより、ホールのWさんは接客の良さと声の大きさが光って、今日の店内の温かさはWさん1人の熱量で劇的に上昇していると僕は思いました
みなもと屋で当たり前だった行動が、他店ではワンランク上と本人も気づくいい機会だったんじゃないでしょうか
またTさんとWさんの夢の競演が見れて興奮しました
特にWさんの存在は、まるで魁!男塾の天挑五輪大武会で危機的状態の時に、男塾死天王の将である影慶が、覆面をして正体を隠し、翔霍と名乗って助けに来てくれた、最強の助っ人として登場してくれたあの感動と全く同じ状況なのです
もちろんTさんは、一号生筆頭の剣桃太郎です
 













そして着丼
「豚そば 特盛 ニンニク 煮卵 野菜少なめ」
 













野菜少なめなので盛りを見て安心しました
これなら余裕だなと思いますが、麺は特盛400gなのを忘れてはいけません
盛り付けはTさんらしい、バランス重視でお客さんに提供する第一印象を非常に大事にしてる、龍冴で見てたTさんと変わらない仕事ぶりが若手なのに経験豊富な`継続は力なり´を一杯のラーメンから教えてもらいました。この人は本当に素晴らしいです
 


























スープは豚骨醤油。かいじという本店よりも一般向けなラーメンを提供してるお店なんですが、豚そばは優しめでもG系には変わりないので、豚骨の主張と醤油のキレがお互いの個性を殺さないようにバランスよくしてG系でも飲みやすくなってるはずです
 













もちろん、ニンニクと合わせることでスープのパンチ力は上がり、パンチ力が上がっても玉ねぎのシャキシャキしたサッパリ感が上品さを演出してくれるのです。この豚そばはまさに、おいしさのジェットコースターなのです
 


























チャーシューの美味しさも素晴らしかったです。特に今日は柔らかさが最高で、すぐに崩れてしまうので箸で持ち上げるのはあきらめて、ちょっとずつ麺と一緒に食べました
 













かいじの平打ちに近い豚そば専用麺が特盛400gは、特盛まで同料金なので若い人は遠慮なく特盛にした方がいいです。Tさんの特盛の麺上げは200gづつを2つのデポで茹で上げるので均等に茹で上がり、麺の美味しさが最高なのです。湯切りも200gをシャッシャッと2回で水分を飛ばしてたので、以前よりも力強さが増して剛の拳で少しでも早くお客さんに提供できるようにパワーアップしてました



























煮卵の美味しさもさすがでした
 













実は今日1番楽しみにしてた魚粉です。前回までは卓上調味料の豊富さにまぎれて、魚粉の存在に気づきませんでした。卓上調味料の中では1番味に変化をもたらすであろうと思うので、最後にショウガと魚粉を入れてみました。ショウガの爽やかさは思った通りなのですが、魚粉は魚の風味が出ていいと思いましたが、べ―スの豚骨醤油が美味し過ぎて、そんなに必要ないと感じました。かいじの豚そばのレベルが高いと思わせるための、噛ませ犬的な存在になってました
 













最後は崩れないようにスープには沈めずに温存してたチャーシューを食べて最高に美味しかったです。
 













僕の人生最後の豚そば特盛はTさんの麺上げでと思ってたので、今日かいじに行って本当に良かったです
さらに、TさんとWさんの夢の競演はそれぞれの個性と役割を100%の力で出し切って、新たな可能性を見せてくれました。野球のセパ交流戦のようなワクワクと興奮、そして美味しいラーメンでした
 













最後は店員さん全員の「ありがとうございました!」と元気よく初老男子を送り出してくれました。最高にいい店です
 













日本男児のらーめんかいじ東仙台店は・・・
楽しさが 利府街道に 溢れてます
 
ご馳走様でした。



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

.side_by_side { width: 696px; margin-bottom: 20px; } .side_left, .side_right{ margin-left: 12px; display: inline; float: left; } .clear { clear: both; } .side_p { text-align:left; margin-left: 15px; }