記事一覧

ラーメン二郎~小ラーメン~

2015
 
この前行ったばっかりだけど、ラーメン二郎はすぐに行きたくなっちゃうんです
暑さ寒さなんて関係なく、寒空の下で並ぶお客さんの中に自分も早く飛び込みたい、皆であの空間を共有したいとウキウキしてしまうんです
有料駐車場に車をとめ、二郎に向かうと並びは15人程度と少なかったのですが、僕が並ぶころには不動産屋さんぐらいまで延びて、二郎らしくなりました
 













すぐに入店して券売機で小ラーメン690円とキムチ50円の食券を購入です。お金とお腹に余裕がある時は、もう大ラーメンは無理ですが・・
キムチは必ず食べた方がいいです
 


























食券を握りしめて最後尾に並びます。食券を買って並ぶ瞬間こそ、今日一日頑張って二郎のラーメンを食べられる喜びが1番大きいです。今日は学生さんのグループが多かったですが、負けじと会社員軍団も多数駆けつけて、外の方が寒空なのに熱気が凄かったです。これぞ二郎って感じでした
並んだ時間は大体、30分と普通でした。興奮してたので寒さも全然感じませんでした
 


























列はどんどん進み、助手さんに大か小を聞かれるので「小の脂抜きで!」と大人注文し、店前まで来ると、今日はグループのお客さんが多いけど、二郎の店員さんは優しいのでちゃんとカウンター席を並びで座れるように入店させてくれるです
時と場合によると思いますが・・
 













「2名様どーぞー」ってことで入店です。実は今回、初めて入り口付近のすり鉢が置いてあるコの字カウンター席の隅に座ることができました
すぐにコールがあって、助手さんが「小の脂抜きの方、ニンニク入れますか?」とのことなんで「ニンニク増し、野菜増し増しで!」といよいよ着丼です
 













そして着丼
「小ラーメン ニンニク増し 野菜増し増し キムチ」
 













今日の小ラーメンは今まで1番の盛りで、後で登場する豚も最高だったのです。これぞ二郎と声がもれそうになる豪快さで、もちろんニンニクとキムチの存在感も最高でした
 













ちなみに会社でお世話になってる先輩と一緒に行ったのですが、今日は思い切って初めて野菜増しにしてみたのです。今日の二郎はどの器の野菜の量が凄かったのですが、先輩も目が点になってしまう野菜増しでした・・
それでも美味し過ぎて、ペロリと完食できるのが二郎って不思議だなと毎回思ってしまう魔法のラーメンなんです
 













早速って、何度も二郎に来てるのに、今回はどっから食べていいかわからないほどでした
まずはスープなんですが、豚骨やみりん等から出る甘さ、そして乳化が最高なんです。二郎のスープは僕にとっては優しくてマイルドな最高に美味しい、どのラーメン屋さんでも味わう事ができない孤高なスープです
 


























小なので平打ちの自家製麺が300g。モチッとしてるけど柔らかいので食べやすいのです。よく食べ終わってから、お腹で膨らんで超お腹いっぱいになると聞きますが、逆に言うとみんな完食はできるということなのです。だって超美味しいんだから
 


























今回、唖然とするくらい凄かったのは、この豚です。こ、こんなにデカイのかぁ
と食べ慣れてるはずなのに震えてしまいました。大きさも、厚みも、味も、柔らかさも全部パーフェクトで、今さらながらこれで690円なのが信じられないです
 













最大のお楽しみ、自家製キムチを全体にまぶして赤という彩りで鮮やかにして食べます。白菜のシャキシャキ感、辛味と酸味のコラボレーション、それが麺やスープと非常に合うのです。特に後半まで大事にとっておいたキムチは、サッカーで言うなら延長戦の後半から、選手交代で野人岡野を投入されてしまった時のような、もう誰も止められないのです
 


























最後は大きい方の豚を残してスープに沈めておいたので、さらに美味しくパワーアップしてくれてました
 













今日のラーメン二郎も大満足でした
全てが最高、小ラーメンと言ってこんなにお腹いっぱいになるのはラーメン二郎だけです。今日の二郎は、生姜50円のトッピングをする人が多かったです。野菜少なめ脂増し増しの人もいて、同じラーメンでありながら、それぞれの自分好みの主張が非常に面白いのです。僕はやはり脂抜きがいいです
 













先輩も無事完食してお腹いっぱいだと笑顔で帰っていきました。僕もご馳走様でした
と帰りましたが、早速次回はいつ行こうかずっと考えてます
 













日本男児のラーメン二郎は・・・
この店に 行ける喜び 690円
 
ご馳走様でした。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント