記事一覧

麺屋とがし 龍冴~二ボトリGそば~

2015
 
まさか、まさかの火曜に行ったばっかりの龍冴に金曜も行ってしまいました💦一週間で2回も行ったことは今まで無かったので自分でもビックリなのです。ただお腹を満たすためではない、龍冴の限定麺が最高だから、食べなくて後悔したくないのですしかも店長さんのG系の限定麺なので必ず行った方がいいです。この限定麺は9月26日から2週間程度提供なので急ぐ必要はないのですが・・。
 

 










今日の龍冴の駐車場は久々に全台空いてました😃それでも安心できないのは都会で働くサラリーマンは公共交通機関での通勤なので、駐車場に車がなくても満席なんて当たり前なのです。
 

 











金曜の夜だから覚悟を決めて来たのですが、意外と?満席に近いだけの状態でラッキーでした😌団体のお客さんが来る前になんとしても入店しなくては!とスキップで向かいます😉
 













到着し、店内を覗くと店長さんが麺上げを担当してたので、緊張感と剛のオーラで外の僕が押されて、なかなか入店できませんでした💦しかし助手さん2人が女性だったので、しなやかな優しさで剛のオーラを包み込んで店内は温かい雰囲気になって、サラリーマンお皆さんも美味しいラーメンと会話で全員笑顔が絶えない感じでしたよ👍
 

 











入店し、お目当ての二ボトリGそばのポップがあり、G系限定に興奮しました!しかも豚そばの限定ではない、チャレンジ的な意欲作なのがすぐにわかりました。
 

 











券売機で二ボトリGそば950円の食券を購入です。最近は1000円近い値段のラーメンを食べることが多いのですが、いざ食べてみると1000円の価値がある、全く後悔がないのです。
 

 











カウンター席に座り、助手さんに食券をわたし、大盛、ニンニク多めでお願いしました!今日のお客さんは限定麺や豚そばの注文は少なく、つけ麺が多かったですね。最近、他の店でもつけ麺が多いなと思ってたので人気があるんですね!
 

























さすが!ラオウの湯切りは、G系の大盛の麺と野菜を軽くテボを振っただけなのに全ての水分が飛び散ってしまい、乾麺になっちゃうんじゃないか💦と心配になるほどの剛腕に、何度も見てるのに足の震えが止まりませんでした😰
 

 











そして着丼😍「二ボトリGそば 大盛 ニンニク多め」
 

 











ただ一言だけ、旨そう!です。野菜の上には鶏皮を豪快に盛って、頂上に添えたカイワレ大根のか弱い繊細さがG系の盛りに優しさを演出してました。鶏白湯と相性がいいであろう鶏皮を使って、野菜や麺を食べやすくしてれてました。
 


























やはり1番のこだわりであるスープが気になります。最初はスープのとろみが鶏白湯だと思いますが、煮干の香りと優しい風味が絶品なんです。なので、最初の段階では素人の僕では鶏を感じることができませんでした・・。しかし、食べ続けると途中から明らかに鶏油のコク、鶏白湯のまろやかさにスープが変化して煮干感がないのです💦すでに食べてる最中なのに「旨いっ!」と声が出てしまって自分でビックリしました。さらに凄いのは後半に、また煮干の風味に逆転し思わず「煮干って最高!」と叫んでたのです😅このスープの味わいは、煮干→鶏白湯→煮干と変化する、まさにスープのサンドイッチ状態なのです😋
 


























もちろん、ニンニク多めなので合わせて飲んでみると、レベルの高いスープにニンニクは自分の個性をなんとか出そうと頑張ってましたが、ちょっと舌が痺れるなと思ったぐらいです・・ゴメンね😭
 

 











そして、炙りチャーシューと鶏皮を並べてみると、まぁ~豪華😃特に鶏皮は塩味で胡椒や一味でスパイシーにしてるのでいいアクセントになり、他の食材にも常に寄り添ってくれて食べやすさに貢献してくれてました。鶏皮なんで、やっぱ塩が合ってて美味しかったですね😲
 

 











カイワレ大根、キャベツ、もやしの野菜たちも良かったです。


 











麺はもちろん、豚そば専用の太麺が大盛300gです。龍冴の特徴である硬めの茹で上がりは、断面の中心が少しだけ芯が残ってるくらいなんで噛み応えバツグンでお腹いっぱいにさせてくれるのです。鶏白湯を太麺で食べるのが初めてだったのに、どっちも優秀なのであっという間に300gの麺を完食しそうでした。
 


























最後は炙りチャーシューです。香ばさと柔らかさ、そして鶏白湯のスープを吸って、最高に美味しくなってたので、かなり厚みがあるのにペロリと飲み込んでしまい後悔しました💦
 













本当なら、いい煮干を使ってるし、鶏白湯のレベルの高いスープなので細麺で適量な普通のラーメンにすれば、もっと多くの一般のお客さんにも支持されるだろうなと思いました。しかし、そこは店長さんのG系にして若い学生さんやサラリーマンの皆さんにお腹いっぱいになってもらいたいという龍冴らしさを貫いた結果の名作なんじゃないでしょうか!
 

 











店長さんに一言だけ「本当に美味しかったです!」と伝えると、今回の限定麺はスープの仕込みが大変で鶏白湯も親鳥を使用してる分、高価になってしまいましたが、美味しく食べてもらえたなら嬉しいですと、素晴らしいコメントをしてくれました。今回の訪問で店長さんの新たな進化を見せてくれて、得意の王道から一歩も二歩も踏み込んだ意欲作に、龍冴の進むべき未来を見せてくれました!未来とは今出来る事の積み重ねだと教えてくれた店長さんは、やはりナンバー1だと胸を張って言えます。
 













日本男児の二ボトリGそばは・・・
彩り()と いいとこ取り()の 二ボGです
 
ご馳走様でした。



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こーじ

Author:こーじ
こーじの日記

AD

AD

AD

AD

.side_by_side { width: 696px; margin-bottom: 20px; } .side_left, .side_right{ margin-left: 12px; display: inline; float: left; } .clear { clear: both; } .side_p { text-align:left; margin-left: 15px; }