記事一覧

麺屋とがし 龍冴~龍冴の豚そば~

 
2015
 
今日は3週連続でみなもと屋に行ってやろう(^o^)と、いつも通り龍冴の前を駆け抜ける瞬間、横目で店内をチラッと見ただけの感覚で、店長さん(ラオウ)、女性店員さん、そして間違いなく!かいじ泉店から来たSさんが居ると察知できました😒なので、すぐにUターンして龍冴の駐車場に向かいました💨
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
駐車場は2台分空いてたので安心しました😄最近の龍冴の駐車場は、すっかり周知されて満車な時が多く・・嬉しいやら悲しいやらで複雑です💦
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
僕が行った時間帯の龍冴は、ちょうど団体のお客さんが帰ったばかりで次のお客さんが来るまでの境目のラッキーな状態に遭遇することができました😃なのでスキップで来店です。
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
夜営業の龍冴は、多数の電飾の輝きで来店するお客さんを優しく包み込んで、仙台駅東口のラーメン激戦区で常にナンバー1であり続ける苦悩を見せずに頑張っているのです。そして、この1つ1つの輝きは北斗の拳で登場する南斗の将を守るために天空から舞い降りた南斗五車星の流れ星の輝きと全く同じなのです😊龍冴はいつの時代も、その時代を彩る優秀な人材が華やかに店内を盛り上げてお客さんを喜ばせてくれるのです!
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
入店し、まずは券売機で豚そばの食券を購入です。券売機の横に貼ってある豚そばのポップを見ると、ノーマルの豚そばでも満足なのですが、やはり大満足になりたいと思い`龍冴の豚そば´を食べるぞと初老のお腹ペコリアンは決意を新たにしるのであります🙋
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
なので、龍冴の豚そば950円の食券を購入です😃
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カウンター席に座り、見習いさん(店長さん)?に食券をわたして、大盛、ニンニク多めでお願いしました💦もちろん、今日は旨酢を使いたいと思っているので、しっかりチェックしておきました😉
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
厨房は、龍冴では初めて会う塩豚そばや冷やし豚そばで有名な?Sさんが麺上げを担当し、女性店員さんが助手、そしてラオウがまたしても見習い💦(このパターン多い😰)としてお客さんに水を出したり食券を回収したりで厨房とホールを忙しそうに動きまわってました😱やはり気になるSさんは、すでに龍冴の顔として堂々たる風格があり、移動になってまだ2週間なのに自分の庭のように、的確に、そして自分の才能をフルに発揮してました👍カウンター席のみのオープンキッチンのお店は、店員さんの性格や特徴が見えるのでいいですね!
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そして着丼😍「龍冴の豚そば 大盛 ニンニク多め」
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
やっぱこれだな!と思わせる豪華な布陣のトッピングと豚そばの豪快さは最高という言葉しか思いつきませんでした😃全く後悔がない、龍冴の~を選ぶお客さんが多い理由がすぐにわかりました。都会のサラリーマンの肥えた舌は美味しい物の値段は気にしない傾向があるので、龍冴の人気の高さを象徴してました。
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
メンマと煮卵の間にあるニンニクも多めの迫力に「・・・💦」と言葉が出ませんでしたが、提供時に助手さんが「ニンニク少なかったら言ってください」と追い打ちの言葉が衝撃的でした😓
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スープは魚介×豚骨で、特にカツオの風味が最高だと最初は思わせておいて、段々に豚骨スープのコッテリと美味しさ、背脂の甘みが美味しさのリレーのようにバトンタッチして、これぞ魚介×豚骨のG系ラーメンだと孤高な存在のスープだと主張がいいですね🙌
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大量のニンニクと合わせて飲んでみると、ニンニクのパンチのある刺激がスープを押しのけて強引にやってきて、喉の奥までヒリヒリしましたが😣しかし!それこそが本来のG系のニンニクの役割なので、いい仕事をしてくれてました👏
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そして、龍冴らしいのは炙りチャーシューと甘辛のコマ肉の存在による食欲をそそる肉々しさですよね👍これだけのボリュームがあるのに箸が止まらないのは、コマ肉が常に麺に寄り添って併走してくれてるからなんです。最高ですわ😋
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
麺は豚そば専用の太麺が大盛300gです。硬めの茹で上がりでも食べやすいのは、醤油の主張が控えめで麺自体の美味しさを実感できるからだと今日は思いました。これだけ食べ続けても、毎回新しい発見がある優秀な麺だと胸を張っていえます。
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
龍冴の~なので、海苔、メンマ、煮卵がトッピングされてまがす。海苔に包まれた麺の美味しさはトッピングの大事さを教えてくれてるし、細めのメンマは大量にコリコリした食感を味わえて脳に新たな刺激を与え食欲増進を今からうながしてくれるのです!
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
煮卵も黄身のトロトロと白身のプリプリが絶妙で、これ1つだけでも龍冴のレベルの高さをわかってもらえると僕は感心しました
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
こんなにボリュームがって完食できるか心配だった最初が嘘のように、残念ながらラストの炙りチャーシューになってしまいました💦十分にスープを吸いこんで柔らかくなってくれたので、一口で飲み込んでしまいそうになりました。
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
急いで食べる必要がないのに気づくと、あっという間に完食してる食べやすさが龍冴で食べる豚そばです。初老男子が言うんだから間違いないと思います。この頃になると、どんどん団体の学生さんや仕事帰りの会社員が来店してしまい😉店内は賑わって、いつも通りの龍冴になって厨房は大忙しになってました💦後続のお客さんのためにすぐに席を立ち、初老男子はこっそり帰りました👍
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今日は新体制の龍冴を見れて(残念ながらKさんは不在でしたが)、新たな最強の布陣は新時代の龍冴を象徴するSさんの存在感が終始輝き続けてました。この人は人事異動でただ龍冴に割り分けらたれたわけではなく、今の龍冴に必要とされ導かれた優秀な男なのです。打倒ラオウが現実味になった、楽しみが尽きない、いつでも温かく迎えてくれる、レギュラーメニューと限定麺の相乗効果が素晴らしい、それが麺屋とがし龍冴です。
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
日本男児の麺屋とがし龍冴は・・・
豚そばは 龍冴で食べれば 間違いなし
 
ご馳走様でした。



プロフィール

こーじ

Author:こーじ
こーじの日記

AD

AD

AD

AD

.side_by_side { width: 696px; margin-bottom: 20px; } .side_left, .side_right{ margin-left: 12px; display: inline; float: left; } .clear { clear: both; } .side_p { text-align:left; margin-left: 15px; }