記事一覧

ラーメン二郎~小ラーメン~







2015

大型連休開け最初のラーメン二郎に行ってきました!今のラーメン二郎なら、今日みたいな日は大量のお客さんが押し寄せて、大変な並びになってるんじゃないか?!と期待しながら自転車で向かいます。自転車で行くのが1番楽しい、そして最高のコストパフォーマンスなのです!でも、並びは思ったほどではなくて、ちょっとだけ残念でした💦




 









僕が行った時間帯の並びは、不動産屋さんの入り口付近までだったので、普通だなと何も思わなかったです。しかも今日は、取引先の担当者Aさんが完食するための秘策を考えて来たらしく、今か今かと僕の到着を待ってるのです!いつの間にか、2人で行くのが当たり前のようになり、会社の電話が鳴ると仕事か二郎の話かで気が重いです・・💦



 










まずは券売機で食券を購入です。今日も690円を握りしめての来店なので、キムチが売り切れでも何の問題もないのです👌ラーメン二郎に来たなと1番思うのは券売機のボタンを押して、プラスチックの食券が出てきた時のカラン!という音ですよね😃
















 










不動産屋さんの入り口までにはならない程度の最後尾に並ぶと、並びは約40名ほどだったので50分ぐらいかなと予想しながら並んでるので、ワクワクしてあっという間に時間は過ぎると思います✨


















 











今日の並びで時間が長く感じたのは、この段階ですでに20分以上駐車場を超えることができなかったことですね😒

















隣の店舗まで来ると助手さんが来て「大ですか?小ですか?」なので「小の脂抜きで」と僕は言いましたが、担当者Aさんは「麺少なめの脂抜きで!」と自信満々に言ったのです。お腹ペコペコのペコリアン状態の20代後半の若者がまさかの麺少なめに衝撃を受けました😣思わず「飲んだ帰りかよっ!」と大声で言ってしまいましたが、担当者Aさんは前回の訪問から完食するためにずーと考えてたそうです。しかし、まだ考えがあるようで「まあまあ、落ち着いて」と先輩の僕に焦るな的な発言なのです()















そしてついに店前に到着です。やっぱり50分かかりました😅今年の4月以降のラーメン二郎は、特に夜営業が激混みなのが当たり前になってしまい、皆さんそれに慣れてしまったようです。並びを楽しむのが今のラーメン二郎なのです👍



 











すると「2名様どーぞー」と店内からの助手さんの声なので入店です😃今回は後ろの席、帰りは小人専用ドアから帰れる1番好きな席でした!カウンター上に食券を置き、着席です!


















 











すぐにコールが始まり、「小の脂抜きの方、ニンニク入れます?」「ニンニク、野菜増し増しで!」、そして担当者Aさんは「ニンニク、野菜増しで!」と麺少なめなのに野菜は増したのです💦唖然とする僕に担当者Aさんはニヤリと不敵な笑みでこれが完食して、周りのジロリアンの皆さんの視線も堂々と受け止められる結論だったのです。でも僕は「麺少なめの奴が野菜増してるコール、初めて聞いたよ!」とまたしても他社の若手を説教なのです😫しかし見た目は小ラーメンの野菜増しと同じなので今回こそはペロリと完食しちゃうみたいですよ👌


 











そして着丼😍「小ラーメン ニンニク 野菜増し増し」


 











今日の野菜増し増しは大したことないと思いました。これなら余裕で完食できるし、小と言えども白い器がいいです😊またいつか大ラーメンを食べたいと思わせる小の白い器なのです。他のお客さんも野菜増し、ニンニク増し、脂増しと増しのコールが飛び交って非常に活気あふれる店内になってました😃



























まずはスープです。乳化した豚骨醤油は、豚骨や肉の旨みがしっかり溶け込んで厚みのある唯一無二のここでしか味わえないまろやかなスープなのです。醤油の主張もしっかり受け止めていい塩梅へと導き、そして甘みという最大の特徴が最後にやってくるのです☆彡














さらにニンニクと合わせて飲んでみると、辛さの中にコクがあるとG系ラーメンにニンニクは必要不可欠な存在と毎度思わせてくれるのです。それは北斗の拳の主人公ケンシロウに子供ながら常に一緒に行動するバットと同じだと、皆思ってるはずです!


 











豚は毎度お馴染み、バラが2枚。たまに1枚しか入ってないと思うと実は2枚くっ付いたまま提供してくれる場合があるのです💦二郎の豚あるあるですね・・😃














そして最大のお楽しみは自家製麺が小なので300gです。小と言って300gの麺を投入してくれる、小ラーメンの概念を真っ向から覆す、素敵な麺なのです✨平打ちで非常に柔らかく食べやすさも最大の魅力です👍



























さらにキャベツ率の高さもアッパレ!、さらには底に沈んでた肉カスもどんどん飛び出して、美味しさは絶頂を迎えるのです😃



 










こんなに余裕で最後の豚まで辿り着くとは今の僕では思ってもみなかったです。もしかして大ラーメンも久々にいけるかも?と期待してしまう美味しさに、やっぱりラーメン二郎に来てよかったです👏














最高に美味しい小ラーメンでした🙌



 










そうそう、完食するための試行錯誤を重ねた結果をチェックすべく隣を見ると、明らかにぐったりして静かに箸を置いた担当者Aさんは「麺と野菜はなんとか食べれたんですけど豚は無理っす。やっぱ、こーじさん凄いっすね・・(いつものセリフ)」とまたしても完食ならずでした。ラーメン二郎に行くたびに食べれなくなってる気がします。若手が本当に成長してるのか疑問です・・😒














それでも大満足でカウンターを布巾で拭いて器を返却し、元気よく「ご馳走様でした!」と頭をぶつけないようにしながら小人専用ドアから外の飛び出しました🙆














またいつか大ラーメンを食べたいという新しい夢と、担当者Aさんの野菜は増しちゃダメ😫と今さら気づいてラーメン二郎の奥深さを痛感してるようでした。仕事も二郎も失敗から学び成長すると教えてくれるラーメン二郎仙台店なのです😃最高にいい店です!



























夏の暑さと二郎談義の帰り道でジロリアンの皆さんを見守る猫を発見しました!なので、名前を`キムチ´と名付けてあげました。



 










日本男児のラーメン二郎は・・・
店内に コールの花火が 打ち上がる

ご馳走様でした。