記事一覧

麺屋とがし本店~担担麺~

本店でWさんの裏限定麺が今日の夜営業から登場してると聞いたのでダッシュで行ってきました🚴💨しかも今回は以前よく一緒にラーメン二郎に行ってた取引先の担当者Aさんも本店に行きたい!と電話があったので本店で合流です。裏限定でも関係なくWさんが手掛けた仕事なら完成度の高さは間違いなし!常にお客さんを喜ばせることに一生懸命なので会いに行かずにはいられません👌しかも!到着と同時に「ありがとうございまーす!お気を付けてお帰りなさい!!」などの外まで響くWさんの元気な声が聞こえて、今日来て良かったなぁと寒さが吹っ飛びました🙌

 

MAH06678(1).jpg

 

麺屋とがし本店の人気の高さは読売巨人軍ばりに永久不滅なので、いつ行っても外待ちなのが初老には辛いです😢特に今日はWさんの裏メニュー初日だからなのか?それとも本店人気が高すぎるだけなのか??理由はともかく店内外に20人以上のお客さんが列になって衝撃的な光景でした😲💦💦食券を買う前に店内を覗くと、Wさんが麺上げを担当してるようですが、店内の活気と元気、本店好きなお客さんの熱気でガラスの結露が凄かったです👍

 

MAH06679(2).jpg


MAH06679(10).jpg

 

並びの衝撃で足の震えが止まらず歩きづらいのですが😣まずは券売機で食券の購入です。この担担麺は裏メニューなので券売機に専用のボタンはなく、レギュラーメニューの坦々つけ麺880円の食券を購入するのです👌

 

MAH06679(3).jpg


MAH06679(5).jpg 

 

食券を握りしめて最後尾に向かいます。久々の自販機越えなのでビビッて寒さに関係なく本店の洗礼をまともに受けて体の震えが止まらないのですが、もっと衝撃を受けたのが取引先の担当者Aさんです😲2人合わせて「本店すげえな・・」を50回は言ったと思います・・💦

 

DSC06674.jpg


MAH06679(9).jpg

 

衝撃はもっと続きます。食券を回収しに外に出て来たのが店長さんだったのです!店長さんがいるのを1番想定してなかったので、坦担つけ麺をレギュラー化させた本人に裏を注文するのは申し訳ないな・・と思っていると、店長さんの登場にテンションが上がった担当者Aさんが裏を急遽止めて、坦々つけ麺に変更して店長さん派をアピールしてました💦💦あんなに裏限定を楽しみにしてた担当者Aさんだったのに・・今どきの若い人は信用できないと冷ややかな視線で見てました😒和田派の僕は坦担つけ麺の食券をわたして、裏、大盛250g、中辛、中痺れでお願いしました👍


MAH06681(1).jpg

 

外待ちから店内待ちになりました👌学生さんのグループ、家族、単身の会社員と、本店好きなお客さんの年齢層の幅広さや賑わい、厨房の活気が合わさってメチャメチャ居心地が良かったので30分待ちも全然苦になりませんでした😊Wさんも真剣な表情の一麺入魂でいい仕事をしてましたよ👍

 

DSC06690.jpg


MAH06695(2).jpg

 

いよいよ着席です😃やはり、今日から提供の裏の担担麺を食べてる和田派のお客さんが多いんですが、店長派も担担つけ麺で応戦し、担担祭りの大騒ぎになってましたよ🎆なので卓上調味料は使う予定はありません!

 

MAH06705(1).jpg


MAH06696(2).jpg

 

厨房では麺上げ担当のWさん、助手の若手社員さん、そして洗い場で見習いの店長さん(洗い場からの最強オーラが凄い💦)と最強メンバーで運営されるので、この光景を見に来るだけでも価値がありますね👍

 

MAH06702(1).jpg

 

先に担担つけ麺が着丼です。店長派の担当者Aさんが大喜びの出来栄えに、今のところ和田派の僕は押されてます💦💦

 

DSC06701.jpg

 

しかし!!!和田派の代表である初老男子に気づいてくれたWさん自ら提供してくれて「初日に来てくれるとは思わなかったです!」と言ってくださったので「この担担麺をずっと楽しみにしてたので当たり前です👌」と一言だけ言わせてもらいました😃

 

そして着丼😍「坦担麺 大盛 中辛 中痺れ」

 

DSC06707_201711270908283bb.jpg

 

担担つけ麺もいいけど、担担麺はもっと最高です特に今は冬なんで熱いスープで汗をかきながら麺をすすりたいのです👍挽き肉と炙り豚バラチャーシューの肉々しさに濃厚スープ、小口ネギと紫玉ねぎの色味も完璧だし、本店の新しい器にピッタリだと思いました。

 

DSC06710.jpg


DSC06712.jpg 

 

スープは濃厚豚骨スープと芝麻醤のゴマゴマしさによる風味豊かな味わいが超最高です😋中辛・中痺れではありますが、あくまでメインは濃厚スープなのでラー油などの辛さは控えめ、でも山椒の痺れは結構効いてるので担担の旨みに爽やかな大人が好む痺れがバツグンでした👌それはまるで、時代劇ドラマ遠山の金四郎で、主役の金さんに助言を与えるおせん(稲森いずみ)が実は鼠小僧だった時と同じ、主役の坦々を支える辛味と痺れでした

 

DSC06716_201711270908328c6.jpg

 

その濃厚な坦々スープに紫玉ねぎの苦味とシャキシャキ感がいいアクセントになってました😊


DSC06717.jpg

 

麺はら~麺専用の中太ストレート麺です。大盛250gでも全然余裕なのは、麺自体が美味しくモチッとした柔らかめの茹で上がりで食べやすいからです😋太さがちょうどいいので濃厚スープが適量絡んでくれてバランス良く食べられました👍

 

 

DSC06720.jpg


DSC06723.jpg 

 

たっぷりの豚挽き肉と炙り豚バラチャーシューの2種なので見栄えもいいです!豚バラは肉厚で弾力があるので食べ応え満点、挽き肉は麺を持ち上げるたびに口に入ってきて常に肉を感じさせてくれて、挽き肉好きな初老ですがもっともっと挽き肉好きになりました😃

 

DSC06727_20171127090840724.jpg


DSC06724.jpg

 

ほんの数分で完食してしまうほど美味しいのですが、最後は穴あきレンゲで器の底に沈んでた挽き肉を全部すくって食べの残すことないのが良かったです

 

DSC06737.jpg

 

ご馳走様でした!裏メニューなのでWさんの強烈な個性があるわけではないのですが、スープを飲みきるぐらいの美味しさにWさんが手掛けた作品は最高だなと食べ終わった器を見て興奮しております👍隣の担当者Aさんも坦担つけ麺を完食して店長さんの優秀さを改めて実感できたと満足そうでした👏

 

DSC06740.jpg

 

良かったなぁと思いながら帰る準備をしてると、次の作業の準備を若手社員さんに任せてWさんが挨拶に来てくれました😃本店に移動になって初の限定麺なので裏とは言え非常に気合いが入ってたし、常連さんもたくさん駆けつけて、しかも店長さんが洗い場から優しいオーラで見守ってたので、お店の雰囲気も最高でした👏次回は完全なオリジナルの限定麺をお願い致します!と言うと、わかりました!クリスマスは空けといてください!!と、あの名作が本店バージョンで帰ってくると教えてくれました🙌

 

MAH06741(1).jpg

 

麺屋とがし本店は相変わらずの大人気の混雑に衝撃を受けました💦しかも今の本店は日々の業務の見直しや優秀な店員さんが多いので、ラーメンの提供が速くお客さんの回転が速いんですよ👍それでも30分以上待ったのは、単純に本店人気が無限に上がり続けてるだけだと思いました。そう考えると次回の訪問が怖くなりました😱麺屋とがし本店は本店という名に相応しい賑わいと優秀なスタッフで最高にいいお店です👏

 

DSC06744.jpg

 

日本男児の麺屋とがし本店は・・・

坦々の 表は齋藤 裏は和田

 

ご馳走様でした。